この春「黒パンツ」を味方につけて、おしゃれを楽しもう

WEAR

ワードローブに招き入れたい「黒パンツ」

ワードローブに一枚持っていると便利な「黒パンツ」。どんなトップスとも相性抜群で、コーデの失敗が少ないので、大人女性におすすめのアイテムです。通勤にはもちろん、休日にも使える黒パンツは、一本持っていると活用頻度が上がること請け合い。きちんと見えするので、忙しい朝でもコーデに悩むことなく、時短コーデが叶います。きれいめにもカジュアルにもはけるのがうれしいですね。

今回は、そんな黒パンツを使った、40代にマッチするコーデを4点ピックアップします!
 

1. クリーンな白シャツ×黒テーパードパンツでこなれ感を

WEAR

出典:WEAR

腰まわりはゆったりとしていて、足首に向けて細くなるシルエットのテーパードパンツは、下半身を華奢に見せてくれるので、大人女性におすすめのアイテム。こちらのパンツはストレッチが効いた、しわになりにくいスーツ地が使用されており、ノンストレスなはき心地が魅力です。

白シャツ一枚では物足りず、アクセントが欲しい場合、画像のようにブルーのスウェットを肩掛けすれば、春らしいポイントに。シャツは第2ボタンまで開けて、裾を片側だけパンツにINすると、こなれ感が生まれます。足元にはヒールサンダルを合わせ適度に肌見せすることで、女性らしい抜け感が叶います。
 

2. ペプラムチュニック×黒スニキーデニムパンツで、フェミニンカジュアルに

WEAR

出典:WEAR

ブラックカラーのスニキーデニムパンツに、チュニックを合わせた、フェミニンカジュアルコーデ。デニムは黒を選べば、引き締め効果がより期待できるので、体型が気になる大人女性におすすめ。スキニーデニムに苦手意識を持っている大人女性も多いと思いますが、サイズをワンサイズ、もしくはツーサイズ上げて少し余裕を持たせると、細見え効果が期待できてトライしやすくなります。

そこに、すっきりVネックの鎖骨魅せで、女性らしい華奢さをアピールできるチュニックを投入。ウエスト部分がキュッと締まっているタイプを選べば、気になる腰まわりの細見えが叶います。また、ぺプラムをセレクトすれば、ウエスト部分をカバーできると同時に、女性らしさも。シンプルなボトムスを合わせるだけでも、華やかで存在感のある着こなしに仕上がります。
 

3. カジュアル代表のボーダーも、黒パンツできれい見え

WEAR

出典:WEAR

リネンライクのハイウエストストレートパンツに、ボーダートップスを合わせたコーデ。カジュアルアイテム代表のボーダーですが、黒パンツと合わせることで、きちんと見えを叶えることができます。

コーデのコツとして、黒パンツにトップスをINすれば、ハイウエストデザインも手伝って、スタイルアップ効果が期待できます。ハイウエストのパンツは、股上が深めなので、気になる腰まわりやヒップラインをさりげなくカバーしてくれて、大人女性におすすめ。ワイドシルエットを選べば気になる脚も上手にカモフラージュしてくれます。

黒パンツは、ともすれば重い印象になりがちですが、ホワイトカラーのバッグをセレクトすることで、春らしい爽やかな印象と抜け感をプラスできます。
 

4. スウェット×黒パンツは、おうち時間にぴったり

WEAR

出典:WEAR

センタープレスが施されている黒パンツを選べば、上品な印象が生まれます。ウエスト部分がゴム仕様タイプのものなら、ストレスフリーのはき心地でおうち時間にぴったりです。

きちんと感のあるセンタープレスパンツですが、華奢見えを叶えてくれるビッグシルエットのスウェットをトップスに投入すれば、コーデにカジュアル感がプラスされます。大きめシルエットのものでも、タックの入ったボリューム袖や、丸みのあるコクーンシルエットなど、女性らしいディテールのタイプなら、フェミニンに映ります。

画像のようにスウェットを合わせるのはもちろん、シャツを持ってくると、オンの日にぴったりのスタイリングに。アイテム次第で、カジュアルにもクールにも着こなせる、オンオフ問わず重宝する黒パンツです。

以上、黒パンツを使った、40代にマッチするコーデを4点ご紹介しました。ぜひ春コーデの参考にしていただけますと幸いです。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。