手持ちアイテムでアラフォー上品コーデが作れる!?

ワントーンコーデで手持ちアイテムも新鮮に着こなして

ワントーンコーデで手持ちアイテムも新鮮に着こなして

今回は冬から春のコーデに迷いがちな時期におすすめな、ニュアンスカラーのワントーンコーデについてお伝えします。軸色を決め、似たカラーを揃えていくだけで統一感が出て、簡単でおしゃれ見え! 忙しい朝の時短にもぴったりです。ぜひトライしてみてくださいね!
 

アラフォー女性に一番人気のベージュ系コーデ

ベージュを基本にオフホワイトやモカブラウンなどを足していけばOK 出典:WEAR

ベージュを基本にオフホワイトやモカブラウンなどを足していけばOK 出典:WEAR

きれいめコンサバ派にもカジュアル派にも一番人気なのが、ベージュ系のワントーンコーデ。優し気でフェミニンな印象もキープしつつ、鮮度の高いコーデに仕上がります。

きれいめコートやプリーツスカートなど直線的で輪郭のはっきりしたアイテムで取り入れると、コーデ全体も膨張して見えることなく、すっきりスタイリッシュに見える効果が。
クリーンな白のきれいめパンツですっきり見せるのも◎ 出典:WEAR

クリーンな白のきれいめパンツですっきり見せるのも◎ 出典:WEAR

また、万能なベージュのざっくりニットには白のきれいめパンツを合わせるのもおすすめ。全体が明るいトーンになり、清潔感のあるコーデに仕上がります。ブーツやバッグなど小さい面積の小物で黒を取り入れリンクさせると、コーデが引き締まり、淡い色が膨張しルーズに見えるのを防いでくれます。
 

フェミニン&甘め派ならオールホワイト

オールホワイトで 出典:WEAR

オフホワイトでまとめると女性らしさ高めなコーデに 出典:WEAR

オフホワイトやアイボリーなど、あたたかみのある白でまとめたオールホワイトコーデ。フェミニンな甘めコーデが好きな人に人気の高い組み合わせです。今季は特に丈が長めのニットにロングスカートを重ねた着こなしが人気なので、ワンピース感覚で着られます。

白は太って見えそうなのが少々気になる、という場合は、上下ともに身体が泳ぐようなサイズ感のアイテムを選んで、ボディラインを目立たせないようにするのがおすすめ。

白でも縦の上下が揃うことでIラインに近づけることができます。またボトムスに揺れ感があれば軽やかさも出るので、腰まわりがどっしりして見えるのを防いでくれますよ。
 

パーカー&プリーツスカートはトライしやすい組み合わせ

プルオーバータイプのスウェットパーカーはロングスカートと相性よし 出典:WEAR

プルオーバータイプのスウェットパーカーはロングスカートと相性よし 出典:WEAR

パーカー&ロングスカートをニュアンスカラーのワントーンで揃えるのは、今カジュアル派に人気の組み合わせ。動きやすくマネしやすいコーデ、かつ、ロング&リーンな縦長シルエットで大人っぽさもキープできるのが人気の理由です。

このコーデは足元があまり目立たないため、スニーカーでも子供っぽくならないのが嬉しいポイント。もしきれいめ度、フェミニン度を上げたい場合は、足元をヒールなどに変えると簡単に雰囲気が変えられます。
 

グレー系はラベンダー、ピンクやブルーとも相性よし

グレーのざっくりニットもツヤありスカートと合わせるとフェミニンに 出典:WEAR

グレーのざっくりニットもツヤありスカートと合わせるとフェミニンに 出典:WEAR

毎シーズン定番のグレーアイテムも、ワントーンコーデでまとめると新鮮な雰囲気で着られます。グレーの濃淡でまとめてもいいですし、ラベンダー、ブルー、ピンクなど、どこかに青みのあるくすみ系のニュアンスカラーと合わせると都会的な印象に。

また、ボトムスやバッグ、シューズなどの小物にツヤのある素材を取り入れるとグレーが単調に見えるのを防いでくれる効果が。メリハリがつき、よりスタイリッシュな雰囲気に仕上がるのでおすすめです。
 

どんなニュアンスカラーも「統一感」を意識してまとめて

あいまいなニュアンスカラーも似た色でまとめるとあか抜ける 出典:WEAR

あいまいなニュアンスカラーも似た色でまとめるとあか抜ける 出典:WEAR

ベーシックな色以外にも、「○○色」とはっきり表現しにくいようなニュアンスカラーのアイテムも、大人向けショップではたくさん出ていますよね。他の定番カラーとかぶりにくく、でも主張しすぎないので着回しもきき、大人にぴったりのカラーです。

ワントーンコーデは、全体的な統一感さえあれば自由に組み合わせてOK。例えば写真の、若草色とカーキの中間のようなグリーン系のトップスを持っているのなら、似た雰囲気を持つカーキ系やブラウン系などと合わせて。また、ブルー系のニュアンスカラーにはネイビーを。

迷った時やつなぎのアイテムが欲しいときには、黄味の強い色にはベージュを、白っぽい色には薄いグレーを合わせるなど、濃淡で調整するだけでコーデの幅も広がります。

ご自身のワードローブを振り返りながら、ぜひトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。