ネックライン比較! アラフォー女性におすすめの首元は

アラフォー世代の冬の首元におすすめなのはどれ?

アラフォー世代の冬の首元におすすめなのはどれ?

冬のトップスはネックラインも様々なデザインが揃っています。アラフォー女性としては、できるだけフェイスラインがすっきり見えるような首元のトップスを選びたいですよね。今回は大人の女性におすすめな首元のデザインについて、お伝えしていきます!
 

定番のクルーネック、Vネックは浅く幅の狭いものを 

ほどよく詰まった首元がオールマイティーに使いやすい 出典:WEAR

ほどよく詰まった首元がオールマイティーに使いやすい 出典:WEAR

一般的に多いネックラインといえば、丸首のクルーネックとVネックですよね。定番ですが、アラフォー女性におすすめなのは首元があまり開いていないものです。

クルーネックならなるべく詰まったもの、Vネックならカット具合が浅く、横幅も狭くなっていて、デコルテが大きく開いていないものが上品にすっきりと着られます。
ふんわりした素材感も生っぽく見えるのを防いでくれておすすめ 出典:WEAR

ふんわりした素材感は、生々しく見えるのを防いでくれておすすめ 出典:WEAR

冬のVネックは寒そうに見えてしまうと首元が悪目立ちすることもあるため、大人の女性に一押しなのは素材感にボリュームがあるものです。

今年トレンドのふわふわとしたモヘアやシャギーニット、毛が長めのものやケーブルニットなども◎。厚みのある素材はVのシャープさを柔らかく見せてくれるため、大人にちょうどいい抜け感のある首元を作ってくれます。
 

横に広いボートネックは女性らしく上品に見える

横に広がるボートネックは鎖骨の華奢さも感じられて女性らしく上品に 出典:WEAR

横に広がるボートネックは鎖骨の華奢さも感じられて女性らしく上品 出典:WEAR

きれいめに見せたい時はボートネックがおすすめです。鎖骨を感じさせる横に長いカットは、女性らしいエレガントな印象に仕上げてくれます。デニムやワイドパンツなど、カジュアルなボトムスに合わせたいけれどラフには見せたくない時にもぴったり。コンサバなきちんと感やフォーマルさが欲しい時にも使えます。
 

控えめなハイネックは暖かく顔まわりもスマート

少し首が立ち上がったハイネックやモックネックも使いやすい 出典:WEAR

少し首が立ち上がったハイネックやモックネックも使いやすい 出典:WEAR

タートルネックのように折り返すのではなく、首に沿って立ち上がったような少し高さのあるハイネックも、おしゃれと防寒の両面からおすすめのネックラインです。

また、モックネックという言葉がありますが、これはハイネックと同じようなデザインのことを指しています。ブランドによって、多少の高さの違いや、どちらの言葉を使っているかの違いはありますが、少しだけ高さのある首元は寒さにも強く、暖かい室内でも暑苦しくならないのがメリット。マフラーなども巻きやすく、便利です。
 

Vネックとクルーネックのいいとこどりなキーネックも新鮮

軽くV風の切り込みが入ることですっきり見せつつおしゃれ感もプラス 出典:WEAR

軽くV風の切り込みが入ることですっきり見せつつおしゃれ感もプラス 出典:WEAR

最近人気なのがキーネックと呼ばれるデザインです。丸首のラインの中心に、浅くVカットに切り込みを入れたデザインのことを指していていて、今季はカットソーだけでなく厚みのあるニットなどにも採用されています。

首元の開き具合は様々で、ベースが詰まったクルーネックのもあれば、ほぼボートネックに近いような横に広いクルーネックのものも。どちらにしてもカットは浅いため、首元の肌を見せすぎずに抜け感が叶うのがメリットです。また他のネックラインに比べて新鮮さがあるので、おしゃれ感も手に入ります。
 

デコルテ部分の露出が多い大きめVネックは避けて

インナーに首の詰まったTシャツを重ねると、ぐっと今っぽく生き返ります 出典:WEAR

インナーに首の詰まったTシャツを重ねると、ぐっと今っぽく生き返ります 出典:WEAR

アラフォー世代にはあまりおすすめできないのが、横にも縦にも大きく開いているVネックです。大人の女性でデコルテの露出が多いと悪目立ちしやすいですし、かがんだ時に胸元が気になることも。

デコルテが開きすぎているのは、他の人から「寒そう」と思われやすいポイントですし、そこだけが目立ってしまいます。また、素材が薄手のVネックも肉感を拾いやすいため、あまりおすすめできません。

でも、諦めるのはちょっと待って! ニットの場合はレイヤードで簡単に解決できる場合も。下に白の襟付きシャツを重ねたり、首の詰まったクルーネックTをのぞかせるコーデも今年のトレンドです。もし、昔購入したものなど着こなしに悩むVネックがあれば、トライする価値がありますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。