夏から秋に向けての切り替えコーデのポイント3選

WEAR

残暑におすすめのファッションのポイント

百貨店やセレクトショップ、コスパブランドでは、夏のセールが開催されていますが、お盆を過ぎた頃くらいからは、秋らしさを感じさせるファッションに徐々にシフトチェンジしていきたもの。ですが、夏から秋へ移り変わるシーズンはまだまだ暑い日もあるので、夏服を求めたい人も多いのではないでしょうか? そこでおすすめなのが、夏ファッションでも秋らしさを漂わせてくれるアイテムを選ぶこと。それを意識するだけで、秋らしさを纏えて、簡単におしゃれ見えが叶います。

40代、50代といった大人女性なら、程よくトレンド感のあるアイテムや、地味にならないベーシックアイテムがおすすめ。この秋は、フリルやラッフルといったロマンチックなアイテムもトレンドに挙がっていますが、それは若い子に任せて。大人女性には、洗練されたクリーンな着こなしがマッチします。どうしてもロマンチックアイテムを取り入れたい場合は、ブラックやネイビーといった控えめなカラーを選択するのが正解。

早速、夏から秋に向けての切り替えコーデのポイントをみていきましょう!
 

1. 素材で秋を先取りする

WEAR

出典:WEAR

コットンやリネン素材が大活躍する夏。それら夏素材を秋素材に変えるだけで、即秋らしさを感じさせるファッションを完成させることができます。例えば、半袖やノースリーブでも、サテンやリブニットといった秋素材の夏服なら、手軽に秋を先取りできて、残暑にぴったり。

また、カットソー感覚で着用できるニット「ニットソー」もおすすめ。真冬に着る厚手のニットではなく、薄くて軽いニット生地なのが特徴です。ぜひ素材に着目して、残暑ファッションを快適に過ごしてください。
 

2. 秋カラーを取り入れる

WEAR

出典:WEAR

シャーベットカラーやライトカラーがトレンドに挙がったこの夏。これらのカラーを秋カラーにシフトするだけで、簡単に秋らしさを取り入れられます。夏素材の半袖やノースリーブ、パンツといったアイテムでも、秋トーンのカラーをセレクトすれば、残暑にぴったりのコーデに仕上がりますよ。

例えば、この秋は強さや美しさを強調するブラックや、鮮やかで少し緑がかったセルリアンブルー、ロマンチックでエレガントなパープルなどがトレンド入り。これらのカラーを意識して取り入れるだけで、秋コーデを先取りできます。また、ベージュやブラウンなど秋らしい色みのアイテムもおすすめです。
 

3. バッグやシューズといった小物で秋をプラス

WEAR

出典:WEAR

秋の気配を感じながらも、じんわりと汗をかいてしまう残暑の時期。まだまだ暑い日が続きますが、店頭には続々と秋物が入荷しています。

バッグやシューズ、アクセサリーといった小物なら、ファーやツイードなどの秋冬らしい素材も手軽に取り入れられておすすめ。また、アニマル柄やチェック柄も◎。小物に秋ムードを取り入れるだけで、簡単に秋らしいコーデになるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

以上、夏から秋に向けての切り替えコーデのポイントを3点ご紹介しました。ぜひ、秋ファッションの参考にしてみてくださいね!



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。