着やせするワンピに一番大事なのはシルエット

夏は安心して着られるワンピースがあるとおしゃれも楽しくなります!

夏は安心して着られるワンピースがあるとおしゃれも楽しくなります!

ワンピースは面積が大きく、一枚で全体の印象が決まるアイテム。着やせしたい時には、選び方がとっても重要です。特に重視したいのは「シルエット」。「ウエストが絞られているもの」「ロング丈のAライン」「縦長に見せてくれるもの」は大人の女性をほっそり見せてくれます。

また、着やせする色といえば、ダークカラーや少し暗さのあるくすみカラー。今年らしいコーデのコツもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

ウエストは軽く絞られているものを選んで

ウエストに切り替えがあるだけでほっそり見えます 出典:WEAR

ウエストに切り替えがあるだけでほっそり見えます 出典:WEAR

スタイルよく見せたい時は、ウエストの位置がはっきりしているワンピースを選ぶのがおすすめ。あくまでも腰の位置が分かるぐらいに軽く絞ってあればOKで、細いリボンを結んであるだけでシルエットがぐっときれいに見えます。ぴったりとフィットしている必要はないので、お腹まわりをあまり出したくない人でも安心して取り入れられます。

シルエットにメリハリがあるので、そのきれいなシルエットを生かすようなコーデにするのがポイント。色やモチーフがごちゃごちゃしないよう、シンプルにまとめるのがおすすめです。

足元はフラットシューズやサンダル、シンプルなスニーカーでさらっと仕上げるとこなれ感がプラスされ、今っぽく仕上がります。
 

大人の女性に大人気のAラインも狙い目

Aラインのワンピースはしっかりロング丈がおすすめ 出典:WEAR

Aラインのワンピースはしっかりロング丈がおすすめ 出典:WEAR

ばさっと着るだけでサマになるAラインのワンピースは、大人の女性に大人気。体が泳ぐようなサイズ感が体型をカバーしてくれつつ、おしゃれ見えもするという嬉しいアイテムです。肩と丈が合っていれば着られるので、体型を問わずトライしやすいワンピースでもあります。

このワンピースを選ぶときに気を付けたいポイントは2つ。1つ目は丈感。足首が出るくらいまで長さがあるロング丈を選ぶのがおすすめです。長さがあると足もカバーでき、ドレープがきれいに出るので、面積が大きくても着られた感じになりにくいのが◎。子どもっぽく見えず、大人でシックな雰囲気に仕上がります。

そして2つ目は首の詰まったものを選ぶこと。クラシックなイメージに仕上がるため、二の腕が出ていたり、足元が素足でもラフすぎず、上品に見えます。

胸まわりが丸く開いていたり、縦に深くVカットが入っていると、着た時にデコルテの露出が目立ち、カジュアルすぎることも。首の詰まったクルーネックのノースリーブなどを下に重ねて調整すると、今年らしいバランスに仕上がりますよ。

二の腕がむき出しになるのが気になる場合は、カーディガンやリネンシャツなど、夏用の薄手の羽織りものを肩に巻くと二の腕もカバーでき、コーデのアクセントにもなるので一石二鳥です。

着まわし度がとても高いのもポイント。リネンジャケットやミニバッグ、パールやきれいめのサンダルを合わせるとエレガントに、キャップやカゴバッグ、ビーチサンダルを合わせるとカジュアルに、と全く違うコーデが楽しめるのも嬉しいですよね。

ふわっとしたシルエットなので、ヘアはまとめる、サイドを抑えるなど頭部をコンパクトにすると、よりすっきり見える効果が。全身のバランスを見て調整してみてくださいね。
 

ハリのあるシャツワンピで上品にすらっと見せて

ロング丈のシャツワンピはまっすぐ落ちるものが使えます 出典:WEAR

ロング丈のシャツワンピはまっすぐ落ちる縦長タイプが着回し力高め 出典:WEAR

きれいめな印象の強い「シャツワンピ」。夏ワンピの中でもきちんと感があり、いろんな場に着ていけるので一枚持っておくと便利です。

中でも着やせにはまっすぐ下に落ちるIラインのロング丈がおすすめ。体型をアルファベットの「I」のように縦長に細く見せてくれる効果があります。それに加え、シフォンなどのふんわりした素材ではなく、薄手のコットンやリネンで、シワ加工などがされていないハリのある生地感を選ぶのも、着やせには効果アリ。

シャツワンピは半端丈だったり、ギャザーがたくさん入っていると着こなしの型が決まってしまい、アレンジしにくいことも。今年らしさの面でも、この夏は一枚でも着られるような、しっかりと長さのあるシンプルなロング丈がおすすめです。ウエストに細いベルトを軽く巻いたり、写真のように下にロングスカートや、パンツ、レギンスを重ねても、コーデの雰囲気を変えられます。

大人向けの着やせワンピ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。