秋冬ファッションでついやりがちな40代のNGコーデ

ついやりがちな40代のNGコーデの簡単な改善ポイントもお伝えします!

ついやりがちな40代のNGコーデの簡単な改善ポイントもお伝えします!

今回は40代の秋冬ファッションでついやってしまいがちなNGコーデについてご紹介します。色使いや肌見せの分量、意外に目立つ足元などについて、簡単な改善ポイントもお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

顔色が沈んで見える!? シックすぎる色使い

モヘアなどの素材感や白色、センタープレスなどを上手く取り入れて 出典:WEAR

モヘアなどの素材や白色、センタープレスなどをうまく取り入れて 出典:WEAR

黒、グレー、ブラウンなどシックな色合いが増える冬ファッション。定番なので合わせやすく、とにかく使えるカラーですよね。ですが、「地味」という印象を与えてしまうようなコーデだと、顔色が沈んで見えたり、老け見えしたりする可能性も……!

年齢を重ねるにつれ、同じようなコーデでも20代ならシックでおしゃれなのに、なんだかパッとしない、ということもあるのが40代。

特に体型を覆うようなシルエットや、全体を似たような素材でまとめるなど、メリハリがないと「地味」に見えてしまいがち。異素材をミックスさせる、きれいめなアイテムを合わせる、色配分の中で白っぽい色を増やす、などを意識すると「シックでおしゃれ」な印象に変えることができます。
 

肌が多く出ていると「寒そう」と浮くことも

Vネックなら浅めで、暖かみのある素材や色味を選ぶのがおすすめ 出典:WEAR

Vネックなら浅めで、暖かみのある素材や色味を選ぶのがおすすめ 出典:WEAR

「三首見せで抜け感を出して」というのはスタイルアップのコツとしてよく聞くテクニックですよね。でもそれが冬の場合は、着やせやおしゃれ感よりも肌を出している部分がとにかく目についてしまい「寒そう!」と悪目立ちすることも……。

特にアラフォー女性の場合、薄手素材でデコルテが大きくあいているトップスや、生足ではくスカートなどは違和感を感じさせやすいポイントです。

首元の肌が多く出るVネックなら、カットが浅めのものが◎。色もグレーやブルーなど涼やかな寒色系ではなく、ブラウンやレッドなど暖色系の暖かみのあるデザインを選ぶと柔らかな印象で着ることができます。またタイツでも厚すぎない生地を選ぶと子供っぽくならずにはけるのでおすすめです。
 

「履き古した冬用の靴」には気を付けて

GUで2990円など新しいプチプラブーツを取り入れるのも手です 出典:WEAR

GUで2990円などの新しいプチプラブーツを取り入れるのも手です 出典:WEAR

面積が大きいブーツだったり、黒やブラウンなどダークカラーのデザインが増えたり、秋冬の足元は春夏よりもボリュームがあるため、意外に目立ちます。

履かない間も型崩れしないように調整したり、通気のいいところに置く、レザーなどはクリームで磨いて栄養を与える、底が減ったら修理に出してリペアする、など気を使ってしっかりお手入れをすれば何年も持たせることもできますが、履くうちにどうしてもくたびれた印象になってしまうものも。

つま先やかかとが型崩れしている、ところどころ擦れて白くなってしまっている、うっすら汚れがついている、という状態のまま履いていると、全体がどこかくたびれた印象でだらしなく見えてしまうこともあるので、避けてほしいポイントです。

大人の女性には上質なシューズをおすすめしたいところですが、もし手持ちの靴がお手入れしてもきれいにならない状態だったり、値が張るのですぐに買い替えられないという場合は、高見えするプチプラ靴を賢く取り入れるのも手。足元は特に清潔感を優先させてまとめるのがコツです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。