そのボーダーは避けて! 太って見えやすい秋のNGボーダーコーデ

定番のボーダーを着る時に気を付けたいポイントは!?

定番のボーダーを着る時に気を付けたいポイントは?

トレンド問わず、老若男女に愛されているボーダーコーデ。一枚でサマになるので、ついつい手が伸びるアイテムですよね。ですが残念ながら、中には、ちょっと太ったように見えてしまうアイテムやコーデも存在します。特に40代の女性がつい選びがちな、太って見えやすいボーダーアイテムの特徴や、避けたいコーディネートについてご紹介します。
 

太いボーダーは横幅を強調しやすい

【OKコーデ】カラーパンツで定番ボーダーにアクセントを 出典:WEAR

【OKコーデ】体型カバーを気にする時は細めボーダーがおすすめ 出典:WEAR

同じボーダー柄のトップスでも、柄の幅やカラーなどさまざまなバリエーションがありますよね。その中で、横幅を強調しやすく、できれば避けたいのが「幅の太いボーダー」です。

個性的でおしゃれ度は高いのですが、ボーダーの柄そのものを強調するデザインなので、上半身の幅が目立ってしまいがち。肩やお腹などの丸みが気になる40代女性が着用すると、くっきりとした太めのボーダー柄が上半身の丸みに沿うことで、余計に肉感を拾ってしまうことも。

もし体型カバーを気にする場合は、写真のような細めボーダーが安心です。
 

上半身がルーズだと体の幅が大きく見えるかも

【OKコーデ】上半身をコンパクトにしてバランスを整えて 出典:WEAR

【OKコーデ】上半身をコンパクトにしてバランスを整えて 出典:WEAR

一般的に、柄アイテムは膨張して見えやすいのですが、特にボーダー柄は横に柄が入るため、体の幅を大きく見せやすい点が気になります。

その横幅をカバーするため、縦の丈感はコンパクトにまとめるのが効果的。40代の女性にはウエストインは苦手、という人も多いですが、ウエストゴムのボトムスにインすれば窮屈さも和らぎますし、上からカーディガンを羽織ったり、写真のようにニットを肩掛けすると、気になるお腹やヒップまわりも自然にカバーできて、おしゃれ度もアップします。
 

デニム&スニーカーはラフさが強くメリハリに欠けるかも

【OKコーデ】どこかエッジの効いたシルエットを選ぶのもおすすめ 出典:WEAR

【OKコーデ】アンクル丈の細めデニム&きちんと靴でボーダーTでもスタイルアップ 出典:WEAR

上半身が大きく見えやすいオーバーサイズのボーダートップスをすっきり着るには、メリハリが重要。

太めのデニムやスニーカーをそのまま合わせてしまうと、ずどんとした、メリハリのないシルエットになりやすいので要注意。ボーダーは幅広い世代に愛されているので、50代、60代の男性で同じコーディネートを着ている人が多いのも気になります。

オーバーサイズのボーダートップスにデニムを合わせる場合は、細めのストレートなどほっそりしたものを選んで。また、写真のように、フルレングス丈ではなく、アンクル丈など足首が少し見えるものを選ぶと自然とメリハリが付いて、ほっそり見えます。

その際足元にはきちんと感のあるシューズを選ぶと、大人の女性がほしいおしゃれなバランスに整うので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
 

オーバーサイズのボーダートップスは脚が短く見えるかも

【OKコーデ】スカートで女性らしさをプラス 出典:WEAR

【OKコーデ】オーバーサイズのボーダーTはボトムスも同系色が◎ 出典:WEAR

40代の女性には「ウエストインは難しいので、裾は出したまま着るのが基本」という人もやはり多いです。ですがその場合、ボトムスとの色のコントラストが強いと上下が分断されて見えるため、避けたほうが無難。面積の広いボーダートップスの分量に押されて、下半身が詰まって見え、脚が短く見えてしまいやすいためです。

そのため、ゆるっとしたボーダートップスを着る場合は、ボトムスは同系色がおすすめ。色が似ていれば統一感が出しやすいので、縦長なシルエットに見えやすく、写真のようにすらっとした印象にまとまります。

ボーダーコーデのNGパターン、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。