あまさけ

米と麹と水から作られたノンアルコールなので家族で楽しめる


甘酒は、ブドウ糖・ビタミンB群・20種類以上のアミノ酸などの栄養が含まれており、飲む点滴と呼ばれ昔から親しまれています。

野菜やフルーツなど体によいものが好きな私は、甘酒を飲んで5年ほどになります。なかでもホッカイサンの「麹だけでつくったあまさけ」は、ほかとは違うすっきりした後味と品のよい甘さで、いちばんのお気に入りになりました。

   

米と麹から作った甘酒って、どんなものなの?

甘酒には、水を加えて飲む原液タイプと、開封したらすぐ飲めるストレートタイプの2種類があります。原液は米を麹で発酵したものなので、お粥のようなドロリとしたゲル状です。甘酒は糖分なので、砂糖の替わりとして料理に使えます。

ストレートタイプはそのまま飲むこともできますし、みりんのような感覚で料理に使うこともできます。ホッカイサンの「麹だけでつくったあまさけ」は、ストレートタイプなので飲むこともできますが、アレンジドリンクや料理のアクセントにもぴったりなんです。

 

飲んでも、料理に使っても上品な味わいを楽しめる「麹だけでつくったあまさけ」

あまさけ

原料は麹と水だけで、アルコールを含む酒粕や甘みを出すための砂糖は不使用


「麹だけでつくったあまさけ」は、蔵人がつくった麹と八海山水系極軟水のみで作っており、味が抜群にいいです。お米のやさしい甘みが喉を通ると、滋養が体中に広がる感覚を味わえます。

穏やかな甘みなので、料理に活用しやすいところも魅力のひとつです。また、甘酒には珍しいペットボトル入りなので、飲む前に遠慮なくシェイクできるのも便利ですね。

 

アレンジその1 ジュースで割る

あまさけ

にんじんジュースとあまさけを1対1で割ると飲みやすい


甘酒をニンジンジュースで割ると、にんじんの味わいに穏やかな甘みが加わって飲みやすくなります。

濃いめに入れたほうじ茶や、意外なところでは炭酸水、青汁などで割るのもアリなのでぜひ挑戦してみてください。

 

アレンジその2 味噌ディップ

あまさけ

味噌の分量の半量だけあまさけを加えてディップに


甘酒を味噌に加えて、野菜のディップにするのもおすすめ。

やさしい丸みのある甘みが加わって、野菜をモリモリ食べることができます。さらに唐辛子を加えてピリ辛にしても美味です。

 

アレンジその3 かぶの甘酢漬け

あまさけ

甘酒100mlに対し、酢を大さじ2加えてかぶの酢漬けにも


塩揉みしたかぶを酢と甘酒で漬ければ、即席の甘酢漬けに。同じようにピクルスやフレンチドレッシングも作れます。3種類のサイズがあるので、ご自宅に合ったサイズで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

DATA
ホッカイサン|麹だけでつくったあまさけ

原材料: 米麹(国産米) 保存方法:要冷蔵
希望小売価格 825g 800円/410g 440円/118g 190円(税別)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。