キルティングコートを垢抜けさせるには?

 
WEAR

この秋冬、コーデに投入したいキルティングコート

ダウンジャケットよりも気軽に羽織れて、あたたかさとおしゃれ感をあわせ持っている「キルティングコート」。愛用している方も多いと思いますが、どうしてもコーデ全体が重たい印象になってしまいがち。そこで、今回はキルティングコートをすっきりと垢抜けさせるコーデのコツを3つ伝授します!
 

1. コーデにホワイトカラーを取り入れる

WEAR

出典:WEAR

大人女性から人気を集めているネイビーのキルティングコートに、ホワイトカラーのハイネックニットを差し込んで軽さを演出すると、重たい印象が緩和されて垢抜けて見えます。ホワイトカラーはどうしても汚れが目立つので、躊躇してしまう方も多いと思いますが、その場合は小物で投入するのがおすすめ。

こちらのキルティングコートは、袖とフードが取り外し可能なので、その日の気温に合わせて調整できるのが嬉しい。フードを外せば、ハイネックアイテムやストールともバランス良く着こなせます。また、アウターとしてはもちろん、インナーとしても着られるやや薄手のアイテムを選ぶと、活用頻度が上がること請け合い。
 

2. 帽子を被って、目線を上に持っていく

WEAR

出典:WEAR

キルティングと、モコモコとしたボアとの2WAYで着回しが可能な、リバーシブルで使えるキルティングコート。画像のように、キルティングを表に着用して、袖口を折り返してボアを見せると、大人可愛いコーデが完成します。Vネックのノーカラーなのですっきり見えが叶い、ストールやマフラーを巻いてももたつきません。ロング丈のコートは腰まわりまであたたかく、今っぽい着こなしが完成します。

どうしても着膨れ感が出がちなキルティングコートは、ベレー帽を投入することで、目線が上がり、スタイルアップにつながります。 防寒はもちろん、コーデのポイントにもなります。
 

3. すっきりボトムスを投入する

WEAR

出典:WEAR

ロング丈で、裾に向かってややテーパードした細身の美しいシルエットが特徴のキルティングコート。キルティングコート特有の着膨れ感がなく、また、気になる下半身をカバーすることができるので、大人女性におすすめ。腰まわりや太もも部分に程よくゆとりがあり、裾に向かって細くなっていくテーパードパンツを選べば、美脚シルエットも手に入ります。裏起毛タイプなら、冬でもあたたかさを実感できますよ。

足元に、パイソン柄のスクエアトウストレッチブーツを持ってくれば、アクセントとしてはもちろん、脚長効果も期待できます。

以上、キルティングコートの垢抜けコーデのコツを3つご紹介しました。これを参考に、ぜひこの冬、コーデに招き入れてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。