ベーシックアイテムの宝庫「UNIQLO(ユニクロ)」で春コーデ!

WEAR

ユニクロで叶える、高見えコーデ

コーデの幅がぐっと広がる、ベーシックアイテムの宝庫である「UNIQLO(ユニクロ)」。今や、私たちの毎日の着こなしに欠かせない存在ですよね。ユニクロのアイテムは、機能性はもちろんデザイン性も◎で、プチプラなのに高見えコーデが叶う点が嬉しいポイントです。

今回は、そんな注目のユニクロアイテムを使った春コーデを6点ピックアップ! 早速、みていきましょう。
 

1. トレンチコート

WEAR

出典:WEAR

春に大活躍してくれる、大人シックなトレンチコートは、不動の人気アウターですよね。羽織った途端、こなれコーデが完成するのも魅力の一つです。

こちらは、大きすぎないオーバーサイズシルエットのトレンチコート。今季は、ぴったりしすぎないオーバーサイズのタイプを選ぶと、即今っぽいコーデに。襟が大きく取られており、スタイリッシュな印象です。INに着用したスウェットとワイドフィットジーンズもユニクロのアイテムで、ショルダーバッグとスニーカーは、しまむらのもの。全身をプチプラで揃えていますが、シンプルなアイテム選びとオーソドックスなカラー使いのおかげで、全くそんなことを感じさせず、高見えが叶っています。ぜひ参考にしたいスタイリングです。
 

2. 「ユニクロユー」のバンドカラーシャツ

WEAR

出典:WEAR

春になると出番が増えるシャツやブラウスですが、今季は「バンドカラー」に注目が集まっています。バンドカラーとは、よく見かける三角の襟ではなく、帯(バンド)のようになった襟のことで、スタンドカラーの一種になります。

こちらは「Uniqlo U (ユニクロユー)」のバンドカラーシャツ。すっきりとした襟まわりでレイヤードスタイルに使いやすいアイテムです。バンドカラーシャツは、カジュアルときれいめのバランスが取りやすいのでおすすめ。

画像のように、ライナーベストを上から重ねれば、防寒対策はもちろん、今っぽいおしゃれコーデが完成します。ボトムスには、今季トレンド最前線のイエローカラーのパンツを投入して、スタイリッシュに。カラーパンツを投入するだけで、一気に垢抜けて見えますよ。足元はやっぱりラクチンなスニーカーが◎。近所へのお買い物にも最適ですね。
 

3. ワッフルクルーネックT

WEAR

出典:WEAR

凹凸のあるワッフル編みの生地を使った、ふくらみのある素材が特徴のワッフルTシャツ。どんな服とも相性抜群で、使い勝手が抜群なので、思わず何色も揃えたくなるアイテムです。

こちらは、ワッフルクルーネックTを使った、大人カジュアルコーデ。ドロップショルダーで、肩まわりのなじみが良い一枚です。着丈が長めなので、ボトムスにタックインするとバランス良く決まります。身幅にも袖にもゆとりを持たせたリラックスシルエットで、今っぽい雰囲気。7分袖を選べば、抜け感も生まれて今っぽい雰囲気に。着心地が抜群なので、ゆっくりと寛ぎたいおうち時間にもぴったりです。

スカートも、同じくユニクロのポンチペンシルスカートをセレクト。柔らかくラクに動けるスカートで女性らしいシルエット。また、トレンドの後ろスリットで、歩きやすさも抜群です。Iラインシルエットでスタイルアップ効果が発揮されており、ユニクロで上下のコーデを揃えたとは思えないほど、高見えコーデが叶っています。
 

4. 「ユニクロユー」のスタンドカラーシャツワンピース

WEAR

出典:WEAR

リラックスしながら、程よくきちんと感を醸し出したいときに重宝するのが、シャツワンピース。1枚で着用するのはもちろん、レギンスなどとレイヤードしてもおしゃれに決まる、頼れる存在です。

こちらは、軽やかな素材にゆとりのあるシルエットで、ストレスフリーで着用可能なユニクロユーのスタンドカラーシャツワンピースを主役にしたコーデ。スタンドカラーは、襟付きシャツのようなカチッとした印象ではなく、程よく肩の力が抜けたリラックス感のあるコーデが叶います。ベルトを結べば、ウエストマークができて、スタイルアップ効果も。お腹まわりが気になる方は、ぜひベルトが付いたものを選んで。まだまだ肌寒い今の時期は、INにタートルネックを持ってくれば、防寒対策もばっちりです。
 

5. ジョガーパンツ

WEAR

出典:WEAR

裾がリブやゴム仕様になっているジョガーパンツ。スウェットやジャージーといったストレッチ性のある素材で仕立てられており、おうち時間もストレスフリーで過ごせます。

こちらは、ブラックカラーのジョガーパンツ×ボーダートップス×トレンチコートといった、肩肘の張らない大人カジュアルコーデ。ジョガーパンツは、ウエスト部分にタックが入っているため、ゆとりがあって締め付け感がなく快適です。裾がキュッと細くなっているので、きれいめな印象を醸し出しています。
 

6. ワイドフィットカーブジャージーパンツ

WEAR

出典:WEAR

すっかり定番アイテムの仲間入りをした「ワイドパンツ」。どんなコーデにも取り入れやすく、一年中着回せるので、活用頻度が上がります。

こちらは、ウエスト部分はすっきりで、気になる太ももをカバーしてくれるワイドフィットカーブジャージーパンツ。絶妙なカーブラインが、美脚効果を叶えてくれる頼れる一本です。そこに、大人のカジュアルコーデに欠かせない、こなれ感のあるフード付きスウェットを投入すれば、リラックスしたいおうちコーデにぴったり。全身ブラックだと重い印象になってしまうので、スウェットのINに白トップスを着用して、さりげなく軽やかさをプラスすると、抜け感とこなれ感を手に入れることができますよ。

以上、ユニクロアイテムを使ったコーデを6点ご紹介しました。この春のスタイリングの参考にしていただけますと幸いです。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。