rootote

使いやすさの秘密はレジ袋と同じ形状


日本でもついに今年7月からレジ袋が有料化されます。このことにより、買い物の際にはエコバッグを使う人がさらに増えそうです。フランスではすでに2016年の7月から条件付きでレジ袋の配布が禁止になっているので、日本は大分後れを取っている印象があります。

使い捨てのプラスチック製レジ袋は、役目が終わればリサイクルされることなくゴミになります。このことが海洋や環境汚染につながっているとして、世界的に使用を制限する動きになっています。環境を保護するため、そして何よりも少しでも節約になるため、今後エコバッグは必須アイテムとなっていくでしょう。
 
デイリーで繰り返し使うエコバッグなので、気に入ったものをゲットしたいところ。そこでイチオシしたいのがROOTOTEの「ポータブルエコバッグ」です。
   

軽くてコンパクト!エコバッグとして申し分なし

rootote

軽くてコンパクトなので荷物の負担にならない
 

エコバッグは外出先でいつでも使えるように、何より軽くてコンパクトなものでないと意味がありません。この「ポータブルエコバッグ」はポリエステル製で軽く、小さく折り畳んで一体型のポケットに入れられるスグレモノ。小さめのバッグにも入るので、荷物への負担なく持ち歩けます。
 

とにかく丈夫で使いやすい!

rootote

ポケット一体型なので袋を失くす心配もなし


プラスチック製のレジ袋と同じ形状なので今までと同じ使い方ができ、長い商品(長ネギやバゲットなど)も入れられる点が「ポータブルエコバッグ」の最大の特徴。表にはファスナー付きのポケット、中にも収納用ポケットがあるので、財布や鍵などの小さいものも入れられます。
 
表布と裏布の二重構造なので、薄いレジ袋では突き破ってしまいがちな牛乳パックなどの鋭角の箱モノを入れてもビクともしません。飲料や瓶モノ、野菜などの重めの商品もガンガン入れられます。
 

エコバッグとは思えないスタイリッシュさ

rootote

ブルドッグのおとぼけ顔が可愛い
 

カラフルな無地から動物プリントまで、「ポータブルエコバッグ」はデザインも豊富にそろっています。私はブルドッグのデザインを10年以上も愛用中。犬好きが多いパリでこのバッグを出して商品を詰めてると、「わー可愛いワンちゃん!」とお店の人によく声をかけられます。

エコバッグ、どれにしようかなと迷っている人には自信を持ってイチオシできる商品です。
 
DATA
ROOTOTE|ポータブルエコバッグ

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。