manipur(マニプリ)スカーフ・ストール

大切に使い続ける愛用品のようなスカーフでおしゃれを
 

上品な着こなしを印象づけやすいアイテムとして、スカーフやストールの人気が再燃しています。見慣れた小物だけに、ありきたりに見えない品を選びたいものです。

大人女性へのイチオシは、ヴィンテージ風のスカーフ。おろしたての新品とは見えにくいから、愛用品のようなムードをまとえます。日本ブランド「manipuri(マニプリ)」は新作スカーフなのに、ヴィンテージスカーフの雰囲気を残しつつ、今の気分になじむデザインに仕上げています。
   

見惚れてしまう絵画調ハンドプリント

manipur(マニプリ)スカーフ・ストール

レトロで個性的なプリントはトレンドに流されないデザイン
 

「マニプリ」は、スカーフのコレクターでもある日本人デザイナーが立ち上げたブランドです。着想のベースになっているのは、大量にコレクションしているという、1940年代から70年代にかけて、実際にヨーロッパで使われていたヴィンテージスカーフ。ヴィンテージならではの正統派感や落ち着き、懐かしさなどが装いにも格上の雰囲気をまとわせてくれます。

熟練の職人が仕上げるハンドプリントは、まるで一幅の絵画を身につけているかのよう。クラシックな風情を帯びたモチーフや色合いは、着こなしに落ち着きや、さりげないセンスを添えてくれます。「マニプリ」のスカーフは、どんな巻き方でもきれいに見えるよう、モチーフ配置やサイズ感、素材・質感などがしっかり計算されているそうです。

 

ヴィンテージに慣れていない人も新品で楽しめる

manipur(マニプリ)スカーフ・ストール

宮田さん私物の大判ストール。無造作にまとっても、きちんと様になり、それでいて、こなれて見える
 

本物のヴィンテージは痛みや色あせが気になりがち。とりわけ、スカーフの場合、布が薄いので、ダメージを受けやすいのです。その点、「マニプリ」は新品ばかりだから、ヴィンテージに慣れていない人も安心でしょう。

ヨーロッパのヴィンテージからインスパイアされているマニプリですが、実は日本だけでなく、フランスやイギリスなど、世界中で人気を集めているブランド。日本ならではのきめ細やかな「ものづくり」が高く評価されているようです。

 

スカーフ&ストールで着こなしをアップデート!

manipur(マニプリ)スカーフ・ストール

カジュアル服にクラシカルな柄スカーフを合わせてテイストミックス
 

最近は首周り以外に、髪やバッグ、ベルトなどにスカーフを巻いて、動きを出すテクニックに人気が広がってきました。やや古風で、ぐっとエレガントなテイストがトレンドの最有力候補になっている2019-20年秋冬シーズンだからこそ、愛着の持てるスカーフやストールを着こなしのパートナーに迎えてみてはいかがでしょうか。
 
DATA
manipuri

ラインナップ:スカーフ、ストール、バック、傘など
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。