重たくならない、冬のおしゃれな黒コーデのポイント

定番の「黒」を今年らしく着るアラフォーコーデのコツ

定番の「黒」を今年らしく着るアラフォーコーデのコツ

冬の定番、黒コーデ。何にでも合わせやすい、スタイルがよく見える、スタイリッシュでかっこいいイメージが作りやすい、汚れにくい、と人気の理由はたくさんあります。でも、黒コーデが重たいイメージになってしまうと、おしゃれ感が半減したり、顔が暗く見えることで老け見えすることも……。今回はアラフォー女性におすすめのおしゃれな黒コーデのコツについて、ご紹介します!
 

重たくなりがちな黒コートはコーデで調節

揺れ感のあるプリーツスカートをのぞかせると軽やかに 出典:WEAR

揺れ感のあるプリーツスカートをのぞかせると軽やかに 出典:WEAR

黒のコートは毎年人気のアイテムですが、面積が広いため、どうしても暗い印象になりがちですよね。おしゃれ度を上げたい時には、軽やかなアイテムを合わせると効果あり。

たとえばかっちりした黒のロングコートには、淡い色で揺れ感のあるプリーツスカートを重ねて。一部でも動きが出ることで、全体の印象も明るくなります。
インナーをワンピースの1色でまとめてIラインの縦長効果を 出典:WEAR

インナーをワンピースの1色でまとめてIラインの縦長効果を 出典:WEAR

また、黒のダウンコートも素材上、どうしてもボリュームが出がちなアイテム。インナーはすっきり縦長に見えるようにまとめるのがおすすめです。

Iラインを簡単に作れるロングワンピースや、同系色のトップスとボトムスをセットで着ることで、横に広がって見えるのを防げます。

色使いは多くても2色に留めると、さらにすっきり見える効果が期待できますよ。
明るい水色のデニムで抜け感をプラス 出典:WEAR

明るい水色のデニムで抜け感をプラス 出典:WEAR

休日など、黒コートをカジュアルに着られる時におすすめなのは、ライトブルーのデニムです。黒コーデを明るく見せ、何でも合わせやすいのがポイント。ヴィンテージのような雰囲気で、おしゃれ感もプラスしてくれる優秀ボトムスです。

今年トレンドのボア素材のコートやニットガウンなど、素材にボリュームがある場合も軽やかに仕上げてくれるので、アウターが黒派の方は一本持っておくと重宝します。
 

オールブラックコーデはサイズ感と抜け感が重要

オールブラックコーデはまとめ髪や小物などで「抜けポイント」を作って 出典:WEAR

オールブラックコーデはまとめ髪や小物などで「抜けポイント」を作って 出典:WEAR


オールブラックコーデは、パンツならシャープでかっこいいイメージを作りやすいもの。でもボトムスがスカートやワンピースの場合は、ふわっと広がることで面積が広がり、全体をより暗く見せてしまうことも。この場合は小物やヘアスタイルなどで調整するのが◎。

ロングヘアの場合は髪をまとめたりしてフェイスラインを出す、ピアスやイヤリングでポイントを作る、透け感のあるタイツでメリハリをつける、かっちりしたシューズやバッグで輪郭をはっきりさせる、など。赤系のリップなどもアクセントをつける効果があるのでおすすめです。
 

ゆったりした黒ニットは女性らしさも意識して

あいまいなニュアンスカラーのボトムスで女性らしく 出典:WEAR

あいまいなニュアンスカラーのボトムスで女性らしく 出典:WEAR

ゆったりとしたニットも、黒なら引き締めカラーですし、着ぶくれしやすい冬に使いやすい便利なアイテムですよね。ただ、男性もよく着るアイテムでもあるので、大人の女性がおしゃれに着る場合は、フェミニンさや抜け感をプラスして。

たとえば黒の強さを和らげるような、グレーやベージュ、オフホワイトや、くすんだピンクやブルーなど優しいニュアンスカラーのきれいめボトムスを合わせると、スタイリッシュで女性らしいイメージになります。
メンズライクな黒コーデには白を差し込んで 出典:WEAR

メンズライクな黒コーデには白を差し込んで 出典:WEAR

また、カーキのパンツやスニーカーなど定番カジュアルアイテムを合わせたい時は、「白」を効果的に使うのがポイントです。

男性もそのまま着られそうなアイテムのみのコーデやメンズ度の強い配色になりそうな時は、下に白Tやシャツを合わせて首元からのぞかせたり、白い小物をプラスするとメリハリがつき、ユニセックスなおしゃれコーデに仕上がります。
 

黒フレアスカートは合わせるカラーや異素材でメリハリを

モヘアニットやレザーブーツなど質感の違う異素材をあわせて奥行きを 出典:WEAR

モヘアニットやレザーブーツなど質感の違う異素材をあわせて奥行きを 出典:WEAR

フレアシルエットの黒スカートは合わせやすく万能なイメージですよね。でもふわっとしたシルエットでほっこり見えしたり、トップス次第でコーデが間延びして見えたりと、重たくなりがちなアイテムでもあります。

黒スカートに派手色のトップスを合わせるのもいいのですが、コントラストが強くキツイ印象になることもあるので、素材使いなどでメリハリを意識するのがおすすめです。

たとえばトップスにモヘアやボア、太めのリブなど凹凸のある素材のニットを合わせたり、下にツヤのあるサテン素材や、ハリのあるコットン素材のシャツを重ねるなど。質感でメリハリをつけられると、品のよさをキープしつつおしゃれ上級者な印象になります。

バッグとシューズは固めのレザーで揃えるなど、小物に統一感を持たせるのもおしゃれ度アップにつながります。

ぜひトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。