老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、年金額の見直しについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金の繰下げ受給のとき、年金額は1年ごとに見直しされるの?

「まもなく65歳になりますが、まだ仕事を続けて、年金を繰り下げる予定です。年金額は、1年ごとに見直しされると聞きました。繰り下げするときの年金額も1年ごとに変わるのですか?」(匿名希望)
 
年金を計算するときの基礎となる金額は毎年変わるの?

年金を計算するときの基礎となる金額は毎年変わるの?

 

A:繰下げ受給した時も、年金額は毎年見直しされます

そもそも年金額とは、受け取る時点においての物価スライド・マクロ経済スライド等が反映された金額を元に計算されます。65歳から年間78万円の年金を受給していたとしても、毎年金額は、改定される可能性があるのです。

一方、繰下げ受給とは、65歳から始まる老齢年金の受給開始時期を遅らせると、遅らせた期間(1カ月単位)に応じて、増額された年金額を、生涯にわたり受け取ることのできる制度です。1カ月繰り下げすると0.7%増額され、増額率については、申請した時点の増額率から生涯変わりません。

ちなみに、2022年(令和4年)1月時点では、最長70歳まで繰り下げすることができますが、2022年(令和4年)4月からは、最長75歳まで繰り下げすることができるようになります。この制度改正は、令和4年4月1日以降に70歳に到達する人(昭和27年4月2日以降に生まれた方)が対象で、最大84%増額となります。

繰下げ受給によって受け取る年金額は、年金額に増加率を乗じた金額です。よって、年金額は毎年改定される可能性があるので、繰下げ受給をして受け取る年金額も同様に、毎年見直しされるということです。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

 

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。