「下半身太り」に見せないために、着やせするプリーツスカートを投入したい!

WEAR

着太りして見えないプリーツスカートの選び方

今季、トレンドに挙がっているのがプリーツスカート。クラシカルでエレガントなスタイルが主流となっている秋冬、コーデに投入した途端トレンド顔になってくれるプリーツスカートは、ぜひワードローブに招き入れたいアイテムです。

ですが、プリーツスカートは下半身にボリュームが出やすいので、一歩間違うと太って見えてしまう可能性があり、注意が必要なアイテムでもあります。そこで今回は、着やせして見えるプリーツスカートの選び方を3つご紹介。早速、みていきましょう。
 

1. 引き締めカラーを選ぶ

WEAR

出典:WEAR

色には、収縮色と膨張色があります。収縮色とは、ブラックや濃い色、暗い色、寒色系の色(ブルー、グリーン、パープル)などです。反対に膨張色に挙げられるのが、パステルカラーのような明るい色、淡い色、暖色系の色(レッド、ピンク、オレンジ、イエローなど)です。収縮色は文字通り、収縮してそのものを小さく見せてくれるので、着やせ効果が抜群。着やせを意識するなら、プリーツスカートは、ブラックやネイビー、ダークグレー、ダークブラウン、濃いパープルを選ぶのが正解です。

今季トレンドカラーナンバー1のダークブラウンをプリーツスカートで下半身に持ってきて、トップスはベージュなどの薄い色を合わせると、下半身の引き締め効果が狙えます。またワントーンコーデは、こなれ感とおしゃれさを加速させてくれるので、ぜひ取り入れてみて。ネイビーは、アラフォーからの支持率が高いカラーで、エレガントな雰囲気を醸し出してくれます。ブラックはシックでモードな印象に。なりたいイメージに合わせて、上手にカラーを選んでください。
 

2. スカート丈はロングが正解!

WEAR

出典:WEAR

今季トレンドに君臨しているのが、ロング丈のプリーツスカートです。そんなロング丈は、実は着やせ効果が抜群! 足首といった細い部位を見せて、女性の華奢さを強調できます。ロング丈を選ぶなら、しっかりと足首まであるものを選ぶのが◎。また、ロングスカートになるほど、視線が下に集中するので、お尻や太ももから視線をはずすことができます。反対に、膝丈やミモレ丈といった丈感のものだと、膝より下の脚の太い部分が強調されてしまうので、着やせの観点からはおすすめできません。

ロング丈は、脚がすっぽり隠れるので安心感があり、全体のシルエットもすらっとして見えるので、体型をカバーしたい大人女性の強い味方になってくれます。シューズもプリーツスカートと同カラーをセレクトすれば、縦長ラインをより演出することができ、スタイルアップ効果が期待できますよ。
 

3. アコーディオンプリーツで着やせを狙う!

WEAR

出典:WEAR

一口にプリーツスカートといっても、楽器のアコーディオンのように均一で、細く幅の狭いプリーツが施されたアコーディオンプリーツから、違う向きのプリーツの折り山が向かい合い、その間の折り目が箱状に見えるボックスプリーツ、ひとつの方向に折られたもので、右なら右のみ、左なら左だけに折られたワンウェイプリーツまで、種類が豊富です。

着やせを狙うなら、断然アコーディオンプリーツがおすすめ! 細かいプリーツは華奢な印象を醸し出すことができ、また縦ラインが強調されるので、コーデ全体がすっきりと仕上がります。トップスは、コンパクトなタイプを選ぶと、よりほっそり効果大。ボリュームのあるニットを合わせる場合は、ニットの前だけスカートにINすれば、すっきり見えが叶います。

以上、着やせして見えるプリーツスカートの選び方を3つご紹介しました。これを参考に、この秋プリーツスカートのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。