コクーンシルエットを味方につけて、冬を乗り切る

WEAR

コクーンシルエットでも着やせが狙える

近年、コクーンコートやコクーンワンピなど、「コクーン」という名が入ったアイテムを店頭で多く見かけます。コクーンシルエットとは、蚕などの繭(まゆ)の意味で、繭のように身体全体を丸く包み込むようなシルエットのものを指します。

コクーンコートは、フェミニンなシルエットが可愛らしいだけでなく、ゆったりと着ることができるので、ニットといった冬の重ね着コーデにもぴったりです。

ですが、その丸いシルエットから、「太って見えそう……」とお悩みの方もいるようです。確かに、華奢な体型の人におすすめできるシルエットではありますが、ぽっちゃりさんもコーデを意識して少し変えるだけで、すっきりとした印象を与えることが可能なんです。今回はコクーンコートの華奢見えコーデ例を3点ご紹介します。
 

1. ボトムスをスリムにすると華奢見えが叶う

WEAR

出典:WEAR

この冬トレンドのベージュカラーのコクーンコートは、色味はもちろんシルエットも膨張して見えがちです。ですが、ボトムスをブラックのスキニーパンツにすると、縦長ラインが強調されたスタイルの良いコーデが完成。コロンとしたシルエットが可愛らしいレオパード柄の巾着バッグを手持ちにしたことも、目線が下がり、コクーンシルエットの丸みがすっきりと見え、体型カバーに一役買ってくれています。
 

2. コクーンコートのインは異素材の黒合わせで、着やせ効果を発揮

WEAR

出典:WEAR

シルエットと軽さにこだわった、大人のためのコクーンシルエットのミリタリーコート。丸みのあるラインなので、ミリタリーコートが女性らしい仕上がりに。ゴールドのファスナーがアクセントになり、シャープでクールな印象も醸し出しています。

こちらのコーデは、そんなミリタリーコートのインに、ブラックの「UNIQLO(ユニクロ)」のタートルネックセーターと、同じくブラックのチュールスカートといった異素材を持ってくることで、ブラックコーデでも軽やかさが生まれ、着やせ効果が発揮された好例。毛足の長いシャギータイプのベレー帽とサングラスを合わせることで目線が上がり、縦長ラインを作っています。
 

3. コクーンコートにベルトの付いたものを選んで、ほっそり見え

WEAR

出典:WEAR

細身コクーンシルエットのシンプルで上品なロングコート。ベルト付きなので、ウエストマークすることで、簡単にスタイルアップ効果が期待できます。ダーツで立体的に作られた丸首は、シャープで上品ながら固すぎない雰囲気。1枚羽織るだけで高級感があり、モードな印象を生み出してくれます。グレーカラーと相性の良いイエローのレーススカートが、コートの裾からちらりと見え、おしゃれなアクセントになっています。

以上、コクーンシルエットの華奢見えコーデを3点ピックアップしました。これを参考に、この冬のおしゃれを楽しんでくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。