やってはいけない! 街で見かけた1月のNGコーデ

アラフォー女性が1月に気を付けたいコーデのポイントは!?

アラフォー女性が1月に気を付けたいコーデのポイントは!?

まだまだ寒さが続く1月。今回はアラフォー女性が1月に気を付けたいNGポイントについてご紹介します。重ね着が避けられない冬コーデは、全体のバランスが大切。チェックしてみてくださいね!
 

手持ちのハイゲージニットはサイズ感の見直しを

身体が泳ぐような少しゆとりのあるサイズ感のハイゲージニットは長く着られておすすめです 出典:WEAR

身体が泳ぐような少しゆとりのあるサイズ感のハイゲージニットは長く着られておすすめです 出典:WEAR

ニットは、ざっくりした編み目のローゲージニットか、細かい編み目できれいめな印象のハイゲージニットの2種類に分けられます。気を付けたいのは、ハイゲージのニット。

特に気を付けたい箇所は2つ。まず、二の腕の後ろの部分です。前から鏡で見る分には気づきにくいのですが、後ろから見ると二の腕の太さやお肉の揺れを拾ってしまうことも……。

もう一つ気を付けたいのは、背中側のブラの食い込みが目立ってしまっていること。このラインが出てしまうと、かなりおばさん度がアップしてしまうので要注意です。

特に数年来着ているハイゲージニットは洗濯などによって、購入時より縮んでいる場合もあります。また、数年の間に丸みを帯びるなど体型の変化もありますので、サイズ感が今の体型に合っているかどうかの確認が重要です。

そして今から購入するなら、少し体の泳ぐようなサイズ感のものが、長く愛用できておすすめ。また、ハイゲージのニットは首まわりや袖口がフィットするように作られていて、少し大きめでもあまり影響なく着られることも多いため、いつものブランドでワンサイズ上げてみるのもアリです。
 

薄い色のニットからインナー類が透けてしまう

首の開いているニットやおしゃれなワントーンコーデの時こそ、インナーのはみ出しに注意を! 出典:WEAR

首の開いているニットやおしゃれなワントーンコーデの時こそ、インナーのはみ出しに注意を! 出典:WEAR

朝、慌てて着替えて、いざ外に出てからニットの編み目や首元、袖口から黒のヒートテックなどインナー類が透けて見えてしまっていることに気づくことも! 特に淡い色のニットやトレンドのワントーンコーデの時は要注意です。

インナー類が透けたり、はみ出してしまっていると雑な印象を与えますし、生活感が出てしまいます。大人の女性こそ適当にせずチェックしたいポイントです。

また、下に着るインナー類は素材も薄手なので、着たり洗ったりしているうちにだんだん伸びてきてしまうことも。状態をチェックして、着古したものではなくきちんと体に合うものを選ぶとフィット感も着心地もアップします。
 

冬コーデでバッグが大きすぎるとバランスが悪いことも

オフの日はアクセントになるような小さめバッグもおすすめ 出典:WEAR

オフの日はアクセントになるような小さめバッグもおすすめ 出典:WEAR

今季は少しゆるっとしたサイズ感が主流。コートも体のラインを出すというより、オーバーサイズのものが多く出ていますよね。ですが、この大きめのサイズ感に対しバッグまで大きいと、重心が下がるため全体が野暮ったく見えてしまうことも……。

荷物の多いお仕事の日は別として、オフの日は少し小さめサイズのバッグに変えてみると、スタイルがすっきり見えるかも。特に今はお財布もミニサイズが人気ということもあり、巾着型のバッグや肩掛けのショルダータイプが豊富。目線を集めてくれてアクセントにもなるので、ぜひアップデートしてみてくださいね。
 

おばあちゃん風!? ほっこり見え素材の組み合わせはNG

ツヤ感のあるボトムスなら足元がスニーカーでもおしゃれをキープ 出典:WEAR

ツヤ感のあるボトムスなら足元がスニーカーでもおしゃれ感をキープ 出典:WEAR

冬の服は、どうしても生地感がマットになりがち。ウール系のコートにニットやスウェット、厚手のコットンスカートやコーデュロイパンツ、デニムを合わせた場合、「布っぽさ」が強くなり、おしゃれしたつもりがほっこり感が強く出てしまうことも……。

そんな時、簡単におしゃれになれるのが、どこかにツヤ感のあるアイテムを取り入れること。アラフォー女性にファンの多いプリーツスカートでもいいし、バッグやシューズなど小さい面積でシルバーやゴールド、他のメタリックカラーを取り入れるのも効きます。また、ピアスやネックレスなど、アクセサリーで光沢感を取り入れても◎。素材にメリハリを付けるよう意識するのがポイントです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。