コーディネートは小物まであわせて完成するもの!

バッグと靴の色を揃えたコーデ実例

バッグと靴の色を揃えたコーデ実例

出がけに玄関で「今日の服にあう靴がない!」と、困った経験はありませんか。コーディネートというのは、バッグや靴まで含めた「総合点」で決まるもの。お気に入りのブランドバッグや主張するデザインの靴などそれ自体は素敵なアイテムでも、実はコーディネートに活かしきれていないことも多いものです。

コーデの完成度で考えると、それぞれの服にあわせて小物を揃えることが理想的かもしれませんが、収納スペースや家計を考えるとそれは非現実的な話。すでに、たくさんの靴やバッグを持っているという人の中には、所有していることすら忘れているなんて場合もあるのでは。

バッグや靴が大好き!という女性は多いと思いますが、ここで私があえて言いたいのは毎日のコーディネートで使う小物はミニマムで十分! いろんな種類を数多くもたなくても、どんな服にもあう小物を少量だけもつことでコーディネートの幅はぐっと広がるものなんです。今回は、本当に使える小物選びのポイントをご紹介していきます。
 

1. バッグと靴の色をあわせる 

意外に便利な白小物セット。コーデに抜け感をプラスします

意外に便利な白小物セット。コーデに抜け感をプラスします

まずお伝えしたいのが、バッグと靴の色はあわせたほうがいい!ということ。小物それぞれの主張がバラバラでは、まとまりあるコーディネートにはなりません。この2つを揃えることで小物に統一感が生まれ、簡単にまとまりあるコーディネートに。まずはベースカラーでおさえておくことをおすすめします。

 

2. 靴はシンプルにこだわる 

シンプルなポインテッドトゥはおさえておきたい一足

シンプルなポインテッドトゥはおさえておきたい一足

パンプスやスニーカーなど、生活スタイルによって選ぶ靴も様々ですが、大人の女性ならまずはポインテッドトゥのパンプスがおすすめ。つま先が尖ったデザインは、ヒールの有無にかかわらず、足を綺麗に見せてくれます。飾りのないシンプルなものを選ぶと、主張せずどんなコーディネートでもまとまりやすいです。

 

3. ヘビロテバッグは3つ 

中間色の小物セットは色を揃えて

中間色の小物セットは色を揃えて

お仕事やプライベートによっては、必要なバッグのサイズが違う方も多いのかもしれませんが、毎日のように使うバッグは3つあれば十分。黒やダークブラウンなどの締め色、抜け感のある白、そしてベージュやトープなどの中間色、この3パターンがあるといいでしょう。服の色とメリハリを意識すると素敵です。

 

4. エコバッグもおしゃれに

エコバッグはぜひ白を。ロゴにこだわって選びたいもの

エコバッグはぜひ白を。ロゴにこだわって選びたいもの

休日のコーデにぜひ活躍させたいバッグがエコバッグ。白地にロゴがアクセントになったものも多く、エコバッグを持つだけでシンプルコーデが一気におしゃれに。買い物専用にしておくにはもったいないおすすめのアイテムです。お気に入りを見つけて休日コーデを格上げしてくださいね。

いかがでしたでしょうか。ミニマムな小物でも選び方次第で活躍の幅が広がるものです。無駄に増やすことなく、ひとつひとつ最大限に活かしてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。