要注意! 40代が避けたいNGワンピの特徴は

40代女性が夏のワンピースで避けたい特徴はこちら!

40代女性が夏のワンピースで避けたい特徴はこちら!

一枚でコーデがキマるワンピースは、夏に欠かせないおしゃれアイテム。でも残念ながら、中には40代の女性にはあまりおすすめできないワンピースも……。一枚でコーデが完成する分、選び方を間違えて失敗しやすいアイテムでもあります。デザインやカラーなど具体的なNGポイントをご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

首まわりの肌の露出が多いものは避けて

首まわりは大きく開いていないほうが大人向け 出典:WEAR

首まわりはこれぐらいに留めて、大きく開いていないほうが大人向け 出典:WEAR

ラウンドネックやVネック、ボートネックやオフショルダーなど、ワンピースの首もとにはいろんなデザインがありますよね。でも、カットが大きく、デコルテ部分の露出が多いものは、40代の女性にはあまりおすすめできません。

手足が出ている夏のワンピースでも、首もとが詰まっていれば程よいきちんと感がキープできますが、首まわりが大きく開いているものは、若くカジュアルなイメージ。肌にハリがあり、着込んだようなくたっとしたTシャツもおしゃれに着こなしてしまえる10代、20代ならいいのですが、デコルテが痩せてくることもある40代の女性には、このルーズさがミスマッチで、違和感の原因に……。

また、Tシャツなどと同じで、今は首まわりは詰まったものがトレンド。「少し古い」感じがしてしまうのも、さらにマイナスです。
 

切り替えの位置が高いワンピはNG

切り替えが入っているものは上過ぎないものを。胸下すぐは避けたほうが無難 出典:WEAR

切り替えが入っているものは上すぎないものを選ぶと大人にしっくり馴染みます 出典:WEAR

ワンピースの細かなデザインで気を付けたいのは「切り替えの位置」です。バストのすぐ下に切り替えが入っていて、そこからギャザーが広がるタイプのものは、あまりおすすめできません。

なぜならこの胸下からふわっと広がるシルエットはキッズ服にも多く使われていて、若くカジュアルな印象のデザインだからです。ルームウエアや、マタニティ用のワンピースにも多く使われているので、優し気な雰囲気や、ゆったり過ごせるようなイメージがある反面、部屋着風に見えたり、体を大きく見せたり、雰囲気がほっこりして見える場合も。一枚でサマ見えしたい、大人のおしゃれ着としては少々デメリットが多め。

また、全体がAラインになっているワンピースとは違い、背中の方にはあまりゆとりがないことも多いので、ヒップ部分がぽっこり目立ってしまうことも。試着時は正面から見ているので気づきにくいですが、後ろから見た時や、ふとした動作の最中にヒップのラインが出やすいので要注意です。

40代の女性なら、切り替えなしで肩から広がるような、全体にボリュームのあるAラインか、もしくはウエストの位置が高くてもハイウエストぐらいに収まっているデザインのどちらかがおすすめ。着回しもしやすく、今っぽさもあるのでおしゃれ感もアップします。

特にラインが出やすいカットソー素材のもの、ティアード風デザイン、胸元がカシュクールデザインのものは、切り替えの位置が胸下に入っていることも多いので、気を付けてみてくださいね。
 

大人可愛いワンピースは甘すぎ注意

小花柄のワンピースなら、きれいめ見えする美シルエットのものを 出典:WEAR

小花柄のワンピースなら、きれいに見える美シルエットを選んで 出典:WEAR

根強いファンの多い、大人可愛いワンピース。上品なフェミニンさならOKなのですが、大人にあまりおすすめできないのが、少女っぽい、ガーリーなイメージに転んでしまうワンピースです。

細かなデザインを例に挙げると、小花柄やドット柄などの可愛いイメージのプリントもの、フレンチスリーブやバルーンスリーブの袖、シフォン系などの透け素材、リボン風に留めるタイプのベルト、レースやギャザー、フレアでひらひらとしたイメージのスカート部分、などなど。

ひとつふたつぐらいのディテールなら大人でもOK。ですがたくさんの甘め要素がひとつのワンピースにぎゅっと詰まっていると、大人には可愛らしすぎて、若作りに見えてしまうかも……。

ワンピース自体が女性らしいアイテムなので、色や柄がピンクや小花柄など甘めの場合は、デザインはきれいめでスマートなものを。レースやリボンなどデザインが甘めで凝ったものなら、色使いはシックなものを。甘さを引き算しながら、バランスを意識して選ぶのが、使えるワンピースを選ぶコツです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。