JWアンダーソンの2990円リネンシャツが狙い目です

隠れたおすすめアイテム! JWアンダーソンコラボのリネンシャツが狙い目です

隠れたおすすめアイテム! JWアンダーソンコラボのリネンシャツが狙い目です

湿気の時期や真夏の暑い時期などに、Tシャツ以外で涼しくて、おしゃれ感もある頼れるアイテムを探していたのですが、そんな理想にぴったりなのがこちら! 今回ご紹介する「リネンブレンドプルオーバーシャツ」です。JWアンダーソンとのコラボアイテムなのですが、写真で見るより実物の方が可愛い、大人に一押しのアイテムなんです。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

2990円で手に入る、ユニクロの大人なおしゃれリネンシャツ

ユニクロ リネンブレンドプルオーバーシャツ 2990円(税抜)

ユニクロ リネンブレンドプルオーバーシャツ 2990円(税込)

JWアンダーソンとのコラボアイテムである「リネンブレンドプルオーバーシャツ」。肌触りのよさはもちろん、リネン混素材のよさを生かしつつ、いろんなコーデにフィットさせられる着まわし力抜群の一押しシャツです。

カラバリは全部で3色。オフホワイト、写真のグリーンというカラーもありますが、私が購入したのはこちらのブラウンです。
ユニクロ リネンブレンドプルオーバーシャツ 2990円(税込)

ユニクロ リネンブレンドプルオーバーシャツ 2990円(税込)

ブラウンはもともと夏に着るダークカラーとして好きな色味だったのですが、今年トレンドのベージュコーデにも合わせたいと思い、ブラウンをチョイス。こちらのブラウンの発色も明るすぎず、大人が着やすいカラーです。

重要なポイントである素材は53%が麻、47%がレーヨンのリネンブレンド。少しシワがあっても、それも味のように見える素材感です。風を通してくれて涼しいので、梅雨から夏の間でも快適に過ごせておすすめ。
ほっこりしがちなリネンシャツも、細かなデザインが効いています

ほっこりしがちなリネンシャツも、細かなデザインが効いています

ただ、リネン系のアイテムは通気性がよく着心地がいい反面、色使いもナチュラルであることが多く、素材感も素朴なイメージなので、ともするとほっこり感が強くなってしまい、気を抜いているような雰囲気に見えてしまうものも……。

ですが、こちらの「リネンブレンドプルオーバーシャツ」はJWアンダーソンらしく、写真のように袖にステッチが入っていたり、身頃の裾に「JW」のロゴが刺繍されていたりと、細かなデザインまでこだわってつくられているのが魅力。

ほっこりしがちなリネンシャツも、細かなデザインが効いているとスタイリッシュに着やすく、大人の女性が着やすいリネン混トップスに仕上がっています。
背中にタックが入っていてゆとりがあるので、フィットし過ぎないのも嬉しい

背中にタックが入っていてゆとりがあるので、フィットしすぎないのも嬉しい

また、シルエットもオーバーサイズでゆったりしていて、フィットしすぎないので涼しげ。背中には写真のようにタックが入っているので、背中の丸みが気になってきた大人の女性の体型カバーアイテムとしても使えそう。

前開きではなく、すぽっとかぶるタイプのプルオーバーシャツなので、ワンピースの上などから重ね着もできたりと、コーデの幅が広がりそうなのも嬉しいポイントです。
 

柔らかい生地とサイドの切り込みで着まわし度も抜群

ブラウン系カラーで統一したワントーンコーデに 

ブラウン系カラーで統一したワントーンコーデに 

「リネンブレンドプルオーバーシャツ」は、頭からかぶって着るタイプのデザインなので、そのまま着てみるとこんな感じのシルエットに。

ユニクロのオンラインサイトの写真で見ると、少々メンズライクなイメージですが、実際に着てみるとリネンブレンド生地が柔らかく、程よく体のラインに沿ってくれ、落ち感もきれい。横に張って見えたり、カジュアルな印象になりすぎることなく着られるのがポイントです。
サイドに深めの切り込みが入っているので、アレンジしやすいのも◎

サイドに深めの切り込みが入っているので、アレンジしやすいのも◎

また、注目したいポイントはサイドの切り込み部分。しっかり深めにスリットが入りつつ、丸みのあるカッティングになっているので、そのまま裾を出して着ていてもコーデがキマりやすいのが高ポイントです。
上半身をコンパクトにしてバランスを取りたい時は前部分だけインしてもOK

上半身をコンパクトにしてバランスを取りたい時は前部分だけインしてもOK

前後に裾パーツがしっかり分かれているので、例えば上半身をコンパクトにまとめ、下半身をすらっと見せてバランスを取りたい時などは前部分だけを軽くインするコーディネートに。

この日はブラウン系のパンツを重ねたワントーンコーデ。同じリネン系のボトムスで揃えて、涼しさなどの実用面も押さえつつ、少しトレンド感も取り入れたコーデにしてみました。
パンツでもロングスカートでも合わせやすいのがメリットです

パンツでもロングスカートでも合わせやすいのがメリットです

また、こちらはチノ素材のフレアスカートを合わせたコーディネート。ボタンをすべて留めて着ると、首元の露出が減ってきちんと感がアップします。顔まわりの印象をきちんと見せたい時、ボトムスがきれいめで女性らしさを抑えたい時などにもおすすめなコーデ法です。

他にも、細めのパンツやウエストゴムなどのカジュアルなパンツの時は裾を出して、ワイドパンツやロングスカートなどボリュームのあるボトムスの時は前だけインして、というようにアレンジが効きますし、襟もとのボタンでも見せ方が変えられるので、幅広いコーデにフィットさせることができるのが優秀です。

JWアンダーソンの2990円リネンシャツ、ぜひチェックしてみてくださいね!


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。