冬から春の切り替え時のNGコーデとその対処法は!?

季節感の調整が難しい冬から春に、できれば避けたいNGコーデは!?

季節感の調整が難しい冬から春に、できれば避けたいNGコーデとその対処法をチェック

まだまだ外の気温は低く、寒い日が続く毎日ですが、雑誌に載っていたり、お店で売られているのはすでに春物。この時期は着るものに悩みますよね。今回は冬から春の季節の変わり目に、ついやってしまいがちなNGコーデについてご紹介します。その対処法についても併せてご紹介していきますので、下記のケースに当てはまる場合はぜひチェックしてみてくださいね!
 

素材と色使いの両方に秋冬感が強いコーデ

【OKコーデ】ニット&パンツのコーデでも、色合いを調整するだけで春を意識した雰囲気に 出典:WEAR

【OKコーデ】ニット&パンツのコーデでも、色合いを調整するだけで春を意識した雰囲気に 出典:WEAR

気分としては春物が気になりますが、まだまだ気温が低いこの時期は、冬物を着ることがほとんですよね。ですが、ニットやウールなど真冬仕様の素材で、さらに色使いがダークカラーや渋い色合いの組み合わせだと、全体的に真冬感が強くなってしまいます。だからといって、薄手のアイテムに切り替えるのは難しいし……。

そんな時は、防寒に直結する素材などはそのままに、色だけ明るくしていくのがおすすめ。同じニットでも、ブラックやダークグリーンなどの暗めなトーンの色より、写真のような白系ボーダーやくすみグリーンなど、明るいトーンの色に変えるだけで、どこか春らしい雰囲気がプラスされますよ。
 

黒や紺、グレーなどの暗い色をごちゃまぜにしたコーデ

例えベーシック色でも、2色または3色以内にまとめるとすっきり見えます 出典:WEAR

【OKコーデ】たとえベーシック色でも、2色または3色以内にまとめるとすっきり見えます 出典:WEAR

黒やネイビー、ブラウン、グレーは40代の女性に愛用者がとても多いベーシックカラー。どれも派手で目立つ色ではないため、何にでも合わせやすいのがメリットです。

ですが、大人世代の女性がついやってしまいがちなのが、これらのダークカラーを、ひとつのコーデで何色も使ってしまうこと。

合わせやすい色だとしても、例えばコートは黒、シューズはブラウン、バッグはネイビー……などいろんな色が混ざると、結果的に抜け感がなくごちゃついて見えたり、野暮ったいイメージになりやすいのが落とし穴。

特に手袋やマフラーなど、使う小物の数も多いこのシーズンはついやってしまいがち。「変ではないけど、おしゃれにも見えないかも……」と感じた時は、何色使用しているか、一度チェックしてみてください。

たとえベーシック色でも、黒&ブラウンのみ、ネイビー&グレーのみ、など色数は少なく統一したほうが、すっきりした印象に。足元で抜け感を出したり、差し色としてきれい色をプラスしたり、と春に向けてのアレンジもしやすいのでおすすめです。
 

バッグが大きく、重たい感じが悪目立ちしているコーデ

【OKコーデ】コート&マフラーなど、面積の広いアイテムの時は、バッグを軽めにするのもおすすめ 出典:WEAR

【OKコーデ】コートなど面積の広いアイテムを着る時は、バッグを軽めにするのがおすすめ 出典:WEAR

コートやブルゾンなど、寒い時のアウターはどうしても幅が広かったり、丈が長かったりと面積が大きくなりますよね。そんな時に気を付けたいのがバッグの大きさです。

例えばボリュームのあるアウターに黒のレザー素材の大きなバッグなどを合わせた場合、大きなアウター&大きなバッグの組み合わせで重心が下がってしまい、アンバランスになりがち。脚が短く見えてしまい、スタイルが悪く見えてしまうこともあります。

そんな時はバッグのサイズを小さめにしてみると、コーデのアクセントになったり、目線を上に上げる効果もあるので、すっきり見えます。

今はビッグバッグがトレンドでもありますが、この場合は素材を春夏らしいキャンバスや麻にしたり、形に抜け感があるものを選んだり、折りたためるデザインにするなど、バランスも意識しながら選ぶのがおすすめです。
 

秋冬感が強い小物のみで揃えたコーデ

コーデは同じでもきれい色の小物が一点入るだけで春らしさがプラスされます 出典:WEAR

【OKコーデ】きれい色の小物が一点入るだけで春らしさがプラスされます 出典:WEAR

体感温度が低いとバッグやシューズ、その他の小物も切り替えるタイミングがなく、ついそのまま使い続けてしまいますよね。ですが、小物は意外に目立つもの。レザーやスエード、ファーやコーデュロイなどの秋冬素材で、黒やブラウンの小物ばかりだと、どうしても秋冬の雰囲気に引っ張られてしまいます。

そんな時は、一点プラスするだけでぱっと華やぐ、きれい色の小物を投入するのがおすすめ。コーデ自体は冬と同じでも、差し色アイテムがあるだけで、春めいた雰囲気もプラスしてくれます。誰でもすぐに簡単にできて、まだまだ寒い日が多い2月、3月のコーデに使えるテクニックです。

季節の変わり目のNGコーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!


投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。