老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、年金を月10万円もらえる人の現役時代の収入についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金を月10万円もらえるのは、現役時代にどのぐらいの収入がある人?

「将来年金を月10万円もらうには、会社員が現役時代にはどのぐらいの収入が必要ですか?」(50代)
 

A:年収の目安は182万4000円(およそ月額15万2000円)です

厚生年金に加入して働く会社員は老齢基礎年金に上乗せして、老齢厚生年金が受け取れます。老齢厚生年金は、現役世代の収入や、勤続年数によって、もらえる年金額が違います。会社員時代の収入や勤続年数が少ない人は、年金額も少なくなってしまいます。

毎月10万円の年金を受給できる会社員の年収とはいくらなのでしょうか? 試算の前提条件としては、平成15年4月以後に40年間厚生年金に加入とします。ボーナスの支給はなく、40年間の年収は一定とします。

平成15年4月以後の厚生年金額は、平均標準報酬額×5.769/1000×加入月数(従前額保障での計算方法。スライド率等については省略。*乗率は昭和21年4月2日生まれ以降の人の新乗率を使用)で計算します。

老齢基礎年金は月額6万5075円(令和3年度満額)を受給できるとします。

毎月10万円の年金を受け取るためには、老齢厚生年金は月額3万5000円(10万円-6万5000円)受け取る必要があります。老齢厚生年金を月額3万5000円(年額42万円)受け取るための年収を計算すると、現役時代の年収の目安は182万4000円(およそ月額15万2000円)です。

●計算式
平均標準報酬額×5.769/1000×480カ月(加入期間)=42万円(年間の厚生年金受給額)
平均標準報酬額=42万円/(5.769/1000×480)≒15万2000円
平均標準報酬月額を年収に換算します。
15万2000円×12カ月=182万4000円(年収)

月10万円の年金だけだと少なく感じるかもしれませんが、老齢厚生年金は、要件を満たす配偶者がいると配偶者加給年金額を老齢厚生年金に上乗せしてもらえることがあります。令和3年度の配偶者加給年金額は、39万500円(昭和18年4月2日以後の特別加算額を含む)。配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になるまで加算されることになります。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。