今っぽさを醸し出してくれる「リバーコート」

WEAR

この冬注目したい「リバーコート」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、お買い物が少数先鋭になった今、ワードローブに招き入れるアイテムは、自分らしく長く愛用できるものを厳選して選びたいもの。今回は、面積が大きくてコーデの印象を左右する、冬アイテムの代表格であるコートをピックアップ! 中でも、スタイリングに取り入れた途端、今っぽい雰囲気を醸し出してくれる「リバーコート」についてご紹介します。早速、みていきましょう。
 

リバーコートって?

リバーコートとは、2枚の生地を1枚につなぎ合わせて作られたコートを指します。生地が2枚重なっているので、リバーシブルで使えるタイプも登場しており、おしゃれの幅が広がります。羽織った途端、エレガントな雰囲気を醸し出してくれるので、オンの日やオフの日はもちろん、オケージョンにも対応可能。一枚持っていると活用頻度が上がりますよ。

リバーコートは、ガウンのようにラフに羽織って着用できるように、ショルダーポイントよりも腕側にドロップさせた(落とした)デザインのドロップショルダーや、繭のように身体全体を丸く包み込むようなコクーンシルエットなど、ややゆとりのあるサイズ感のものが多くなっています。厚手のニットやインナーダウンなどをINに着用する際や、あえてオーバーサイズを楽しみたい場合は、ワンサイズ上げるのも◎。ワンサイズ大きめを選択することで、重ね着してももたつき感がなく、防寒しながらスタイリッシュな印象も手に入れることができます。

今季、リバーコートを購入するなら、断然長めの丈感のタイプを選ぶのが正解。トレンドの長めスカートはもちろんパンツにも合わせやすく、今っぽさを演出することが可能です。

では、リバーコートを活用したコーデを3例ご紹介します!
 

1. きちんと感&メンズライク! テーラードカラーのリバーコート

WEAR

出典:WEAR

一見チェスターコートのような、襟に深いV字の切れ込みが入ったテーラードカラーのリバーコート。きちんと感のあるコーデや、メンズライクな着こなしにぴったりのアイテムで、大人のリラックスムード漂うアウターです。

ゆったりとしたシルエットのものを選べば、冬特有の重ね着でもごわつかず、また今っぽい抜け感も楽しめますよ。スリットが入っているものなら足さばきも◎。画像のコーデは、足元にローカットスニーカーを合わせて、大人っぽいカジュアルスタイルを叶えています。
 

2. シャープな印象のVネックタイプのノーカラーリバーコート

WEAR

出典:WEAR

すっきりとシャープな印象を与えてくれる、Vネックタイプのノーカラーリバーコート。グレーとベージュがミックスされたグレージュカラーが、モードな印象を醸し出しています。ドロップショルダータイプで腕まわりがゆったりしているタイプを選べば、厚手のニットやインナーダウンも合わせやすく、活用頻度が上がること間違いなし。装飾のないデザインなので、エレガントにもカジュアルにも合わせやすいアイテムです。

画像は、ブラック、グレージュ、ホワイトと、シンプルな配色のコーデですが、ベレー帽やサングラスを掛けることで、おしゃれ度が加速しています。
 

3. エレガントな印象を与えてくれる、ベルト付きリバーコート

WEAR

出典:WEAR

ガウンのように羽織って付属のベルトで結ぶタイプのリバーコートは、大人っぽいエレガントな雰囲気を醸し出してくれて、フェミニンコーデがお好きな方におすすめ。ショール風の抜け襟の後ろにフードが付いているものを選べば、今っぽいこなれた印象に。軽さのある羽織り感覚のコートは、全体的にゆるっとしたシルエットで、エフォートレスな一枚です。袖部分のみ、すべりが良いように裏地がついているので、着心地の良さを実感できます。

歩くと裾まわりがキレイに揺れるシルエット、かつ、甘さを抑えたデザインのティアレーススカートが、コートの裾からちらりと顔を出していて、大人可愛いコーデを完成させています。

以上、リバーコートの解説とコーデを3例ご紹介しました。これを参考に、ぜひこの冬リバーコートをチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。