ここだけは気を付けたい! 大人向け初夏のNGコーデ

大人の女性が避けたい初夏コーデのNGポイントとは?

大人の女性が避けたい初夏コーデのNGポイントとは?

今回は、大人の女性が初夏に気を付けたい、NGコーデについてご紹介します。夏ファッションは重ね着がなくて快適ですよね。ですが同時に体温調整の面からあまりおすすめしないものや、見た目にルーズな印象を与えるものなど、夏ならではの避けたいポイントもいくつか存在します。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

体温がこもりやすい素材は避けて

ボリュームワンピも薄手のコットン100%なら吸湿性もあり涼し気です 出典:WEAR

ボリュームワンピも薄手のコットン100%なら吸湿性もあり涼し気です 出典:WEAR

洋服を購入するときに、わざわざ素材のタグまでチェックしない、という人も多いかと思います。ですが、これからどんどん湿度も気温も高くなりますし、加えて今年の夏はマスクを着用する機会も多くなりそうですよね。洋服はなるべく体温のこもらない、通気性のいいものを選ぶようにすると快適に過ごせます。

特に避けたいのは、化学繊維が多くを占めているアイテムです。なかでもポリエステル100%のアイテムは「汚れにくくシワにもなりにくく丈夫だから」という理由で、夏のプチプラアイテムにも多く登場しています。

ですが実際に着てみると風を通さないので、コットンなどに比べるとぐっと暑く感じられるはず。熱が逃げにくいフルレングスのパンツや、首元がつまりぎみのブラウス、面積の大きな半袖ワンピースなどは特に暑いですし、汗もかきやすくなってしまうので、避けたほうが無難です。
 

ナチュラルなリネン素材もシワシワはNG

顔に近い襟や、面積の大きい背中のシワなどは悪目立ちするので要注意 出典:WEAR

顔に近い襟や背中のシワなどは悪目立ちするので要注意

リネンは通気性がよく、吸湿性も高いので夏にぴったり。さらっとした肌触りは一度着るとやめられないですよね。ナチュラルさが魅力なので、シワがまたいい味を出してくれる素材でもあります。

ですが、あまりに大きなシワが寄っていたり、畳みジワなどが付いたままだと、途端に生活感が出てしまうので要注意!

自然に寄る細かなシワはOKですが、人の目に留まりやすい襟や、面積の大きい背中、シャツやスカート、パンツの本体や裾に大きなシワ、深いシワが刻まれていると、だらしない印象に見えてしまいます。洋服を適当に扱うようなイメージを持たれてしまったり、せっかくリネン素材をたっぷりと使った涼し気なデザインも、シワがあることでそこばかり目立ってしまったり。シルエットが崩れてしまうのもマイナスです。

気になる箇所はアイロンを当てるのがベストですが、水がしたたるように濡れた状態のものを、シワを伸ばしてきちんと整えてから干すだけでも、ある程度は簡単にきれいになります。ぜひ取り入れてみてくださいね。
 

背中やヒップにインナーのラインが出ていないか注意

夏は生地も薄手のアイテムを一枚で着る機会が増えますよね。自分からは見えない背中や、ヒップまわりにインナーのラインが浮いて出てしまうことがあるので、特に注意が必要です。

特に、毎年夏になると着ているアイテムがある場合は要確認です。昨年まではOKでも、体型の変化やお肉の付き方などで、微妙にパツパツになってしまい、その結果インナーの線が浮いてしまうこともあるからです。

この場合、インナーは細くて硬い縁取りがあるようなものを避け、レースなどの柔らかい素材で幅が太いもの、シームレスで境目が気にならないものなどを取り入れて、調整してみてくださいね。洋服を身体が泳ぐサイズ感のものに変えるのもいいですね。
 

Tシャツコーデがカジュアルすぎて浮かないように

同じTシャツコーデでもきれいめパンツを合わせるとぐっとおしゃれに 出典:WEAR

同じTシャツコーデでもきれいめパンツを合わせるとぐっとおしゃれに 出典:WEAR

夏の定番アイテムであるTシャツ。コットン100%など着心地のいいものが多く、洗濯も簡単なので、つい着たくなりますよね。

ですが、このTシャツコーデは、カジュアルすぎてラフに見えたり、部屋着っぽく見えないように気を付けて。夏はトップス&ボトムスのワンツーコーデで終わることが多いため、飾り気がなさすぎると、朝起きたままのような、手抜きしたコーデに見えることもあるからです。

特に首元が開いていたり、くったり柔らかい生地感のTシャツは難易度高め。はき心地は楽チンで太めのシルエットでも、きれいめデザインのパンツを合わせるとぐっとおしゃれな着こなしになります。

もしTシャツにデニムを合わせたい場合は、アクセサリーやシューズ、ヘアメイクなどで意識的におしゃれ見えするポイントを盛り込んで。女性らしいスカートやヒールを足すと、Tシャツでも大人にちょうどいいバランスにまとまります。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。