今季おすすめの「ショート丈トップス」

WEAR

この春注目したい「ショート丈トップス」

この春注目を集めている「ショート丈トップス」。短い丈感のトップスがトレンド最前線に躍り出てくるのは久しぶり! 今シーズンは腰よりもやや上ぐらいの短め丈のトップスがおしゃれなんです。

ボトムスにINしなくてもバランスよく決まりますし、上半身がコンパクトに映り、脚長効果が期待できるのが嬉しいポイント。ですが、大人女性にはなかなかハードルの高いアイテムでもありますよね。

そこで今回は、そんなショート丈トップスの着こなし方とコーデ例をご紹介します!
 

ジーユーからも登場している「ショート丈トップス」

GU

カラフルな「コットンミニT」は、色違いで揃えたくなるアイテム!

ジーユーの2022年春夏展示会でも、今季イチオシのアイテムとして、ショート丈トップスが提案されていました。身体のラインをキレイに見せてくれるデザインで、いつものTシャツスタイルを今っぽくアップデートしてくれます。

こちらはクロップド丈、かつ程よく身体にフィットするシルエットで、スタイルアップが叶う「コットンミニT」。コットン100%のスムース素材が使用されており、気持ちのよい肌触りです。ハリ感があるアイテムなのでヨレにくく、一枚で着用するのはもちろん、インナーとしても活躍してくれます。

カラーは、今季トレンドのオレンジ、グリーン、鮮やかなブルーなど全12色展開で、価格は税込790円。着丈は「丈短め」と「丈さらに短め」の2種類から選択可能です。

※「丈さらに短め」タイプはオンラインストアでのみ販売。 一部カラーは近日発売予定。
GU

ノースリーブTシャツも、ショート丈で今っぽく

そんなショート丈トップスは、Tシャツはもちろん、ノースリーブでもお目見え。画像は明るいブルーのショート丈ノースリーブに、鮮やかなブルーのパンツを合わせたスタイリング。大人女性は、コンパクトトップスをハイウエストパンツと合わせると、難易度が下がっておすすめですよ。

次に「WEAR」で見つけた、大人女性におすすめのショート丈トップスコーデをご紹介します!
 

1. シャツとレイヤードしてキレイめに

WEAR

出典:WEAR

コンパクトなショート丈が今っぽいニットプルオーバー。ボトムスにそのまま合わせるとお腹が気になる方は、画像のようにシャツをレイヤードするのがおすすめ。今季は、長めのシャツをレイヤードするとトレンドライクな着こなしが完成しますよ。

春らしい華やかな総レースがあしらわれた女性らしいレーススカートと合わせれば、周りと差のつくこなれ感のあるスタイリングに。
 

2. ハイウエストテーパードパンツを投入してスタイルアップ

WEAR

出典:WEAR

エレガントな雰囲気を醸し出している、コットン素材のショート丈レースブラウス。そこに、テーパードシルエットのハイウエストパンツを投入すれば、きれいめスタイルの完成。テーパードシルエットとは、太もも部分やウエスト部分がややゆったりとしていて、裾にかけて細くなっているもの。脚をさりげなくカバーすることができる上、脚長効果もあるので、大人女性におすすめのアイテムです。

こちらのショート丈レースブラウスは、ボリュームスリーブ、プチハイネックと、ヴィンテージライクなデザインが大人可愛い一枚。ウエスト部分がゴム仕様になっているタイプを選べば、お腹が出にくくて◎。
 

3. オレンジカラーのショート丈カーデでトレンドライクに

WEAR

出典:WEAR

ランウェイにポジティブなムードが溢れた2022年春夏、印象的だったのが「オレンジ」です。こちらは、そんなトレンドカラーのオレンジのショート丈カーディガンを主役にしたコーデ。鮮やかなオレンジは、今季大本命カラーとして注目が集まっているので、ぜひ注目したいカラーです。

そこに、ハリ感のある素材かつ、センタープレスの入ったハイウエストストレートパンツを合わせれば、ショート丈カーディガンとベストバランス。リラックスした中にもきちんと感のあるスタイリングは、大人女性にぴったりです。
 

4. ワンピースと合わせて、難易度を下げて

WEAR

出典:WEAR

鮮やかなビビッドカラーのピンクが明るいアクセントになっているショート丈のカーディガン。コンパクトで、今っぽい一枚です。画像のように、マキシ丈のキャミワンピースを合わせれば、ショート丈のカーデを取り入れる際の難易度が下がっておすすめ。

ワンピはブラックカラーを選べば、ピンクカーデの鮮やかな印象に引き締め効果が発揮される上、派手さも抑えられて◎。

以上、今季トレンドのショート丈トップスを使った、大人女性におすすめの着こなし方とコーデ例をご紹介しました。この春トライしてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。