■業務スーパーの「スイートポテト」はナチュラルな甘みが魅力

かたち

業務スーパーの「スイートポテト」はころっとした形もかわいい

スイートポテトを自宅で作ろうとするとき、旬の季節を外れると、スイートポテトの材料になる美味しいさつまいもを安く手に入れることは難しいです。でも無性に食べたい方、子どものおやつにスナック菓子やケーキなどの高カロリーのものは避けたいという方にぴったりなのが、業務スーパーのナチュラルな甘みが魅力の「スイートポテト」です。

 

業務スーパーの「スイートポテト」は簡単! おやつに軽食にイチオシ

ぱっけ

業務スーパーの「スイートポテト」はかわいいパッケージが目印


自宅で手作りするためには、さつまいもをふかして、潰し、砂糖や牛乳と混ぜて成形して焼いて……とかなりの手間がかかります。業務スーパーの「スイートポテト」は、冷凍なので電子レンジで温めるかオーブントースターで焼くだけ! とても簡単に食べられるのでおすすめです。美味しいスイートポテトが年中楽しめます。
 

業務スーパーの「スイートポテト」は内容量が充実!

凍ったもの

業務スーパーの「スイートポテト」を数えると全部で31個入り


業務スーパーの「スイートポテト」は、322円(税込)でなんと31個ものスイートポテトが入っていました。ふた口で食べきれるミニサイズなので、たくさん入っているのにパッケージは冷凍庫でかさばりません。家族みんなでたっぷり食べられるのがいいですね。材料は主に外国製造のさつまいもペーストが使用されています。

 

■業務スーパーの「スイートポテト」の美味しさを解説

パッケージ

業務スーパーの「スイートポテト」はカラフルなパケージがキュート

スイートポテトが大好きなのですが、思ったより美味しく仕上がらなかったことがありました。そのときに「こんなに一生懸命作って美味しくできないのは残念なので、できればもう完成されたスイートポテトを購入しよう」と決めました。量と価格で納得できて、年中食べられる業務スーパーの「スイートポテト」を見つけてから、スイートポテトは作らずにすませています。

そんな私のイチオシの「スイートポテト」を解説します。

 

業務スーパーの「スイートポテト」の原材料・内容量

パッケージ

業務スーパーの「スイートポテト」はたっぷり500g入り


業務スーパーの「スイートポテト」は、500g入りで322円(税込)。原材料は、以下の通りです。
  • 原材料名:外国製造のさつまいもペースト、ぶどう糖、マーガリン、乳等を主原料とする食品、加糖卵黄、砂糖、ポテトフレーク、食塩、安定剤、香料、着色料、甘味料
業務スーパーの「スイートポテト」は、甘いさつまいもの風味が口いっぱいに広がります。ぱさつかずしっとりとした贅沢な食感はこのような材料で作られているのですね。
 

業務スーパーの「スイートポテト」の栄養成分表示・カロリー

カロリー

業務スーパーの「スイートポテト」のカロリーは抑えめ


業務スーパーの「スイートポテト」の100gあたりの栄養成分表示・カロリー(目安)は、以下の通りです。
  • エネルギー:245kcal
  • たんぱく質:2.7g
  • 脂質:6.8g
  • 炭水化物:43.7g
  • 食塩相当量:0.2g
内容量500gで31個入っているので、100gは約6個。そうすると245kcalは、6個あたりのカロリーとなります。また、さつまいもペーストが主原料なので炭水化物が多いのですが、カロリーが控えめで嬉しいですね。
 

業務スーパーの「スイートポテト」の賞味期限・保存方法

賞味

業務スーパーの「スイートポテト」は賞味期限が1年近くも!


2021年6月上旬に購入した商品の賞味期限は、2022年5月18日。約1年間です。保存方法は、-10度以下で冷凍保存です。
 

業務スーパーの「スイートポテト」の味・香りは甘く食欲をそそる

大きさ

業務スーパーの「スイートポテト」の大きさは約3.5センチ

糖分がたっぷり加わった甘いさつまいもの味がします。色は少しオレンジがかった黄色。パッケージを開封した瞬間からさつまいもの甘いお菓子の香りが広がります。
 

業務スーパーの「スイートポテト」の調理法の種類

アルミ

業務スーパーの「スイートポテト」は表面に卵黄を塗るとさらに美味しい


業務スーパーの「スイートポテト」の調理方法は、オーブントースターで焼くか、電子レンジで温めるかの大きく分けて2種類です。

1.オーブントースター
アルミのトレーに、油を少し引き、凍ったままのスイートポテトを並べます。1200wのオーブントースターで15分! 外側は少し乾燥するのでしっとりほっくりとしたお芋の素朴な美味しさになります。

2.電子レンジ
耐熱皿に3個入れ、耐熱の蓋をして、500wで1分! 早いのはとても嬉しいですが、水分が出てかなり柔らかいスイートポテトになりました。潰してアレンジするなら電子レンジが便利です。

 

■業務スーパーの「スイートポテト」を食べてみた!

