50代女性に! 「X、I、Y」シルエットで楽してほっそり

「X、I、Y」コーデを意識するだけで着やせ効果が期待できます

「X、I、Y」コーデを意識するだけで着やせ効果が期待できます

もうすぐ春! 暖かいのは嬉しいけれど「薄着になると、体型が気になる……」という声が50代の女性から多く聞かれます。また、最近は外出自粛の影響で体重が増えてしまった、という人も多いですよね。体型を隠したい、と思うとついついゆるいシルエット同士を合わせてしまいますが、そうすると全体的に大きく見えてしまい、結果的に逆効果の場合も。そんな時はコーディネートで体型カバーするのがおすすめです。今回は簡単でほっそり見える、着やせのコツについてご紹介します。ポイントは 「X、I、Y」のシルエットを意識すること。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

ウエストがポイントの「Xライン」コーデで引き締めて

ウエストマークできるデザインは、腰の位置を高く見せてくれて一押しです 出典:WEAR

ウエストマークできるデザインは、腰の位置を高く見せてくれます 出典:WEAR

「Xライン」コーデとは、コーデの中央部であるウエストまわりが締まっていて、アルファベットの「X」のようなシルエットになっているコーデのこと。ウエストはもともと体の中でも細い部分なので、ここが締まっているとメリハリが付き、スタイルよく見えるのがポイントです。

といっても、無理にぎゅっと締めたり、実際のウエストを見せる必要はなく、「ここがウエスト位置」というのが分かるようにポイントを作るだけでOK。写真のようにウエストマークするベルトやリボンが付いているものは、簡単に着やせが叶うおすすめアイテム。ベルト等が実際のウエスト位置より少し高めに付いていることが多いため、ゆるく結ぶだけでも、まるでその位置から下は脚、というように脚長に見せてくれるのでおすすめです。
ウエストの位置にアクセントがあるだけですっきりスタイルよく見えます 出典:WEAR

ウエストの位置にアクセントがあるだけですっきりスタイルよく見えます 出典:WEAR

例えばワンピースならふわっとゆるいシルエットよりも、ウエストまわりが締まっているデザインの方がほっそり見えます。またトップスもウエストマークのものや、カシュクール、ウエストが絞られているデザインのペプラムなどメリハリのあるデザインの方がすっきり見せてくれます。

そして、トップスとボトムスというシンプルな組み合わせでも、ウエストインして脚を長く見せるのも、この「Xラインコーデ」に当たります。とはいえ、50代の女性は「ウエストインには抵抗がある」という人がほとんど。その場合はショート丈のボックスシルエットのトップスなど、幅にゆとりがあって体型を拾わず、縦には短めのトップスを選ぶことで、似た効果が期待できます。
 

すらっと見える縦長を意識! 「Iライン」コーデ

ストライプやセンタープレスなど縦のラインを意識して 出典:WEAR

ストライプやセンタープレスなど縦のラインを意識して 出典:WEAR

なんとなくコーデが決まらない、なぜか太って見える……という時は、まず着やせの王道である「Iライン」から取り入れてみるのがおすすめです。

「Iライン」コーデとはその名前のとおり、アルファベットのIの文字のように、縦長シルエットのコーデのこと。例えば横に広がっているボーダーよりは、写真のように縦長にラインが入っているストライプを。ふわふわとしたロングスカートよりはセンタープレス入りのきれいめパンツを、という風に、縦のラインを作るように意識しながらアイテムを組み合わせていくと、それだけでもほっそり見せることができます。

また、トップスとボトムスの色を同系色で合わせるのもより効果的。色のコントラストの強い組み合わせだとトップスとボトムスが分断されて見えますが、同系色で揃えると上下がグラデーションのようにつながって見えるので、より「I」の文字に近づきます。

ワントーンコーデは、引き続き今年のトレンドでもあるため、着やせと今っぽさの両方が手に入るのも嬉しいポイントです。
 

ボリュームのあるアイテムは「Yライン」でメリハリを

トップスがオーバーサイズならボトムスは細くまとめて 出典:WEAR

トップスがオーバーサイズならボトムスは細くまとめて 出典:WEAR

上記の「Xライン」、「Iライン」コーデにまとめにくいのが、トレンドのオーバーサイズのトップス。この場合はアルファベットの「Y」の字のように、トップスがゆったり大きめなら、ボトムスは細く、とサイズ感にメリハリをつけて着ると、スタイルよく見せることができます。

春に出番の増えるシャツやブラウスはもちろん、生地が柔らかくシルエットもゆったりしやすい春ニットやスウェット、ボリュームの出やすいパーカ類を着る時にもおすすめです。

またロングのフレアスカートや筒が太めのワイドパンツなど、ボトムスの面積が大きい時は、トップスにコンパクトなものを選び、「Y」の字を上下逆さまにしたようにまとめると、すっきり見せることができます。

今はオーバーサイズのトップスに合わせて、ボトムスもゆるめのものを合わせるコーデがトレンドではありますが、実は普通に着るだけではスタイルよく見せるのは難しく、おしゃれ上級者向けの組み合わせ。上下ともにゆったりしていると、どうしてもメリハリがなく、だぼっとして見えたり、ルーズな雰囲気に見えることも。

この場合は足の甲が見えるシューズを履いて足元に抜け感を出したり、三首見せでメリハリを付けたり、まとめヘアで頭を小さく見せたり、他のテクニックを合わせて使うとすっきりまとまります。

「X、I、Y」の着やせコーデ、ぜひトライしてみてくださいね!




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。