ホテルニューグランド伝統の「スパゲッティナポリタン」をおウチで!

ホテルニューグランド伝統のスパゲッティナポリタンを自宅で楽しめる


横浜が誇るクラシックホテル「ホテルニューグランド」発祥メニューのひとつ、スパゲッティナポリタン。ホテルのレストランで提供しているやさしい味わいのナポリタンが、手軽におうちで楽しめる「ナポリタンソース」がイチオシです。
   

ケチャップを使わないトマトソースがやさしい味わい

ホテルニューグランド「ザ・カフェ」のスパゲッティナポリタン

ホテルニューグランド「ザ・カフェ」の人気メニュー


ホテルニューグランドでナポリタンを初めて食べた時、上品な美味しさに感動しました。ホテルニューグランドの2代目総料理長である入江茂忠シェフが戦後に考案したメニューで、本館1階「ザ・カフェ」で提供されています。

洋食屋のナポリタンといえば、ケチャップを使っているものがほとんどですが、ホテルニューグランドのナポリタンはケチャップを使っていないのが特徴。生のトマト、水煮のトマト、トマトペーストを使用しており、やさしい味わいがたまりません。

その味わいがレトルトでも見事に再現されています。また、ホテルのレストランで食べると少々お値段が張りますが(税込1980円、サ料別)、レトルトならお手軽(税込648円)に楽しめるのが嬉しいです。
 

具材はハムとマッシュルームのみ

パッケージは調理に使う寸胴鍋(ずんどうなべ)がモチーフ

パッケージは調理に使う寸胴鍋(ずんどうなべ)がモチーフ


具材はシンプルに、ハムとマッシュルーム。そしてよく炒めたタマネギとニンニクが甘みのベースとなっています。レトルトということで、ハムはホテルで提供しているものとは食感が異なりますが、たっぷり入っています。
 

パスタは柔らかめにゆでるのがコツ

ナポリタンに使うパスタは、標準ゆで時間よりも1分ほど長めにゆで、柔らかめにするのがコツ。ニューグランドで提供するパスタは、前日にゆでて一晩寝かせたものが使われています。アルデンテにゆでたパスタを冷水でしめ、オイルをまぶしてバットに広げ冷蔵庫で一晩寝かせることで、もちもちとした食感が出るのだそう。

時間に余裕があれば、一晩寝かせたパスタで試してみてください。より一層、ニューグランドの味に近づきます。
 

バターで炒めたパスタにソースを合わせると風味がアップ

バターを溶かしてフライパンで炒め合わせれば風味がアップ

風味を良くするポイントはバター


ゆでたパスタをそのままナポリタンソースと合わせても美味しいですが、フライパンにバターを溶かしてパスタを軽く炒めてからソースと合わせると、風味良く仕上がります。
 
粉チーズをたっぷりとかけてどうぞ

仕上げは粉チーズ


ホテルニューグランド風に高く盛り付けて、粉チーズをたっぷりとかけてどうぞ。高く盛り付けるのは、熱々をキープするためとのことです。これ、結構難しいです……!
 

岩井の胡麻油「横濱胡麻辣油」で味変を

横浜の老舗・岩井の胡麻油「横濱胡麻辣油」で味変

横浜の老舗・岩井の胡麻油「横濱胡麻辣油」


わが家のナポリタンの味変アイテムは「横濱胡麻辣油」。創業160余年の横浜の老舗・岩井の胡麻油が製造している辣油です。

やさしい味わいのニューグランドのナポリタンに、マイルドな辛さの胡麻辣油がよく合うのです。横浜の歴史ある者同士のコラボもお試しあれ。
 
DATA
ホテルニューグランド┃ナポリタンソース

内容量:1人前140g
販売場所:本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」またはオンラインショップ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。