映画館、コンサート会場、スポーツ競技場に出かけるのが難しい今、自宅をエンターテイメント空間にするホームシアター化が活発です。
近年、インターネットを利用したサブスクリプション方式のコンテンツ配信が充実し、コンテンツの入手が容易になったのも追い風と言えます。
では、製品を紹介して行きましょう。
 

超手軽にホームシアター!

 
家電アワード2020

popIn Aladdin 2 /ポップイン
 


「popIn Aladdin(ポップイン・アラジン)」は、天井照明とプロジェクターおよびオーディオが一体化した画期的なオール・イン・ワン商品。Wi-Fi機能を搭載し、ネット動画再生にも対応しているので、つまり、これ1台でホームシアターが完成という優れモノ。

天井照明と兼用なので、プロジェクターの設置場所に悩む必要が無く、電源などのケーブルが一切必要無いのも画期的。重量は5kg弱に抑えられているので、近年の天井照明用「引っ掛けシーリング」さえあれば、簡単に取り付けることができます。

最新機種「popIn Aladdin2」は、フルHDの高精細映像で映像の高さも柔軟に調整が可能。白い壁があれば、投射距離に応じ、大型テレビを超え、視野をすっぽりと覆う超大型スクリーン体験が可能です。

機能面では主要動画配信サービスに対応し、Wi-Fi経由でYouTube、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどを楽しむことが可能。また、専用アプリを追加購入すれば、対応レコーダーやチューナーと連携して放送番組の視聴もできるなど、奥深い面も。さらに、お子様の知育アプリを搭載し、親子で楽しく学べるのもポイントです。

スピーカー搭載で音質も良く、本機が1台あれば、映画、音楽、テレビ、遊び、そして使わない時は壁紙として壁面を飾ることも可能。おうち時間が充実すること請け合いの好製品です。
 

音楽や音で空間を満たす。日常を彩る。

家電アワード2020

スピーカー搭載 LEDシーリングライト「サウンドシリーズ」HH-CF1202A/パナソニック

 
長くなりがちな自宅時間をさり気なく彩るなら、やはり「音楽」や「音」は外せません。本格的なオーディオを設置するのは面倒だけど、スマホのスピーカーでは物足りないという方は多いことでしょう。そんな方にお勧めしたいのが、高性能な天井照明とスピーカーが一体になった、パナソニックの「サウンドシリーズ」です。

デッドスペースとも言える天井空間を活かすことができ、オーディオの第一関門と言える設置問題を解決。照明と同じく引っ掛けシーリングから給電するので、電源ケーブルの心配もありません。

実際に使ってみると、スマホの音を簡単にBluetoothワイヤレスで接続して鳴らすことができ、いつも見ている動画やミュージックビデオも手軽に量感豊かな高音質で楽しさが倍増。付属のトランスミッターを使用すれば、テレビの音を本製品から鳴らすこともできます。実は、天井照明は、部屋の中央付近であることが多く、スピーカーの場所としても好都合。部屋中を音で満たしてくれ、また、テレビよりも視聴位置に近いと、小音量でも聴き易く、小音量派にも適します。
ほか、邪魔にならず天井付近から音が鳴るので、BGM用途にもピッタリ。YouTubeでは森、海、雨など、自然音を収録したビデオも多く見つかり、こうしたコンテンツを利用すると、部屋の空気が変わったように気分転換にも。

本来の照明としても高機能で、昼はオフィスのように、夜は暖色で暗く調整してリラックスしたリビングへと、空間を機能的に使い分けることもでき、テレワーク時代にもピッタリの製品と言えます。
 

デスクトップで本格オーディオ体験

家電アワード2020

AIRPULSE A80/エアパルス

 
今だから自分だけの時間も持てる。この機会に、じっくりと高音質で音楽と向きあってみてはいかがでしょうか? 重厚長大で高価だったオーディオシステムも、今では大きく変貌。CDよりも高音質なハイレゾ音源や、PCを中心とした「PCオーディオ」と呼ばれるスタイルが登場し、コンパクトで手軽かつ、手に届く価格で驚くほどの高音質が手に入ります。

スペースが限られる都会生活、書斎、デスクトップ、テレビ周りでお勧めしたいのは「AIRPULSE A80」。コンパクトな筐体に電源やアンプも内蔵したパワードスピーカー。著名なスピーカーエンジニアが設計監修し、リボンツイーターが奏でる繊細な美音は、この価格帯の製品として他に類を見ません。

USB入力に対応しているので、パソコンと組み合わせれば高音質なデスクトップPCオーディオが完成。音源はファイル購入以外にも、各種音楽ストリーミングサービスを利用するのが今風。YouTubeのミュージックビデオも本機があれば高音質で楽しめますし、ハイレゾやCDクオリティーで配信するサービス「Amazon Music HD」を利用すれば、さらに高音質で。Bluetoothにも対応し、スマホと組み合わせてサクッと音楽を楽しむような使い方や、光デジタル入力でテレビとの組み合わせにも好適と用途は無限。

本格派の超高音質でありながら、マニアでなくとも手に届く価格は驚くべきもので、コストパフォーマンスの高さは圧倒的。昔オーディオを楽しんだ中高年層から一般的なご家庭まで幅広くお勧めできる優秀製品です。

【関連特集】
発表!All About 家電アワード2020
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。