プチプラだからといって、買わない方がいいアイテム3選

要注意! 値段がすぐバレる秋冬アイテム

値段がバレやすい秋冬アイテムとは?

コスパブランドのアイテムは、今や私たちの毎日のコーデに欠かせない存在。ですが、なかには値段がすぐバレてしまいがちなアイテムも……。今回は、そんなコスパブランドで買うのを避けた方がいいアイテムを3つご紹介。早速、みていきましょう。
 

1. 明るいカラーの化繊ニット

今季は、レッドやグリーン、ベージュなど、明るいカラーのニットがトレンドに挙がっています。ダークカラーでまとめがちな秋冬コーデの差し色として、重宝するカラーです。ですが、明るいカラーのニットは素材の風合いが出やすいので、よく吟味して購入するのが得策です。


コスパブランドで多く出回っている安価なアクリルニットは、ウールと比べて毛玉ができやすく、また静電気も起こりやすくなっています。吸湿性がないので、蒸れたり汗冷えする可能性も。


また、レーヨンとポリエステルの混紡ニットは、小さな毛玉ができやすく、結局ワンシーズンで着倒すことに……。コスパブランドで購入しても、結果として来シーズンまた買い足さなくてはいけないので、コスパが良いとはいえません。
 

プチプラニットでも、例えば「UNIQLO(ユニクロ)」の4桁プライスのニットなど、手軽に洗濯できて型崩れしにくいエクストラファインメリノを使用した上質な素材感のものも多く出ているので、意識して探してみてください。

 

2. プリントもののワンピース

ファストファッション全盛の今、頻繁にショップに足を運ぶ方も多くなっています。そんな中、購入するのを避けた方がいいのが、プリントもののワンピース。プリントものは、どこのブランドのものかバレやすいので、「どこで買ったかわかるのは嫌だな」という方は、手を出さないのが無難です。
 

どうしてもインパクトのある柄ものを購入したいなら、デザイナーとのコラボ商品がおすすめ。コラボ商品は値段がバレていても人気なので、買って損はありません。もしくは、ブラックやネイビー、グレーといったベーシックなカラーの無地アイテムも、着回ししやすく、バレにくいのでおすすめ。

 

3. ブラウン系のフェイクレザーのライダースジャケット

レザーは着れば着るほど経年変化して、深みのある雰囲気を醸し出してくれる「エイジング」を楽しみたい素材なので、ライダースジャケットなどで投入すると、フェイクレザーと本革の違いが一目瞭然です。なかでもブラウン系のものは、シワがチープに映ってしまいがちなので、避けた方がいいでしょう。
 

どうしてもコスパブランドで合皮のライダースジャケットを購入したい場合は、値段がバレにくいブラックを選ぶのが正解です。
 

以上、コスパブランドで買うのを避けた方がいいアイテムを3つご紹介しました。これを参考に、秋冬のワードローブ計画を練ってみてくださいね!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。