カーディガンをアクセントに! 大人のおしゃれ秋コーデ

秋はコーデに深みをプラスしてくれるカーデを有効活用するのがおすすめです

秋はコーデに深みをプラスしてくれるカーデを有効活用するのがおすすめです

カーディガンは羽織りにもトップスにもなり、着回しのきく便利なアイテムです。長袖&ボトムスの組み合わせで、いつも似た雰囲気のコーデになってしまうという方も、カーディガンを一枚プラスすることでコーデが立体的になり、おしゃれに見せられることも。

デザインやカラーによって効果もさまざまなので、今回はカーディガンのタイプ別のコーデのポイントをお伝えします。ぜひお気に入りの一枚を見つけてみてくださいね!
 

ベージュ~ブラウンのシンプルカーデは大活躍

シックなカラーのカーデを持っておくと着回しが効いて便利です 出典:WEAR

シックなカラーのカーデを持っておくと着回しがきいて便利です 出典:WEAR

まず持っておきたいのは、ベーシック色のジャストサイズなカーディガン。前開きで着ても肩にかけてもよし、ボタンを閉めてトップス風にも使えるなど、秋こそ着回しのきくアイテムです。

カラーは今年ならトレンドのベージュ~ブラウン系が一押しです。「流行カラーだし取り入れたいけど、ニットだと顔色との関係で似合うかどうか分からない……」という方も、インナーに白を挟む、ストールのように肩にかけるなどしてアレンジできるので、失敗することなく取り入れられるのがおすすめな理由です。
GUのざっくりカーデはかっちりしたチェックパンツにも合う 出典:WEAR

かっちりしたチェックパンツをGUのベージュカーデで柔らかく 出典:WEAR

チェックのボトムスなど秋に出番の多いかっちり系アイテムにもカーディガンは相性よし。ニットのふわふわ感が柔らかく仕上げてくれるので、野暮ったくならないのも嬉しいポイントです。
 

カラーカーデで差し色をきかせて

ジャストサイズのカーディガンを前閉じしてトップス風に 出典:WEAR

ジャストサイズのカーディガンを前閉じしてトップス風に 出典:WEAR

落ち着いた色使いになりがちな秋冬コーデのポイントになってくれる、差し色カーディガン。トップスとしても羽織りとしても存在感があるため、目線を集める効果があり、スタイルアップ効果も期待できます。
ユニクロのプチプラカーデもボーダーをおしゃれに見せるアクセントに 出典:WEAR

ユニクロのプチプラカーデもボーダーをおしゃれに見せるアクセントに 出典:WEAR

ちなみにこちらのカーディガンはそれぞれどちらも2000円台のプチプラアイテムだそう。カラーに目が行くので、プチプラでも十分! 黒のプリーツスカートやボーダートップスなどの定番アイテムを一味違ったフレッシュな印象で着ることができるのは、カラーカーディガンのメリットですよね。
 

ざっくりカーディガンは秋ならではの大人可愛さ

メンズっぽい色使いとも相性よし 出典:WEAR

ざっくりカーデはメンズっぽい色使いとも相性よし 出典:WEAR

ざっくり感が可愛いカーディガンは、もこもことした立体的な素材感がポイント。ニットにしか出せない風合いで、毎シーズン愛用者も多いアイテムです。

このタイプのカーデは、普段メンズライクな着こなしやパンツコーデが多い方にもぜひ取り入れてほしいアイテム。男性っぽくなりがちなカジュアルコーデにナチュラルな女性らしさ、おしゃれ感をプラスしてくれます。

下半身にボリュームが出すぎなければ、スカートやワンピースにも合うので、軽めのアウターとしても優秀です。
 

スタイルアップできるベルト付きカーデが便利

腰の位置を高く見せられるのでほっこりしないのがメリット 出典:WEAR

腰の位置を高く見せられるのでほっこりしないのがメリット 出典:WEAR

この秋、多く出ているのがベルト付きのカーディガンです。このデザインのいいところは、なんといってもスタイルよく見えるところ! ベルトを締めることによって腰の位置を高く見せられます。ニット素材なので、ベルトを締めてもウエストまわりの体のラインが強調されないのが嬉しいポイントです。
ざっくりニットでも着ぶくれせず、スカートにも合わせやすい 出典:WEAR

ざっくりニットでも着ぶくれせず、スカートにも合わせやすい 出典:WEAR

カーディガンはコーデによってはほっこりとレトロに見えることもありますが、ベルト付きのタイプは雰囲気もスタイリッシュ。

アラフォー女性の定番、ロングスカートや春夏に大きなトレンドだったフラワー柄のスカートはは、パンツに比べて下半身にボリュームが出がち。ですがこのタイプのカーディガンに合わせるとバランスよくまとまります。

いつも似た雰囲気のコーデになってしまうという方も、ぜひカーディガンでアレンジしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。