大人の女性は気を付けて! この秋避けたいNGコーデ

ついついやりがち! 秋に避けたいNGコーデとは!?

ついついやりがち! 大人の女性が秋に避けたいNGコーデとは!?

今回は、40代の女性がこの秋に避けたいNGコーデについてご紹介します。体型カバーを気にしてつい合わせてしまうふんわりサイズや、ダークカラーを多く使ったコーデ、メンズライクなアウターを羽織ったコーデなどなど、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

1. ふんわりトップス&フレアロングスカートは体が大きく見える

ふんわりしたブラウスには、ボトムスにはシルエットがシャープなものを 出典:WEAR

ふんわりしたブラウスのボトムスにはシルエットがシャープなものを 出典:WEAR

デザインの入った長袖シャツやブラウスなどふんわりしたトップスは、秋冬コーデが一枚でキマる優秀アイテムですよね。お腹まわりのボリュームもさりげなくカバーしてくれるので、体型カバーにもぴったり! ですがこの時に避けてほしいのは、ボトムスにもふんわりしたものを合わせてしまうこと。

特に、裾を出して着るようなふんわりしたトップスに、フレアシルエットのロングスカートを合わせるコーデは、40代女性によく見る組み合わせ。ですが、上下ともふんわりしていると、どうしても体を大きくして見せてしまい、シルエットのあいまいさも手伝って、逆にどっしりした印象になってしまうことも……。

ふんわりトップスに合わせるボトムスは、ラインのきれいさを意識して選ぶのがポイント。縦長のIラインが作れるタイトスカートもいいですし、写真のようなセンタープレス入りのテーパードパンツなら間違いなくちょうどいいバランスに仕上がるので便利です。メリハリが付いているとすっきり見え、スタイルもよく見えるので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

2. ダークカラーを多く使いすぎるとあか抜けない印象に

アイテム数が多い秋冬コーデは白小物で抜け感を作るのがおすすめ 出典:WEAR

アイテム数が多い秋冬コーデは白小物で抜け感を作るのがおすすめ 出典:WEAR

秋冬は黒やブラウン、ネイビーをはじめ、ダークカラーのアイテムがどうしても増えやすいシーズン。ほっこりとした表面感のニットや、重厚感のあるウール、今年トレンドのフェイクレザーなど、秋冬は春夏に比べて素材も厚めになるため、暗めのトーンとの相性もいいですよね。

ですが、コートは黒、ニットはカーキでパンツはネイビー、シューズはダークグレーなど、いろんなダークカラーをひとつのコーデに取り入れるのは要注意! ダークカラーは全体的に暗いトーンのものが多いですし、「もともと目立たない色だからいいかな」と考えなしに合わせてしまうこともあるのですが、ひとつのコーデに多くのダークカラーが入ると、色合いがきれいに見えず、野暮ったい印象になりがち。

ダークカラーはひとつのコーデで2色以内に収めたり、写真のようにバッグやシューズなどの小物に白を。そうすることで抜け感があり洗練された印象のダークカラーコーデに仕上がります。
 

3. メンズ風アウターは「おじさん風」に気を付けて

メンズ風アウターにはコーデに女性らしさを効かせてまとめて 出典:WEAR

メンズ風アウターにはコーデに女性らしさを効かせてまとめて 出典:WEAR

今年はオーバーサイズもトレンドですし、ユニセックスで使えるようなアイテムも多く出ていますよね。その中でも40代の女性に気を付けてほしいのは、メンズ風のアウターを使ったコーデ。カジュアル感が強すぎて、おじさんぽく見えてしまうこともあるのが注意したいポイントです。

カジュアルな秋冬アウターは、白や黒、カーキやネイビーなど落ち着いた配色のものが多いですよね。そこにワイドパンツやストレートデニムなど太めのボトムスを合わせて、足元もスニーカーでまとめると、だぼっとしたシルエットに……。おしゃれしたつもりなのに男性っぽさが強いおじさん風コーデになってしまっていることも。

10代、20代の子なら、あえてユニセックス感を楽しんでいるようにも見えるのですが、40代の女性だとラフになりすぎてしまい、素敵に着こなすのは難しそう。ボトムスは細めに仕上げる、小物に赤や黄色などの目立つ差し色を取り入れる、足元はパンプスなどで女性らしくまとめるなど、バランスに気を付けてみてください。

写真のように、ボトムスに分かりやすく女性らしいサテン素材のパンツを取り入れる、ニットの下にクルーネックを重ね着して白をチラ見せする、など細かなポイントを作っておくと、おしゃれにまとまるのでおすすめです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。