ワイドパンツはダサい? そうならないためのワイドパンツコーデのコツ

楽チンな上におしゃれに見える大人ワイドパンツコーデがおすすめ

楽チンな上におしゃれに見える大人ワイドパンツコーデがおすすめ

ワイドパンツはアラフォー女性に欠かせない必須ボトムス。でも、ボリュームがあるため、秋コーデではバランスに気をつけないとダサく、野暮ったく……おばさんぽくなってしまうことも! 今回は、アラフォー女性におすすめのワイドパンツコーデについてお伝えします。
 

流行のかぶるタイプのパーカーはシックな色を選んで

今年トレンドの長めパーカーを合わせて 出典:WEAR

今年トレンドの長めパーカーを合わせて 出典:WEAR

今年のトレンドアイテムである、プルオーバータイプのパーカー。すっぽりかぶるタイプで、着心地もよく楽チン! ワイドパンツに合わせても今っぽいシルエットに仕上がります。

ただ、パーカー自体がカジュアルなデザインなので、他もカジュアルだと子供っぽく、ラフに見えてしまうことも。パーカー以外の部分はきれいめにまとめるのがコツです。そしておしゃれ感を手に入れるためには、シックで大人っぽい色のパーカーを選ぶのがポイント。

スニーカーやリュックなどのカジュアル小物は避け、足元は足の甲が見えるフラットシューズやパンプスなどを。ミニバッグや、耳元のピアスなどアクセントになるような小物を合わせると、大人っぽく仕上がります。
 

ジャケット合わせでシャープなラインをプラス

ジャケットを合わせてきれいめ感をプラス 出典:WEAR

ジャケットを合わせてきれいめ感をプラス 出典:WEAR

ワイドパンツ自体がゆったりとしたラインなので、トップスのゆったり感が目立ってしまうとコーデが引き締まらずルーズに、そしておばさんぽく見えてしまいます。

そんな時はアウターでシャープなラインをプラスするのが手。ロングカーディガンなど形が定まりにくいアイテムよりは、ジャケットや薄手のブルゾンなど、肩や襟まわりがシャープなものを羽織ると、顔まわりがキリッとするので、よりスタイルよく見えます。
 

ゆるっとニットには異なるアイテムを合わせて

ビッグサイズのおしゃれバッグと抜け感のある足元がポイント 出典:WEAR

ビッグサイズのおしゃれバッグと抜け感のある足元がポイント 出典:WEAR

温かみのある上質そうなニットとワイドパンツのコーデも、着心地がよさそうなリラックス感があって素敵ですよね。お腹まわりやヒップなどアラフォー女性があまり出したくない箇所もナチュラルにカバーできて一石二鳥です。

ただ、この組み合わせはどちらも渋い色や、似た素材だと、シルエットにメリハリがない分、野暮ったく見える可能性アリ。

トップス、ボトムスのどちらかにきれい色を選んだり、トップスがニットのようなモコモコした素材なら、ボトムスはなめらかで光沢感のある素材を合わせるなど、違うアイテムを組み合わせるようにするとおしゃれにまとまります。

今年トレンドのコーデュロイのワイドパンツには、つやっとしたサテン素材のブラウスや、パリッとしたコットン素材のシャツなどを合わせるのがおすすめ。

輝きのあるゴールドやシルバー、秋っぽい木製やべっ甲カラーのアクセサリーを足すのも効果的です。
 

ウエストイン&羽織りで重め色ワイドもスタイルアップ

インナーをウエストインして羽織りをプラスすればバランスも◎ 出典:WEAR

インナーをウエストインして羽織りをプラスすればバランスも◎ 出典:WEAR

黒など濃い色のワイドパンツは、トップスの色を選ばず合わせられて便利な反面、袴っぽく見えたり、迫力が出てしまうこともありますよね。ボトムスの色が濃いとコントラストも強くなるので、トップスの形選びも少々難易度が上がってしまいます。

濃い色のワイドパンツでは、あえてインナーをウエストインして腰の位置をはっきりさせ、あとは上からロング丈のアウターを羽織って隠してしまうのもおすすめ。腰の位置を高くしてスタイルアップして見せつつ、アウターがパンツの印象を少し和らげてくれます。揺れ感のあるシルエットで縦長に、こなれて見えるという嬉しいメリットも。

ワイドパンツもコーデ次第でぐっと今っぽく、スタイルアップして着られます。ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。