この秋、大人可愛い印象を持つラウンドシルエットがトレンド!

WEAR

今季、注目したい「丸み」を持つシルエット

今や、定番となった「パフスリーブ」や「コクーンシルエット」など、今季は「丸み」のあるシルエットに注目が集まっています。パフスリーブとは、肩先や袖口にギャザーやタックを入れて、ふんわり丸く膨らませた袖のこと。また、コクーンシルエットは、蚕などの繭(まゆ)の意味で、繭のように身体全体を丸く包み込んでくれるシルエットのものを指します。

今回は、そんな大人可愛い印象を持つラウンドシルエットに着目! 丸みのあるアイテムは、フェミニンな印象を醸し出してくれるだけでなく、ゆったりと着ることができるので、コロナ禍でリラックスコーデがトレンドに挙がっている今、ぜひワードローブに招き入れたいアイテムです。

ですが、その丸いシルエットから「太って見えそう……」と心配な方もいらっしゃることでしょう。確かに、華奢な体型の人におすすめできるシルエットではありますが、ぽっちゃりさんもコーデ次第では、すっきりとした印象を与えることが可能なんです。

それでは早速、丸みアイテムを使った、大人女性におすすめのコーデをみていきましょう!
 

1. 控えめボリューム&ストライプ柄パフスリーブで華奢見え

WEAR

出典:WEAR

肘下くらいの6分丈シャツは、季節の変わり目にぴったりなアイテム。二の腕の一番太い部分で終わっている袖丈のタイプだと、腕の太さが強調されてしまい、太って見えがちですが、画像のように6分丈だと、そんな心配とは無縁です。

また、控えめなボリューム感のパフスリーブなら、可愛くなりすぎず、大人女性も取り入れやすくておすすめ。ストライプ柄のシャツを選べば、縦ラインを強調してくれるので、着やせ効果が抜群です。シャツの裾をデニムパンツにINすると、すっきり見えが叶って、スタイルアップにもつながりますよ。
 

2. ブラックカラーのボリューム袖で、着やせ効果を発揮

WEAR
 

出典:WEAR

5分袖のボリュームスリーブを持つ、一枚でサマになるワンピースを主役にしたコーデ。ブラックカラーを選ぶことで、引き締め効果が生まれ、ボリューム袖でも太って見えません。

歩く度に揺れるフレア裾のタイプは、女性らしさと上品さをプラス。シンプルながらもデザイン性のあるワンピースは、着用するだけで存在感を放ってくれてコーデに悩むことがないので、忙しい朝にも便利ですよ。
 

3. 丸みが抑えられたコクーンシルエットワンピで、大人っぽく

WEAR

出典:WEAR

体型をナチュラルにカバーしてくれるコクーンシルエットのワンピース。そこまで丸みがあるタイプではないものを選べば、可愛くなりすぎずに大人女性にぴったりです。また程よい開きのシャープなVネックの一枚なら、美人見えを叶えてくれます。カットソーのタイプは、カジュアルすぎない上品さとラクな着心地で、オフィススタイルにもおすすめ。また、ベルトを使ってウエストマークすれば、腰まわりがすっきりとして映り、着やせ効果も。

シンプルなベージュカラーのワンピには、画像のようにブラックカラーのバッグやシューズを投入することで、ともすればぼやけて見えがちな色味のワンピースを引き締める効果が期待できます。また、足元をスニーカーにすれば、大人カジュアルなコーデが完成する汎用性の高いワンピです。
 

4. オーバーサイズのコクーンスウェットで今っぽく

WEAR

出典:WEAR

レトロな印象の花柄プリントが施された大人可愛いワンピースの上に、コクーンシルエットのスウェットをレイヤードしたコーデ。シンプルなデザインながら、オーバーサイズのゆとりのあるシルエットのタイプを選べば、一気に今っぽさのあるスタイリングを演出してくれます。

程よいゆとりを持たせたクルーネックで、寒くなってくる時期にはタートルネックなどのトップスと重ねて着用しても、窮屈になりません。落ち感が出るように、やや長めにデザインされた後ろ身ごろを持つものなら、気になるヒップを上手にカバ―してくれて、体型が気になる大人女性におすすめです。

以上、丸みアイテムを使った、大人女性におすすめのコーデを4つご紹介しました。ぜひ、この秋ラウンドシルエットに注目して、おしゃれを楽しんでくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。