要注意! ついやりがちな、太って見えやすい冬のNGコーデ

ついやりがちだけど、できれば避けたい冬のNGきぶくれコーデをチェック

ついやりがちだけど、できれば避けたい冬のNG着ぶくれコーデをチェック

寒い時期には重ね着することが増えますよね。レイヤードコーデ自体は今年のトレンドでもあるのですが、40代の女性からは「着ぶくれて太ったように見える気がする」「重ね着でバランスが悪くなってしまう」という声が聞かれることも。大人の女性がこの時期ついやってしまいがちな、太って見えやすいNGコーデを、その対処法と共にお伝えしていきます。
 

膨張色が多めのほっこり系コーデ

【OKコーデ】 膨張色を使ったコーデはきれいめなシルエットに 出典:WEAR

【OKコーデ】膨張色を使ったコーデはきれいめなシルエットに 出典:WEAR

白やベージュなどの膨張色をメインにしたコーディネートは、優しげで上品な印象。ワントーンコーデとしても注目を集めている着こなしですよね。ですが、アイテム選びには要注意。全身がゆるいサイズ感だったり、ふわふわとしたシルエットのほっこり系コーディネートだと、色合いとシルエットの両方で身体を丸く見せてしまうため、実際より太って見えてしまうことも。

白やベージュのコーディネートの際は、ふんわりしたフレアスカートよりはIラインのタイトスカートを選ぶなど、写真のようにきれいめなシルエットを意識して選んで。膨張感よりも上品で女性らしい印象が引き立ち、素敵な着こなしに仕上がります。
 

上下カジュアルかつゆったりサイズのコーデ

【OKコーデ】 王道のカジュアルコーデはすっきり見えるサイズ感にまとめて 出典:WEAR

【OKコーデ】王道のカジュアルコーデはすっきり見えるサイズ感にまとめて 出典:WEAR

ダウンジャケットやダウンベスト、スウェットやデニムなど、王道のカジュアルアイテムは寒い冬にも重ね着しやすいですし、動きやすいので、頼りになるアイテムですよね。体のラインも目立たないものが多いので、つい手に取ってしまいがちです。

ですが、カジュアルなアイテムは、身体をきれいに見せることよりも、どんな人でも快適に着られること、動きやすさなどを重視してデザインされていることが多いため、普通に着るだけでスタイルがよく見える、着やせして見えるアイテムは実は少なめ。

さらに秋冬アイテムは生地も厚くなるため、カジュアルでさらに上下ゆったりしたサイズのアイテムを選んでしまうと、簡単に着ぶくれして見えやすいという一面があります。

大人のカジュアルコーデをおしゃれにすっきり見せたい時は、写真のようにIラインにまとめる、上下や配色でメリハリを付ける、足元はスマートに仕上げるなど、気にするべきポイントがたくさん。楽チンだからとずるずるとしたバランスで着ないように、気をつけてみてくださいね。
 

ダークカラーがたくさん混ざった配色重ためコーデ

【OKコーデ】ダークカラーのみのコーデは2色程度に留めるとおしゃれ見えします 出典:WEAR

【OKコーデ】ダークカラーのみのコーデは2色程度にとどめるとおしゃれ見えします 出典:WEAR

秋冬アイテムは、季節柄ダークカラーを選びがち。特にアウターやニット、レザーのブーツなどでは「白だと汚れやすい上、お手入れもしにくいから黒を選ぶ」という人も多いのではないでしょうか。

ですが、ここで気を付けたいのが、アウターはグレー、ニットは紺、ブーツは黒など、コーディネートの中にいろんなダークカラーが混じってしまうこと。まとまりがなく重たく、暗いイメージは野暮ったく見えやすいのがマイナス。すっきり感とは真逆の印象に見えてしまうことも。

例えば写真のコーディネートのように黒、グレーなど、ひとつのコーディネートに使うダークカラーは2色程度にとどめると、すっきりと統一感が出ます。参考にしてみてくださいね。
 

ロング丈トップスとボトムスがアンバランスなコーデ

【OKコーデ】ロング丈トップスを使ったコーデのボトムスは「すっきり」が肝心 出典:WEAR

【OKコーデ】ロング丈トップスを使ったコーデのボトムスは「すっきり」が肝心 出典:WEAR

40代女性に愛用者の多いロング丈のトップス。気になるお腹やヒップまわりもカバーしてくれて便利ですよね。ですが、面積が大きくなる分、下半身の分量がアンバランスになり脚が短く太く見えてしまうケースも。

写真のようにボトムスとシューズの色を合わせてつながっているように見せたり、揺れ感のあるデザインや異素材を使ったボトムスを取り入れて、トップスとの対比で軽やかに仕上げたりすると、すっきり見えるのでおすすめです。

着ぶくれしない冬コーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。