天気が悪くても快適に過ごせるコーデのポイントは?

少しのコツで雨の日がより快適に過ごせるかも!?

少しのコツで雨の日がより快適に過ごせるかも!?

今年も梅雨シーズンがやってきましたね。今回は雨でも快適に過ごせるコーデのコツについて5点、お伝えしていきます。素材や配色、アイテム選びなどを工夫すれば、雨でもストレスを減らし、より快適に過ごすことができます。ぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. ボトムスには汚れにくい黒など濃い色が安心

薄手のポリエステル素材のボトムスもすぐ乾くので雨の日に◎です

汚れが目立たない黒で、さらにポリエステル素材だと完璧です

梅雨の時期、一番汚れやすいのはやっぱりボトムスですよね。雨だけではなく、泥が跳ねたり、傘などと擦れたりして汚れがつくことも考えられるため、色は黒やネイビー、グレーなどダークカラーが安心です。もちろんカーキやブラウンでもOK。なるべく濃いものを選んでおいた方が安心です。
 

2. きれいめに見えるレイン対応の羽織りが便利

雨染みの目立たないカラーを選ぶなど、実用性もありつつ、大人に似合うコーデのコツ

ベージュなど明るい色を選べばレインコート感も和らぎます 出典:WEAR

レインコートは面積も大きいし、大げさな感じがするから……と敬遠されることも多いアイテムですが、たとえ小雨でも、やっぱりレイン対応の羽織りものを一枚持っておくと便利です。

今はレインコートも進化していて、ものすごく軽いもの、トレンチコートやシャツコートのようなきれいめのもの、パーカ部分が取り外せるもの、パッカブルの畳める薄手素材で持ち運びに適しているもの、マウンテンパーカのように私服としても着やすいものなど、いろんなデザインが出ています。

レイン対応のアイテムは、素材に撥水加工が施されていたり、袖口から雨が入らないように内側から少し絞ってあったり、スマホを入れておいても濡れないような設計のポケットになっていたりと機能面がとても優れていて、使いやすくなっています。大人の女性ならきれいめ見えするレインコートを一枚持っておくと便利です。
 

3. 梅雨時のボトムスは少し短めがおすすめ

足元が濡れても「拭いて終わり」でOKな丈感だと楽チンです 出典:WEAR

足元が濡れても「拭いて終わり」でOKな丈感だと楽チンです 出典:WEAR

丈がシューズにかぶるぐらい長いフルレングスのワイドパンツや、ひらひらしていて面積の大きいロングスカートやロングカーディガンは、濡れやすく、汚れやすいですよね。いつまでもボトムスがじめじめと濡れていると不快ですし、臭いのもとになることもあるので、ボトムスはいつもより少し短めがおすすめ。雨の日はアンクル丈のボトムスにすると決めておくと、時短にも効果的です。
 

4. 通気性がよく速乾性のある素材が便利

リネン混など通気性のいいトップスは快適でいられます 出典:WEAR

リネン混など通気性のいいトップスは快適でいられます 出典:WEAR

素肌に直接触れると気持ちのいいコットンですが、一度水分をしっかり吸ってしまうとなかなか乾きにくいというデメリットがあります。

そのため、梅雨時は通気性がよく、速乾性の高い素材を意識して取り入れるのがおすすめです。Tシャツなら、厚手のコットン100%よりも、コットンとポリエステルが50%ずつ入っているような、綿混素材のほうが早く乾きます。また通気性のいいリネン素材なども、肌に密着しすぎず肌離れがいいので、快適に過ごせます。

身体が泳ぐような少しゆとりのあるサイズ感のものなら、さらにベストです。
 

5. 長靴以外のレインシューズを取り入れて

レインシューズでもフラット靴ならすんなり馴染みます 出典:WEAR

レインシューズでもフラット靴ならすんなり馴染みます 出典:WEAR

レインシューズというと長靴をイメージされる人が多いですが、今はレインシューズのデザインがとっても豊富。バレエシューズのようなフラットシューズから、ローファー、見た目はごく普通なのに撥水加工がされているスニーカーなど、たくさんの種類があります。

長靴タイプはどうしても履く場面を選びますし、オフィスコーデには合わせにくいですよね。でもシンプルなフラットシューズやローファーなど、きれいめで合わせやすいレイン対応の靴があると、どんな場でも履けて、ストレスなく過ごせます。

また、一度靴が濡れてしまうと、型崩れしないように詰め物をして乾かしたり、汚れをとったり、いろいろなケアが発生してしまいますが、レインシューズなら乾かすだけでOKの場合も。使い勝手も抜群なので、一足持っておくと便利です。

快適に過ごせる雨の日コーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。