大人の女性が参考にしたいスポーツサンダルコーデは

一度履くとやめられない! スポーツサンダルを取り入れて 出典:WEAR

一度履くとやめられない! スポーツサンダルを取り入れて 出典:WEAR

素足で履けて、履き心地も楽チンなのに、たくさん歩けるスポーツサンダルはこの時期、便利なアイテム。ですが、大人の女性からは「ボリュームが出てしまい、洋服との合わせ方がわからない」という声も聞かれます。今回は大人の女性におすすめしたいスポーツサンダルのコーデ例を4つお伝えします!
 

1. フレアロングスカートのアクセントに

女性らしい長め丈スカートと相性抜群です 出典:WEAR

女性らしい長め丈スカートと相性抜群です 出典:WEAR

大人の女性の場合、スポーツサンダルで足元だけが目立ってしまうと、どうしても浮いてしまいがち。そのため、基本的には「馴染ませる」ことを心がけるとうまくまとまります。なかでもロングスカートはとても合わせやすいアイテムなので、ぜひおすすめしたい組み合わせ。

特にフレアシルエットのロングスカートの場合は面積が大きいので、足元には抜け感がないと重たく見えてしまうことも。スポーツサンダルならフェミニンなロングスカートとは反対の、アクティブな軽さをプラスしてくれるので、ちょうどいいバランスに仕上がります。
 

2. 半端丈スカートには同系色で馴染ませて

スカートとサンダルが似た色味だとボリュームが出過ぎず馴染みます 出典:WEAR

スカートとサンダルが似た色味だとボリュームが出すぎず馴染みます 出典:WEAR

スポーツサンダルをコーデに自然に馴染ませるには、ボトムスを同系色で揃えるのも近道です。スポーティーさが和らぎ、統一感が生まれるのでおしゃれ度もぐっとアップします。その際、コーデの中でカラフルな色があちこちに使われていると、サンダル&カラーの印象で子供っぽく見えてしまうこともあるので、コーデ全体の色使いは抑えめに、シックにまとめるのがポイントです。
 

3. 一枚でキマるワンピースとは相性抜群

楽チンでたくさん歩けるので、旅行の時のコーデにも最適 出典:WEAR

楽チンでたくさん歩けるので、旅行の時のコーデにも最適 出典:WEAR

厚底でクッション性がある分、見た目も大きくなり、ボリュームが出がちなスポーツサンダル。コーデでトップス、ボトムス、アウターと数が増えると、どうしてもごちゃごちゃしてしまいがちなので、なるべく洋服はシンプルに、さらっと着られるようなものが相性がよく、おすすめです。なかでも一枚でキマるワンピースは一押しの組み合わせ。

リネン混のようなナチュラルなワンピースの足元にスポーツサンダルを合わせた組み合わせは、おしゃれ感をキープしつつたくさん歩けるので、旅行などのコーデにもぴったりです。
カジュアルなTシャツワンピの足元にも 出典:WEAR

カジュアルなワンピースの足元にも 出典:WEAR

ナイキのエアリフトなど、スニーカー並みに歩きやすいのに涼しく履ける「スニーカーサンダル」も根強い人気がありますよね。ですが、こちらはさらにボリュームが出やすいアイテム。Iラインのワンピースなど、すとんと落ちるようなシルエットと合わせると馴染ませやすいです。裾が大きく広がったワイドパンツやスカートだと、三角形のように下にボリュームが偏ってしまうこともあるので要注意。

また、同じスニーカーサンダルでも、より大きく膨張して見える白よりは、引き締まって見える黒のほうが合わせやすいこともあるので、色使いも気にしてみてくださいね。
 

4. ゆるっとコーデにスポーツ感を足してあか抜けて

カットソー素材のゆるっとしたアイテムにはスポーティーさがいいアクセントに 出典:WEAR

カットソー素材のゆるっとしたアイテムにはスポーティーさがいいアクセントに 出典:WEAR

カットソー素材のボトムスやロングカーディガンなど、全体的にゆるっとしたアイテムを多く取り入れたコーデには、足元にスポーティーさを取り入れるとちょうどいいアクセントになります。 紫外線もカットできますし、全体的に締め付け感がなく、その上足元も楽チンなので、暑い時期でも快適に過ごせるのが高ポイント。

ただし、全身ラフな人にならないためには、白やベージュなどフェミニンに見える淡いカラーを多く取り入れたり、ワントーンで統一感を出したり、ヘアをまとめたりアクセサリーをプラスするのが◎。手抜きに見えないよう、バランスを見ながら取り入れてみてくださいね。

大人のスポーツサンダルコーデ、コツを押さえつつぜひトライしてみてくださいね!