部屋着に見えない! 40代おしゃれスウェットコーデのコツ

スウェットに見えない大人コーデを作るポイントは!?

スウェットに見えない大人コーデを作るポイントは!?

素肌に着ても気持ちのいい素材感と、楽チンな着心地が魅力のスウェットが、この秋はさらにおしゃれに進化! 部屋着や若い子向けのストリートファッションというイメージが強いかもしれませんが、コーデのコツを押さえておけば、大人の女性でもおしゃれに取り入れられます。今回はその具体的なコツを4つご紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. 今っぽさと引き締め効果のあるブラウンが狙い目

ブラウンはカジュアルなスウェットをシックに見せてくれる 出典:WEAR

ブラウンはカジュアルなスウェットをシックに見せてくれる 出典:WEAR

スウェットといえばライトグレーが定番カラーですが、今季はブラウン系が豊作。ダークブラウンや赤味のあるブラウンのスウェットもたくさん出ています。

ブラウンは秋らしさもありつつ、ダークカラーで引き締め効果もあるため、カジュアル感が和らぐのがメリット。上半身がルーズな印象にならないので、カジュアルが苦手な方の、初めてのスウェットにもぴったりです。また、落ち着いた色味なのでニット感覚で着ることができます。

スウェットがスポーティーなので、あえてきれいめなパンツを合わせたり、フェミニンなロングスカートを合わせてミックスコーデに仕上げるのがおすすめです。
 

2. ベージュ&ブラックの大人配色でシックに

カジュアルなスウェットもベージュ&黒の大人配色にレザーで異素材を効かせて 出典:WEAR

カジュアルなスウェットもベージュ&黒の大人配色にレザーで異素材を効かせて 出典:WEAR

スウェットはベーシックな白、黒、グレーではなく、あいまいなニュアンスカラーを選ぶとそれだけで今っぽく、おしゃれ感がアップします。くすみ系のきれい色も使いやすくておすすめですが、万能に使える一押しカラーはベージュです。顔を明るく見せてくれる効果もあるのが、大人の女性には嬉しいですよね。

ベージュコーデは今年の流行でもあるので、全体をワントーンで仕上げるのもおすすめ。さらに黒の小物を効かせるとコーデが引き締まり、メリハリがつくためスタイルアップ効果も期待できます。

また、レザー調アイテムなど、あえてスウェットのコットン素材とは質感の違うアイテムを取り入れると、コーデに奥行きが出るので◎。安っぽく見えないのが嬉しいポイントです。
 

3. 白のちら見せ&光沢素材でメリハリを

袖口などから白をちら見せ&光沢素材のミックス感がおしゃれ 出典:WEAR

袖口などから白をちら見せ&光沢素材のミックス感がおしゃれ 出典:WEAR

スウェットの下に長袖シャツやロンTを重ねるのは、簡単にスウェットをあか抜けて見せてくれるので、ぜひトライしてほしいテクニック。裾から「白」をのぞかせることによってコーデにメリハリが付き、首、手首、足首を見せる「三首見せ」をした時のように抜け感をプラスしてくれます。

そして、今年トレンドのフリルを襟元からのぞかせたり、シアーシャツを重ねても、スウェットにおしゃれなニュアンスをプラスしてくれます。スウェットだからと思わず、ニットのような感覚で自由にレイヤードしてみるのがおしゃれに着るコツです。

また、カジュアルな印象の強いスウェット素材には、異素材を合わせるのも効果アリ。写真のようなサテン素材や、フェミニンなレース素材のボトムスなど、カジュアルとは逆のエレガントなイメージのものを合わせると、ミックス感が生まれおしゃれ度がアップするので、40代の女性におすすめです。
 

4. メンズの大きめサイズをかっちり小物でまとめて

あえて大きめのメンズスウェットを選んでサイズ感で遊ぶのも◎ 出典:WEAR

あえて大きめのメンズスウェットを選んでサイズ感で遊ぶのも◎ 出典:WEAR

スウェットは、あえて大きめのメンズスウェットを選んで、ゆったりとしたサイズ感を楽しむのも人気です。着心地は楽チンで暖かいので、リラックスして過ごせそうなのも魅力ですよね。

ゆったりとしたスウェットは、よりスポーティーでカジュアルなイメージになるため、大人の女性が着る場合は、かっちりとした小物を合わせるのがコツ。リュックやキャンバストート、スニーカーなどのラフな小物よりも、レザーのミニバッグやきちんと感のあるフラットシューズなどを合わせると、大人の女性にちょうどいいバランスに仕上がります。

また、ここでもロンTを重ねたり、白ソックスを足元に持ってくるなど、小さい面積で「白」を効かせると、さらに洗練された印象に。

楽チンだけどおしゃれなスウェットコーデ、ぜひトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。