老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、特別支給の老齢厚生年金の減額についての質問です。年金の質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金が5万円減額となりました、65歳から給与を下げてもらったほうがいいのですか?

「今年64歳になり、給与が下がりました。『特別支給の老齢厚生年金』の手続きはしていましたが、給与額のせいで年金が5万円減額となりました。来年で65歳なので給与を下げてもらい年金をもらったほうがよいのか?わからないので教えてください」
 

A:65歳以降になると、支給停止となる基準の金額が47万円となり、減額されない可能性も。年金事務所や人事・総務部に確認してみましょう

相談者のように、働きながら年金を受けると、年金額の一部または全部が支給停止されることがあり、これを「在職老齢年金」といいます。

令和3年現在においては、60歳以上65歳未満で、厚生年金保険に加入しながら特別支給の老齢厚生年金を受けるときは、毎月の年金額(基本月額)と給与(総報酬月額相当額) の合計金額が28万円を超えると、年金額の全部または一部が支給停止となります。

この支給停止となる基準の金額は、65歳未満と65歳以上の人では異なります。65歳以上の人は、毎月の年金額(基本月額) 給与(総報酬月額相当額) の合計金額が47万円を超えると、年金額が支給停止(全部または一部)されます。

相談者は、現在64歳で、毎月の年金額(基本月額)と給与(総報酬月額相当額)の合計金額が28万円を超えたため、減額されたということになります。ところが、65歳になると、支給停止となる基準の金額が47万円と緩和されますので、減額されない可能性もあります。働き続けた場合の給与額によりますので、まずは給与額がどうなるのかを人事・総務部等に確認したほうがいいでしょう。

65歳になると老齢基礎年金を受け取ることができますが、老齢基礎年金は在職老齢年金の支給停止の対象ではありません。つまり、老齢厚生年金の報酬比例部分のみが支給停止の対象になります。実際の支給停止の可能性については、年金事務所に問い合わせをすると調べてもらうことができます。

給与が高くなると年金が減額される可能性もありますが、将来受け取る年金も増えることにつながりますので、働く続けるメリットもあると思います。慎重に考えてみましょう。

※専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
60歳から年金を貰っていましたが、減額に。減らされた分は65歳以降に加算されますか?
年金の実際の手取り額はどうやって調べたらよいでしょうか?
確定拠出年金、将来の税金がお得な受け取り方は?
厚生年金はいくら払う? いつからもらえる?
令和3年度に加給年金はいくらもらえる?
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。