暑い時期こそ気を付けたい! 8月のNGコーデ

厚い夏だからこそやってしまいがちなNG例に気を付けて……!

暑い夏だからこそやってしまいがちなNG例に気を付けて……!

日本の真夏はとにかく暑いですよね。出かける準備をするにも、暑さに気を取られて、つい着るものに失敗しがちなのもこの時期。今回はアラフォー女性が避けたい、8月のNGコーデについてご紹介します。
 

露出が気になる? 脇まわりがあいているトップス

脇部分が大きく開いていると、肌の露出が気になることも……

脇部分が大きくあいていると、肌の露出が気になることも……

アラフォー女性が着ているトップスで意外に気になるのが、脇まわりです。脇部分が大きくあいていると、肌の部分が多く見えてしまい、露出が気になります。動くたびにブラなどインナーが見えそうになったり、なにかと気になる部分。脇まわりはなるべく詰まったものを選ぶ方が、ノースリーブでも上品な印象です。

特に気を付けたいのはノースリーブのシャツやブラウス。あまり伸縮性のない生地を使用している場合、その分、快適に動けるように脇部分を大きくカットしていることも多いため、着た時のチェックが大切です。

また、フレンチスリーブもひらひらと小さくついた袖で見落としがちですが、袖は飾り程度で、なかにはノースリーブと変わらないほど脇が大きくあいているものも。

横から見た図を確認する方は少ないかもしれませんが、試着の際も腕を上げてみて、あき具合に違和感がないかどうか確認してからの購入がおすすめです。
 

脇の汗ジミ対策には機能性インナーが効く

脇部分に柔らかいパッドが付いていると、汗を吸い取ってくれて便利です

脇部分に柔らかいパッドが付いていると、汗を吸い取ってくれて便利です

暑い時期に目に見えて気になるのは、脇の汗ジミですよね。特にお仕事などで着るシャツやブラウスは生地がパリッとしている分、通気性があまりよくなく、余計に汗をかいてしまうことも。

そんな時は、あらかじめ脇汗対策に効果のあるインナーを仕込んでおくのも手。今は脇部分にパッドが縫い付けられているキャミソールなども多く出ているので、暑い間は賢く使うと、いざという時に慌てずに済みます。
 

ロングスカートのインナーに要注意

アラフォー女性は長め丈のスカートを選ぶことが多いので、そのまま一枚ではくことが多いですよね。また、夏は冬のようにタイツなどもはきませんよね。でも、ここで要注意! ロングスカートの場合は油断しがちですが、階段や高低差のある場所だと、軽い素材のスカートは風で簡単に舞い上がってしまう場合があります。

デニムや厚いチノ素材でスリットなしのロングスカートなど、重みのあるスカートならまだその心配は少ないかもしれません。ですが、プリーツ素材やフレアシルエットなど、薄手で軽い素材のスカートの時はペチコートなどを上手く取り入れると安心です。今は1000円台などプチプラで手に入るものも多いので、一点持っておくと重宝します。
 

ブラの紐の食い込みを拾ってしまうTシャツ類

夏に気になるのが、ブラの紐が食い込むこと。特に背中や脇に近い部分が気になるという方は多いのではないでしょうか。

この現象自体は女性にはよくあること。ですが、フィット感の強いTシャツやトップスを着てしまうと、この食い込みを拾ってしまうことも。特に白やベージュなど、淡い色の場合は目立ってしまうので注意が必要です。前面は鏡にも映るので、簡単に確認できるのですが、食い込みが起こりやすい背中側は気づくのが遅れがち。

ブラのサイズも変化していくので、購入する時は毎回測ってもらうようにしたり、フィットするトップスを着た時は、背中側も一旦確認することで、食い込みを拾ってしまうのを防げます。
 

インソールの汚れが目立つ夏用シューズ

足が密着する部分は汚れやすいので気を付けて

足が密着する部分は汚れやすいので気を付けて

今現在履いているシューズは、人前でも抵抗なく脱ぐことができるでしょうか? サンダルやパンプスなど夏用のシューズは素足で履いたり、汗をかくことが多いため、靴の内側も汚れてしまいやすいんです。

インソールは、汚れてしまうとお手入れしにくい部分。帰宅して脱ぐたびにさっとひと拭きするなど、少し手間をかけるだけできれいな状態をより長く保てます。また、サンダルなど明らかに夏限定のシューズは、インソールが白やクリーム色のものではなく、黒など汚れが目立たないものを買うようにするのもおすすめです。

夏はアイテム数が少ない分、細かな部分でも目立ってしまいがち。ぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。