自分の体形を生かして選ぶ

カジュアルコーデの代名詞、白T。シンプルがゆえに、一枚さらっと着るだけでスタイルアップして見えるものもあれば、残念ながらそうではないものも……。

体型をカバーしたい大人世代にとって重要なのは、Tシャツと身体との間の“少し”の隙間。ぴったりしすぎない、ちょっとだけゆるい「ちょいゆる」が大切です。

とはいえ、ただゆるかったらいいというわけではありません。肩幅が広い人と狭い人、胸が大きい小さいによっても似合うデザインは違うもの。自分の体型を生かす白T選びが大切です。詳しく説明していきましょう。

 

肩幅が広い人におすすめの白T

柔らかい落ち感のある素材がベスト

柔らかい落ち感のある素材がベスト

肩幅が広く、角ばった印象の人は、肩の位置を目立たなくすることがマスト。首元が広めに開いた柔らかい素材のドロップショルダーで、肩の位置を落とし柔らかな印象に。ボートネックもおすすめです。

 

肩幅が狭い人におすすめの白T

ハリ感のある素材でボリュームを

ハリ感のある素材でボリュームを

なで肩や肩幅が狭い方は、肩幅を広く見せることで頭部とのバランスをとりたいもの。そのためには、首元があまり開きすぎていないデザインで、ハリのあるしっかりした素材を選ぶこと。フレンチスリープもおすすめです。

 

胸が大きい人におすすめの白T

ゆとりのあるデザインをブラウジングすると胸が強調されません

ゆとりのあるデザインをブラウジングすると胸が強調されません

胸のラインが白Tに響いてしまうと、どうしても太って見えがちです。柔らかすぎる素材は胸のラインを強調していまうので、地厚で浅めのVネックなど、首元が程よく開いたデザインを選ぶと胸が目立ちません。  

 

胸が小さい人におすすめの白T

いわゆる定番の白Tは華奢な方におすすめ

いわゆる定番の白Tは華奢な方におすすめ

厚みのない華奢な小胸さんには、クルーネックで肩の位置があった、いわゆる定番の白Tがおすすめ。程よい隙間感が華奢見えを強調し、こなれ感がでます。素材は柔らかすぎないものがおすすめ。

いかがでしたでしょうか。同じ白Tでも、着る人によっては全く違った印象になるものです。体型に合った白Tを選んで、自分らしく素敵に着こなしたいものですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。