電子レンジ

業務スーパーの「スイートポテト」は時短希望なら、電子レンジで調理がおすすめ


業務スーパーの「スイートポテト」の風味は、さつまいもの凝縮された甘味が印象的。さつまいも好きの人ならきっと気に入るはずです。食感はとても柔らかくしっとりしています。後をひくので、ついつい何個も食べてしまいます。表面には少しさつまいもの粒が見えています。完璧に裏ごしされていないのも、素朴で美味しさが増します!
 

業務スーパーの「スイートポテト」はやっぱりそのまま!

電子レンジ

業務スーパーの「スイートポテト」を電子レンジで調理


業務スーパーの「スイートポテト」は、ほくほくしたさつまいもの甘味、そしてマーガリンや砂糖の甘味を感じます。これだけでかなり満足できる甘みがあります。

電子レンジで温めると水分が出てしまうことも。個人的な意見ですが、時間はかかるものの、オーブントースターで焼くのをおすすめします。ただ電子レンジには、時短というメリットもありますので、時間がない、待ち切れない方は、電子レンジで調理してみてください。
 

■業務スーパーの「スイートポテト」を使ったアレンジレシピ

アイス

業務スーパーの「スイートポテト」にバニラアイスをトッピング!


そのまま食べても十分に美味しいのですが、31個も食べるには1つの食べ方だと飽きてしまうかも。アレンジも楽しんでみませんか?
 

業務スーパーの「スイートポテト」を使った簡単レシピのアイデア

カナッペ

業務スーパーの「スイートポテト」をお洒落な軽食のカナッペに


業務スーパー「スイートポテト」を使ったアレンジは、塩味、スイートなどさまざまです。なかでもよく見られるのは、つぶしてピュレ状にしたものを使ったレシピ。電子レンジを使うとすぐピュレ状にできることから、使いやすいからかもしれません。その他、バニラアイスを添えてスイートポテトを潰しながら一緒に食べると美味しいです。

今回は業務スーパーの「スイートポテト」をカナッペにしてみました。

【材料】
  • 業務スーパーの「スイートポテト」:お好みで
  • クラッカー:適量
【作り方】
  1. 業務スーパーの「スイートポテト」を潰します。
  2. 潰した業務スーパーの「スイートポテト」をクラッカーに塗ります。
  3. 塗り終えたらカナッペの完成です。

潰して塗っただけなのですが、とてもお洒落です。軽食にいかがですか?
 

業務スーパーの「スイートポテト」を使ってみた! チーズトーストがおすすめ

トースト

業務スーパーの「スイートポテト」でチーズトースト! ボリュームがあるので、パンは薄切りのものがおすすめ


業務スーパーの「スイートポテト」は簡単アレンジが楽しいのですが、なかでも1番のおすすめは、とろけるスライスチーズをのせた食パンに、マッシュしたスイートポテトをのせて焼く、スイートポテトチーズトーストです。

【材料】
  • 業務スーパーの「スイートポテト」:お好みの量で
  • とろけるスライスチーズ:適量
  • 食パン:1枚(薄切りのものを推奨)
【作り方】
  1. 食パンにスライスチーズをのせます。
  2. 業務スーパーの「スイートポテト」をマッシュします。
  3. 1にマッシュした業務スーパーの「スイートポテト」をのせます。
  4. 焼いたら完成です。

甘味が強いスイートポテトに、チーズの塩味が加わることでバランス良い美味しさに。チーズとさつまいものコンビネーションが絶妙です。

 

■業務スーパーの「スイートポテト」のまとめ

アレンジ

業務スーパーの「スイートポテト」はそのまま食べてもピュレ状にアレンジしても◎


美味しさ:★★★
アレンジ度:★★
コスパ:★★★
(星5つ中)

業務スーパーの「スイートポテト」は、さつまいもの甘さが魅力のスイーツ。実は私にとってスイートポテトは、子どもの頃に母がよく作ってくれた思い出のおやつ。今でも大好きで一家言あるのですが、サツマイモを茹でて潰して材料を混ぜて、成形してなどと結構手間がかかります。その点、業務スーパーの「スイートポテト」なら温めるだけだから便利です!

また野菜をたっぷり使っているので、スナック菓子や生クリーム、チョコレートたっぷりのお菓子よりヘルシー。柔らかくて小さいので、小さな子どもでも食べられます。500gで31個も入っているので、家族みんなで食べるおやつにぴったりですね。

DATA
業務スーパー┃スイートポテト

内容量:500g
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。