大人の女性が冬のセールで買うのはできれば避けたい3つのもの

40代の大人の女性が、セールで買うのはできれば避けたいアイテムは!?

40代の大人の女性が、セールで買うのはできれば避けたいアイテムは!?

12月といえば、セールシーズン。欲しいものがあるけれどこの時期まで待っていた、という人も多いのではないでしょうか。特に冬物は夏物に比べてお値段が張るため、冬のセールはお得な感じがしやすいのですが、ちょっと待って! 中にはできれば買わないほうがいいアイテムも……。今回は40代の大人の女性が冬のセールで購入するのは避けたいものについてご紹介します。
 

1. 着られる期間が短くかさばる「ざっくりニット」

【セールで買ってもいいもの】ベーシックな薄手のハイゲージニットならかさばらず、インナーにもなるのでより長く着られます 出典:WEAR

【セールで買ってもいいもの】ベーシックな薄手のハイゲージニットならかさばらず、インナーにもなるのでより長く着られます 出典:WEAR

冬のセールで「ざっくりニット」を買うのを避けたほうがいい理由は、着られる期間が短いから。ざっくりニットはある程度厚みもあり、冬以外に着まわすのは難しいですよね。12月末にセールで購入してもフル活用できるのは2カ月程度になってしまうかも……。

そしてかさばりやすいため、クローゼットの中で保管するのにも、場所を取ってしまうというデメリットも。またざっくりニットは編み目が粗いため、素材によっては伸びたり、収納時につぶれて形が変わったりしやすいこともあり、いい状態をキープするのは難しいという面もあります。その上、来年も着られるようきれいに保とうとすると、クリーニングに出したり毛玉を取ったりというケアが必要で、手もかかります。

ニットはシーズンが変われば、必ずまたいろんなデザインが発売されます。「今季のこのブランドのこのデザインはもう手に入らないので、今どうしても欲しい!」と思えるニットなら購入してもOK。もしくは写真のようにベーシックな薄手のハイゲージニットなら、保管時もかさばらず、インナーとしても着用でき、より長く活用できるのでおすすめ。それ以外のニットは、可能であればシーズンのはじめに購入して、秋冬を通してよりたくさん着る方がいいかもしれません。
 

2. トレンド感の強い「主役級トップス」は古く見えやすい

【セールで買ってもいいもの】来年以降も確実に着られそうなシンプルで上質なトップスを買うのはおすすめ 出典:WEAR

【セールで買ってもいいもの】来年以降も確実に着られそうなシンプルで上質なトップスを買うのがおすすめ 出典:WEAR

袖や丈、ウエストまわりにデザインの入ったシャツやブラウスなど、一枚でコーディネートが決まるような主役級のトップスは、華やかさがあり、気持ちも上がるので、見慣れたベーシックなものよりもつい手に取りやすいアイテム。シンプルなボトムスを合わせればコーデがまとまり、持っておくと便利そうですよね。ですがトレンド感が強く、シーズンが終わると古く見えたり、飽きやすいので、できればセールでの購入は避けて。

デザインに主張があるため長く着まわすのは難しい上、冬はアウターでほぼ隠れてしまうため、あまりお披露目することがないままシーズンオフを迎えることも……。来年になると「なんとなく飽きた」「ちょっと古いかも?」と感じやすいアイテムでもあるため、セール購入は避けたほうが無難です。それよりも、普段なかなか手が届かない、写真のような上質でベーシックなアイテムをセールで購入する方が、長い期間確実に着られて、着心地のよさも味わえるのでおすすめです。
 

3. トレンドの移り変わりが激しいスカート

【セールで買ってもいいもの】この機会を逃すともう出会えなさそうな、好みのデザインは購入してOK! 出典:WEAR

【セールで買ってもいいもの】この機会を逃すともう出会えなさそうな、好みのデザインは購入してOK! 出典:WEAR

スカートはトレンドの新旧がはっきり出るので、セールでの購入はあまりおすすめできません。特に丈とシルエットは毎年トレンドが変わることが多いです。

基本的にセールで販売されるものは、シーズンを通して売れなかった、売れ残りのアイテム。そのため12月末に秋冬のスカートを購入しても、1月には春夏ものが店頭に並び始め、そのタイミングでトレンドも変わることが多いので、こちらも着られる期間が短くなりやすいのがデメリットです。

大好きなブランドや好みのデザインのスカートで、トレンドは気にせず長く着たい!と思えるスカートは購入してもOK。ですが、「なんとなく使えそう」「あったら便利かも」と思うスカートは、結果的にはなくても困らないスカートかもしれません。

ついあれもこれも買いたくなってしまうセールですが、買わない方がいいアイテムに気を付け、いいお買い物をしてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。