要注意! ついやりがちな10月のNGコーデ

秋本番!ついやってしまいがちな10月のNGコーデとは?

秋本番! ついやってしまいがちな10月のNGコーデとは?

ついに秋本番! 気候もよく、ファッションが楽しいシーズンがやってきましたね。今回は10月についやってしまいがちなNGコーデについてお伝えします。簡単におしゃれコーデに変えられるコツもあわせてお伝えしていくので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

秋色コーデはほっこりしすぎると老け見えに

レンガ色のニットは足首を出して抜け感を 出典:WEAR

レンガ色のニットは足首を出して抜け感を 出典:WEAR

マスタードやレンガ色、ボルドーやパープル、ブラウンやダークグリーンなどは毎年出る「秋カラー」。暖かみがある秋色は、季節感も抜群! この時期に取り入れると、よりおしゃれ見えしますよね。

でも、秋色カラーは渋い印象になりがちなのが要注意ポイントです。ゆったりニット&足首の見えないワイドパンツにペタンコ靴、など全体がほっこりした印象だと、おばあちゃん風に見えてしまうかも!

ほっこり老け見えしないために、気を付けたいのは「抜け感」と「きれいめ感」です。この2つがあれば、スタイリッシュな雰囲気が作れるので、ほっこりしすぎることはありません。三首を出す、デコルテがきれいに見えるVネックを選ぶ、ラフなシューズを合わせないなど、簡単なことでもかなり見え方が変わります。
重たくなりがちな黒&秋色コーデはウエストインや足首見せでメリハリをつけて 出典:WEAR

重たくなりがちな黒&秋色コーデはウエストインや足首見せでメリハリをつけて 出典:WEAR

秋色とコーデするには、爽やかな白より黒のほうがしっくりくるけど、全体の印象が暗くなりがちなのが悩み……。そんな時は、なるべくトップスがコンパクトになるようショート丈を選んだり、インするなど工夫をしたり、抜け感を出しやすい足の甲が見えるシューズを選ぶのもおすすめです。

また、秋色のアイテムを購入する時は、きれいめなアイテムを選ぶようにするとより使えて便利です。例えば、ウエストゴムの楽チンなワイドパンツよりは、センタープレス入りのテーパードパンツを選ぶなどすると、ほっこりしすぎることなく、トップスを変えれば着こなしの幅も広がります。この先もより長く着られて、おしゃれ面でもコスパ面でも◎です。
 

スウェットやロンTコーデが幼い雰囲気だとチグハグに

バッグやアクセサリー、全身のバランスでラフにならないよう調整 出典:WEAR

バッグやアクセサリー、全身のバランスでラフにならないよう調整 出典:WEAR

楽チンで肌触りもよく、つい着たくなるのがスウェット類。休日に着ることが多いアイテムで、今年はオーバーサイズもトレンド。そのため、気を付けないとどんどんルーズになってしまったり、子供たちと似たようなコーデになってしまうのが気を付けたいところですよね。

大人のスウェットコーデでは、色使いを絞る、部屋着に見えないようメリハリをつける、簡単に大人っぽく見えるきれいめ小物を取り入れる、という3つのコツがポイント。

これさえ守っておけば、リラックスしたムードがおしゃれな大人のスウェットコーデが簡単にでき上がります。
 

スニーカー&デニムのコーデが他の人とかぶりまくり

大人はスニーカーの時こそバランスを大事に! 出典:WEAR

大人はスニーカーの時こそ脱デニムでコーデを! 出典:WEAR

秋は屋外でのイベントも多いですし、夏ほど暑くないので、スニーカーの出番が多いですよね。

でもそんな時、ロンT&デニム&スニーカーというコーデが定番になっていませんか? 実はアラフォー世代のスニーカーコーデは人とかぶりがちなんです。

なぜなら、年齢的に帽子などはあまりかぶらなくなり、攻めたカジュアルコーデもしなくなり、これまできれいめだった方も子育て中などで、利便上カジュアルコーデを選ぶことが多いから。あまり目立つのもちょっと……と定番のコーデに落ち着く方が多くなるので、白や黒、ボーダーのカットソーは特に要注意のアイテムです。

多くの人が集まるイベントなどでは、上記のコーデは間違いなくかぶり率高し! たとえTシャツが1万円以上のこだわりアイテムだったり、おしゃれなデニムだったとしても、遠目から見たらほぼ同じかも……。

そんな丸かぶりを避けたい場合、スニーカーにはデニム以外を合わせると決めておくのがおすすめです。今はプチプラでも、動きやすいカジュアルなデニム以外のパンツは山ほどありますし、簡単なルールなので忙しくて身支度に時間をかけられない時でもコーデに迷わず、さっと決められます。

ついやってしまいがちな10月のNGコーデ、チェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。