きれいめおしゃれのつもりが老け見え!? 40代コンサバ秋コーデ

きれいめエレガントなファッションが老けて見える落とし穴も……

きれいめエレガントなファッションが老けて見える落とし穴も……

若い頃から変わらず、女性らしさのある、エレガントでコンサバなファッションが好き、という大人の女性は多いですよね。きちんと感があり、どんな場にも失礼がなく、気分を上げてくれるというメリットもありますが、40代女性にはしっくり似合いすぎてしまい、落ち着いた印象になり、時には老けて見えてしまうファッションも中には存在します。今回はそんな老け見えしやすい4つのポイントについて、お伝えしていきます。
 

1. 血色が悪く、老け見えするベージュコーデ

【OKコーデ】ベージュコーデは颯爽として見えるパンツで取り入れるのもおすすめ 出典:WEAR

【OKコーデ】ベージュコーデは颯爽として見えるパンツで取り入れるのもおすすめ 出典:WEAR

ベージュは、この秋冬も人気が継続しそうなカラー。上品で柔らかく、女性らしいイメージなので、エレガント派、コンサバ派さんにも人気のあるカラーです。

ですが、40代の女性が着る場合、気を付けたいのが「顔映り」。ヌーディーなベージュは、肌色が少しくすんでくる大人の女性には馴染みすぎて、血色が悪く見えることも……。

一口にベージュといっても、白っぽいサンドベージュから、グレーが混ざったようなグレージュ、イエローが多く入ったキャメルなど、いろんなトーンがあるため、実はフィットするカラーを見つけるのが少々難しいカラーでもあります。

鏡で見て、顔色が沈んで見えるベージュは避けたほうが無難です。場合によってはベージュよりベーシックな「白」を選んだ方が、顔が明るく見えることも。メイクで差し色をプラスしたり、いつもより華やかなピアスをプラスするなど、顔まわりでバランスを調整してみてください。また、トップスではなくボトムスで取り入れるのもおすすめですよ。
 

2. エレガントのつもりが抜け感がなく古く見えるコーデ

【OKコーデ】ネイビーコーデにジャケットを羽織ったコンサバコーデも、バイカラーシューズで抜け感を 出典:WEAR

【OKコーデ】上下ネイビーにジャケットのコンサバコーデも、バイカラーシューズで抜け感UP  出典:WEAR

「きれいに見せたい!」と思うと、コーディネートはきれいめで揃えて、ヘアやメイク、ネイルはもちろん、アクセサリーも華やかに見えるものをプラス、というように、全体をエレガントなテイストで統一することもありますよね。でも、こうしたコーデがしっとり落ち着いた印象になり、時にはなぜか老けて見えてしまうこともあるのは、コンサバ派、エレガント派の人が知っておきたいポイントです。

コーデ全部をエレガント系で統一してしまうのは、抜け感のあるファッションが主流の今だからこそ、少し古い印象に見えてしまうかも。

例えばノーカラーのジャケットにハイゲージのきれいめニット、タイトスカートにパンプス、ブランドバッグにパールのアクセサリーのようなコーディネートだと、きちんと感は抜群かもしれませんが、今っぽさという面では微妙かも……。保護者会に来たお母さんコーデのような印象にもなりかねません。

普段着コーデの場合は、どこかに差し色や、オーバーサイズを取り入れてみる、フラットシューズに変えてみる、コーデが華やか系ならヘアはシンプルにまとめる、などバランスを意識しながらコーディネートすると印象も変わるはず。写真のように少しカジュアルな雰囲気を感じさせるバイカラーのシューズを取り入れるのもいいですね。特に秋冬は春夏と違って肌の露出も少なく、意識しないと抜け感が出しにくいシーズンでもあるので、気を付けたいポイントです。
 

3. 一昔前のスカート丈&シューズのバランスに要注意

【OKコーデ】コンサバなアンサンブルニットをロングスカートで絶妙に今っぽくおしゃれなバランスに

【OKコーデ】コンサバなアンサンブルニットをロングスカートで絶妙に今っぽくおしゃれなバランスに

エレガントで女性らしいファッションがお好きな人には、パンツよりもスカート派という人が多いですよね。ですが、スカート丈はもともとトレンドの移り変わりが早いアイテム。それに加え、合わせるシューズとのバランスも、今っぽさがはっきりと出るポイントでもあります。

例えば、膝が隠れるようなミモレ丈のスカート&ハイヒールのパンプスは、大人可愛い印象もある、昔流行った合わせ方ですが、今はあまり見かけない組み合わせ。最近はどちらかというと、こちらの写真のようにロング丈のスカートに、フラット靴やローヒールのシューズを合わせるバランスが主流ですよね。でも、自分が若かった頃のトレンドを今もそのまま着てしまう、という人は意外に多いもの。一昔前のような雰囲気を感じさせるバランスは老け見えにもつながりますので、できるだけ避けたいポイントです。

シューズのトゥの形を今トレンドのものにアップデートするなど、足元の印象を変えると簡単に今っぽく見せやすいのでおすすめです。
 

4. ブランドを目立せるコーデは昔っぽい印象に

以前はコンサバコーデでも全身ハイブランドや、ブランドバッグを目立たせるような気合いの入った着こなしも見かけましたが、今はおしゃれで上品な大人の女性のコーデとして、ブランドのロゴや象徴的なアイコンアイテムを強調するような着こなしはあまり見かけないですよね。

あえてハイブランドのロゴを目立たせる着こなしは、若い子のストリート系コーデでは目にしますが、エレガントなコンサバコーデでは、さりげなく馴染ませて着たり、上品に着るほうがこなれて見えて、今っぽいイメージに仕上がります。

ハイブランドのアイテムは「憧れだった」ということで思い入れが強かったり、素材がいいため長く使えるアイテムでもあります。ですが、着こなしの大まかなトレンドは日々変わっていくため、今ならワントーンのカラーコーディネートでなじませて着る、どこか力の抜けたようなバランスのコーディネートに合わせるなど、着こなしでは今っぽさも意識しながら、アップデートしていくのがおすすめです。

老け見えしないコンサバファッション、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。