この組み合わせは避けたい! ダサ見えするNGゆったりコーデ

楽チンなゆったりコーデ。だけど気を付けたいコーデのポイントは!?

楽チンなゆったりコーデ。だけど気を付けたいコーデのポイントは!?

40代の女性には、ゆったりしたサイズの服が好き、という人も多いのではないでしょうか。今年はオーバーサイズもトレンドではありますが、「この組み合わせは正直おしゃれに見えない……」というものも残念ながら存在します。気を付けるコーデのポイントを、その解決法と共にご紹介していきます。
 

1. カジュアルな全身ダボダボは着ぶくれ感もアップ

【OKコーデ】ゆったりサイズのカジュアルアウターのボトムスは細身が◎ 出典:WEAR

【OKコーデ】ゆったりサイズのカジュアルアウターならボトムスは細身が◎ 出典:WEAR

フリースやナイロン製などのカジュアルなアウターに、ロングスカートもしくはワイドパンツのボトムス、という上下カジュアルかつゆったりサイズの組み合わせは、寒い日についやりがちなコーディネート。中にたくさん着込めて暖かく、便利さは抜群ですが、メリハリがほぼないため、ほっこりして見えやすくおしゃれに見せるのは難しいかも……。

そんな時は上下のどちらかがゆったりならもう一方は細めにすると、写真のようにぐっとすっきりした印象に。暖かく着込めるアウターなら、ウエストが絞れたり裾を絞れてコクーンシルエットになり広がりすぎないダウンなどを選ぶ、裏起毛など暖かさも兼ね備えた細身のパンツを合わせる、なども効果的です。
 

2. Aラインのワンピースコーデがゴテゴテして見える

【OKコーデ】2色に絞ったワンピースコーデはすっきり見せてくれます 出典:WEAR

【OKコーデ】2色に絞ったワンピースコーデならすっきり見せてくれます 出典:WEAR

40代女性に人気のあるワンピースのシルエットは、やっぱりAライン。アルファベットのAの文字のように、肩から裾に向けて広がるシルエットは体型も拾わず、程よい大人可愛さもあっていつも人気です。

ただ、冬はゴテゴテと盛って見えたり、全体が大きく、または野暮ったく見えてしまうこともあるので気を付けて!

腕など素肌が出ている部分も多い夏なら、自然と抜け感があり、生地も涼し気なのであまり気にならないのですが、冬のAラインワンピースは生地も厚く、発色もマットになりがち。さらに下にタートルネックを着て、足元はブーツ、上にはアウター、バッグもアクセサリーも、とプラスしていくと、盛り要素が多くなり、あか抜けないイメージになってしまうことも……。

写真のコーデのように配色を3色以内に絞る、ワントーンでまとめるなどしてすっきり見せる、ヘアをまとめる、ピアスはシンプルにするなど首まわりの抜け感を意識する、シルエットのきれいなシューズですらっと見せるなど、バランス調整が大切です。
 

3. ゆるニット&太パンツコーデがほっこりおばあちゃん風!?

【OKコーデ】ユニークなデザインのミニバッグをコーデのポイントに 出典:WEAR

【OKコーデ】ユニークなデザインのミニバッグをコーデのポイントに 出典:WEAR

今はオーバーサイズのニットがトレンドということもあり、ぴったりフィットするニットよりもゆったりしたニットを愛用している人が多いですよね。また40代だと、ボトムスは楽チンな太めシルエットが一番好き、という人も増えてきます。

ですがこのゆったりニット&太めパンツは50代、60代、70代と幅広い年代の女性にも愛用者が多い、定番セット。アクティブで活動的というより、落ち着いた印象を与える組み合わせであること、それからマットな風合いの冬素材であることが多いため、地味に感じられる色合いでコーディネートしてしまうと、年齢が分からないような、ほっこり感が強いイメージに見せてしまう場合も。

ゆったりニット&太めパンツの時は、意識してコーデのポイントを作るのがおすすめ。ヘアにオイルなどをプラスしてツヤ感を足す、ゴールドやシルバーのピアス等の光沢感でコントラストを付ける、写真のようなユニークなデザインのミニバッグを持つ、パンツの裾からちらっと見えるソックスやネイルなどは小さい面積でもいいので明るい差し色でメリハリを付ける、ポインテッドトゥのフラットシューズやレザーのショートブーツなどで辛口さのある足元にまとめる、など。ほっこり感とは逆のコーデのポイントがあると、おしゃれ度もアップします。

ダサ見えしないゆったりコーデのポイント、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。