大人女性にマッチするカジュアルコーデのポイントとは?

WEAR

大人のカジュアルコーデを成功に導くには?

肩肘の張らないエフォートレスな装いが人気を集めている今、大人女性から支持を受けているのがカジュアルコーデです。40代の大人女性がカジュアルを取り入れる場合は、カジュアルな中にもきれいめ感を意識するのがおすすめ。

例えば、パーカー×デニムだと、カジュアル感が強すぎて、子供っぽくなりがち。パーカーには女性らしいプリーツスカートを合わせるなど、エレガントな要素をプラスするのが正解です。カジュアルな中にも大人っぽく決めると、大人女性の余裕を感じさせてくれるコーデが完成します。

今回は、そんな40代の大人女性におすすめの秋のカジュアルコーデを3点ご紹介! 早速、みていきましょう。
 

1. カジュアルなデニムには、きれいめシャツを投入

WEAR

出典:WEAR

裾を切りっぱなしにしてわざと軽くほつれさせた「カットオフデニム」は、ややもするとカジュアル感が強くなりがちですが、トップスにオーバーサイズシャツ×ニットベストを合わせると、きれいめな印象が加味されて、大人女性にぴったり。足元もスニーカーではなく、ストラップ付きのバレエシューズを投入して、女性らしさをプラスしています。
 

2. パーカーには、小花柄のマキシ丈スカートを合わせて

WEAR

出典:WEAR

大きめシルエットが今っぽい「UNIQLO(ユニクロ)」のスウェットパーカーは、デニムと合わせるとカジュアル感が強すぎてしまうので、画像のようにレーヨン生地で滑らかな落ち感のあるマキシ丈スカートを投入すると、エレガントな雰囲気に。小花柄もブラックベースのものを選べば、グッと落ち着いた印象になります。足元は、エフォートレスなスニーカーを持ってきて、こなれ感をプラス。
 

3. ボアブルゾンには、フェミニンなニットワンピを投入

WEAR

出典:WEAR

カジュアル感がありますが、モコモコとした肌触りが、大人可愛い雰囲気を醸し出してくれるボアジャケット。デニム合わせだと、子供っぽい印象になってしまいますが、画像のようにスカート部分がプリーツ仕様になっているニットワンピースを持ってくれば、大人っぽいフェミニンなイメージを生み出してくれます。足元には「GU(ジーユー)」のブラックカラーのショートブーツを投入。コーデ全体を引き締めてくれる効果が期待できます。

以上、40代の大人女性におすすめの秋のカジュアルコーデを3点ご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。