プルオーバーパーカーをアラフォー女性が取り入れるコツ

かぶりタイプのスウェットパーカーは暖かい上におしゃれに見える、使えるアイテム

かぶるタイプのスウェットパーカーは暖かい上におしゃれに見える、使えるアイテム

カジュアルなパーカーは常に人気のあるアイテムですよね。今年は特にかぶるタイプのプルオーバーパーカーがトレンドとして注目を集めています。

暖かくてレイヤードにも向いているので、この時期取り入れるのにぴったり! 今回はプルオーバーパーカーを大人の女性が取り入れる時の着こなしのコツについて、ご紹介します。
 

ロングコートに重ねてカジュアルさをプラス

きれいめなコートやスカートをベージュのパーカーであか抜けさせて 出典:WEAR

きれいめなコートやスカートをベージュのパーカーであか抜けさせて 出典:WEAR

今年のコートはロング丈のものが主流。流れるようなラインは羽織るだけでコーデがきまり、大人っぽくエレガントな雰囲気に見せてくれますよね。実はこのロングコートは、プルオーバーパーカーとも相性抜群なんです。

ロングコートは多くの面積を覆ってしまうため、アレンジがききにくいという点も。でも、プルオーバーパーカーを下に着てフードを出すことでカジュアルな雰囲気になり、違ったテイストのおしゃれも楽しめるようになります。
ラインがきれいなダークカラーのロングコートも白系のパーカーで抜け感を 出典:WEAR

ラインがきれいなダークカラーのロングコートも白系のパーカーで抜け感を 出典:WEAR

合わせるボトムスはスカートでもパンツでもOK。コートとパーカーの組み合わせが全体のシルエットを決めてくれて、きれいめ&カジュアルのバランスをちょうどよく保ってくれます。そのため、ボトムスやシューズ選びがあまり影響しないのでコーデの自由度が高く、どう着てもおしゃれっぽく見えるのが嬉しいポイントです。
 

カジュアルなショート丈アウターを立体的に

パーカーがあることで立体感を与えてくれてこなれて見える効果が 出典:WEAR

パーカーがあることで立体感が出て、こなれて見える効果が 出典:WEAR

ショート丈のアウターにパーカーを重ねるのは、首回りを立体的に見せてくれてアクセントにもなるので、ぜひおすすめしたいレイヤード法です。

オーバーサイズのブルゾン、ショート丈のPコートやダッフルコート、アメリカ海軍のユニフォームをベースにした今年トレンドのCPOジャケットなどとも相性◎。ただ、ショート丈のアウターはロング丈よりもアクティブな雰囲気になるため、パーカーと組み合わせる場合は色使いがポップだったり、チグハグに見えてしまうと幼く見えてしまうことも。大人っぽいシックな色使いでまとめるのがポイントです。

プリーツスカートやフレアパンツ、ワイドパンツなど、少しボリュームのあるボトムスと合わせると、今っぽいおしゃれなバランスに仕上がります。
 

旬のニットパーカーはセーター感覚で使って

パーカーの色をベースにワントーンでまとめると大人な印象に 出典:WEAR

パーカーの色をベースにワントーンでまとめると大人な印象に 出典:WEAR

今、旬のパーカーといえばニット素材のもの。ニットの生地をそのままパーカーのデザインに仕上げてあるので、大人っぽさはありつつ、こなれた雰囲気に見せてくれるのが特徴です。

シンプルなスカートと合わせてワントーンで仕上げると、まさに大人カジュアルという言葉がぴったりの、今っぽいエフォートレスなコーデのできあがり。足元だけきれいめ感を意識すると、アラフォー女性にちょうどいいバランスになるのでおすすめです。
 

ゆったりパーカーはロングスカートとも相性抜群

パーカーにタイトなロングスカートの組み合わせはすっきり見える効果が 出典:WEAR

パーカーにタイトなロングスカートの組み合わせはすっきり見える効果が 出典:WEAR

通常のスウェットパーカーによくある、腰まわりにしっかりリブが入っているタイプはどうしてもスポーティーな雰囲気になりがちですよね。でも、今年目立っているプルオーバーパーカーは、腰まわりがすとんと落ちるデザインのものです。

この形ならお腹もヒップもふわっと覆ってくれるのでラインも目立たず、ボトムスと自然につなげることが可能。スポーティーに寄りすぎず、大人っぽいIラインを作りやすいというメリットがあります。
くすみブルー&ブラウンもパーカーのゆるっとしたラインでこなれて見える 出典:WEAR

くすみブルー&ブラウンもパーカーのゆるっとしたラインでこなれて見える 出典:WEAR

この形のパーカーなら、カラーものを選んでも子供っぽく幼い印象にならないのもメリット。こなれた感じの大人カジュアルを簡単に作れます。

おしゃれにも防寒にも役立つ「プルオーバーパーカー」、ぜひ参考にしてみてくだいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。