おしゃれ感もキープ! 40代のきれい色コーデはこのアイテムで

大人女性がきれい色アイテムを取り入れるのにぴったりなのはこの5アイテム!

大人女性がきれい色アイテムを取り入れるのにぴったりなのはこの5アイテム!

きれいな色を見ていると、それだけで明るい気分になれたり、元気をもらえたりしますよね。この夏は、そんなカラーアイテムをぜひコーディネートに取り入れてみませんか? 今回は40代の女性におすすめしたい、夏のきれい色コーデについてご紹介します。きれい色を取り入れる時におすすめなアイテムもあわせてお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. トップスにも羽織りにもなるリネン系シャツはマスト

発色がいいものが多く、プチプラでも手に入りやすいきれい色のリネン系シャツ 出典:WEAR

発色がいいものが多く、プチプラでも手に入りやすいきれい色のリネン系シャツ 出典:WEAR

リネン系素材のシャツは、発色がいいものが多く、きれい色を取り入れやすいアイテム。ボタンを留めて袖をロールアップしてトップスとして着ても、ノースリーブの上にさらりと羽織っても◎。プチプラでも手に入りやすく、形がベーシックなので、カラーコーデ初心者さんにもトライしやすいのがおすすめポイント。リネン系素材特有のざらっとした生地感が、きれい色を大人の肌にナチュラルに馴染ませてくれます。

写真のようなコーラルピンクは夏らしさもありながら、顔色を自然に明るく見せてくれるカラー。鏡の前で当ててみて、ぱっと明るく見えるような色を選んでみてくださいね。
 

2. 定番のボーダーTシャツをきれい色にチェンジして新鮮に

カラーコーデ初心者さんはボーダーの色から変えるのもおすすめ 出典:WEAR

カラーコーデ初心者さんはボーダーの色から変えるのもおすすめ 出典:WEAR

「これまでベーシックカラーばかり着ていて、きれい色に馴染みがない、浮いて見えるのが心配」という人は、普段着ているアイテムをきれい色にスイッチするのがおすすめ。例えば定番のボーダーTシャツは、ネイビーやブルーなど、青系が多いアイテムですよね。

でも、イエローやオレンジ、グリーンなど、フレッシュなイメージのカラーを取り入れたボーダーTシャツならまた新鮮なイメージに。アイテム自体は馴染みのあるデザインなので、コーデにも悩まず取り入れられます。
 

3. シルエットを整えてくれるシャツワンピースで取り入れて

程よいきちんと感のあるシャツワンピースならカラーを思いっきり楽しめる 出典:WEAR

程よいきちんと感のあるシャツワンピースならカラーを思いっきり楽しめる 出典:WEAR

40代の女性がきれい色を取り入れる際に特におすすめなのは、シャツワンピース。通常の襟付きタイプでもトレンドのノーカラーでも、首元にきちんと感が出るので、きれい色でもカジュアルになりすぎず、程よいきれいめ感をキープできるのが高ポイント。

直線的なワンピースのシルエットがすらっと見せてくれるので、カラーを問わず、好きな色を選べるのも嬉しいですよね。ボトムスにパンツやスカートを合わせて、また違ったイメージに仕上げるコーディネートもおすすめです。
 

4. 着まわせるきれい色パンツはコスパも抜群

コーディネートで調整しやすいきれい色パンツは買い! 出典:WEAR

コーディネートで調整しやすいきれい色パンツは買い! 出典:WEAR

きれい色のパンツは、はいているだけで全身のイメージをぱっと明るく見せてくれながら、コーディネート次第でイメージもがらっと変えられて、大人のカラーコーデにぴったりのアイテムです。

写真のように、きれい色をブラックのトップス&小物で挟むとコントラストが際立ち、スタイリッシュな印象に。またホワイトやベージュなどの淡い色を合わせると、フェミニンで上品、優しいイメージに仕上げることができます。また、同系色の淡いピンクなどを合わせると、今年らしいトレンド感のあるワントーンコーデに。

また、パンツはボトムスなので面積が大きめですが、スカートのように横幅が出ず、広がらないのでシルエットをキープしやすいのもおすすめな理由です。短めのトップスを合わせたり、ウエストインするとパンツが主役に、またロング丈のトップスやワンピースを合わせれば、差し色感覚で使うことができ、幅広い着こなしが楽しめるので、コスパも抜群です。
 

5. モノトーンに差し色バッグであか抜けコーデ

モノトーンコーデに差し色をプラスすれば、失敗知らずでおしゃれ見え 出典:WEAR

モノトーンコーデに差し色をプラスすれば、失敗知らずでおしゃれ見え 出典:WEAR

きれい色は、使いまわせてコスパも抜群のバッグで取り入れるのもおすすめです。季節感もあまり気にせず、長く使えるのでカラーアイテム初心者さんもトライしやすいのもメリット。

ベースのコーデをモノトーンで仕上げれば、どんなカラーのバッグでも差し色として映えて見えるので、失敗しにくいのも嬉しいポイント。慣れてきたらベージュやライトグレーなどの柔らかいカラーのワントーンコーデに差し色バッグをプラスしてみてください。コントラストの強いモノトーンコーデの時とはまた違った印象に仕上がるので、コーデの幅も広がりますよ。

大人におすすめのきれい色アイテム、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。