アイテム選びよりも大切な3つのこと

オシャレが大好きで、ファッション誌を参考にしているという人は多いと思います。他にはないこだわりのデザインや、きれいな色のアイテムはどれも素敵で、物欲が刺激されますよね。でも、雑誌と同じ服を買ってみたものの、いざ自分が着てみるとなんだか思っていたのとは違ってガッカリ。そんな経験はありませんか?

背が高くてスタイルのいいモデルさんと、一般体型の自分……。そう、同じ服でも着る人が違うと、残念ながら全く別物になってしまうことがあるのです。

オシャレしたいと思うとき、どうしてもアイテムばかりに目がいってしまいがちですが、オシャレを目指す上でアイテム選びよりも大切なことが3つあります。詳しく説明していきます。

 

1. オシャレは色合わせで決まる

白を効かせる

中間色は締め色と色味をそろえたり、白を多用することでぼんやり感を回避

オシャレにとって一番大切な色合わせ。トップスとボトムス、それぞれは素敵な色なのに、上下が繋がるとなんだかパッとしない……。特に、グレーやベージュ、カーキ系などの中間色の色合わせは注意が必要です。ぼんやりした色合わせは、場合によっては一気に老けて見えることにも。ファッション誌の中の素敵なコーデは、そんな難しい色合わせも小物でバランスをとっています。トータルコーデを計算し尽くされているからこそ素敵なのです。色のメリハリ、まとまりある色合わせを意識したいですね。

 

2. 自分らしく着こなす

着こなし方

同じ服でも着こなし方で違った表情に

同じ服でも、着る人が違えば違った印象になるのは当たり前。ファッション誌のモデルさんのように、どんな服も素敵に着こなせる人というのは、そうはいないものです。自分の目指すべきイメージを明確にして、いつも自分らしいと思える雰囲気づくりが大切。

エレガントやロマンティック、ナチュラル、クラシック、カジュアルなどイメージに合った着こなし方で個性が光ってこそオシャレな人。服だけが一人歩きしないよう、服に着られるのではなく、自分らしく着こなしたいものです。

 

3. ヘアスタイルも同じイメージで

辛口

長い髪はまとめると辛口な印象に

オシャレと切っても切れない関係のヘアスタイル。どんなに素敵な服を着ていても、ヘアスタイルがイメージと合っていなければ逆効果。イメージに合わせたヘアスタイルを心がけたいものです。

服が同じでも、ヘアスタイルが違うだけで、顔立ちさえ違って見えるほど、全く違った印象になることもあります。ここでも、トレンドのヘアスタイルを目指すのではなく、ファッションのイメージに合ったヘアスタイルを見つけたいですね。

いかがでしたでしょうか。オシャレは全身のトータルコーデが大切です。頭から足元までイメージを統一して、自分らしく着こなすことで漂う雰囲気。そんな個性を大切にしながらオシャレを楽しんでください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。