できるだけ早く老後の準備に取りかかる

老後になると収入が年金等と限られてくるため、できるだけ早くセカンドライフを想定した準備が必要です。資金を貯める王道と言われているのが各種積立です。

銀行等の自動積立定期預金や、投資信託や純金積立などを始めてみましょう。値動きのある投資信託の積立や純金積立などを始める場合は、ドルコスト平均法といって、定期的に毎月投資商品を積み立てていくことでリスクを抑えることができます。

 
金運アップする老後準備の方法

金運アップする方法を知っておきましょう


もちろん株式に投資しても良いのですが、老後という収入が限られるときに必要となるお金ですので、できるだけリスクを少なくし、元本を減らさないようにする投資スタンスが大切です。投資というとお金の運用ばかりに目がいきがちですが、自分への投資も忘れてはなりません。セカンドライフを豊かにするための趣味への投資、退職後に収入が得られるような資格取得のための勉強への投資等も大切な投資です。
 
お金を貯めることと共に、心身ともに豊かになるための投資を考えてみましょう。
 

金運を味方につけておこう

お金を貯めるために積立をすることは大事ですが、それと同時に運も味方につけて金運もアップさせていきましょう。
 
金運をアップする方法はいろいろとありますが、基本となるのが掃除です。老後を想定した場合の掃除は、通常おすすめしている掃除とは少し違います。掃除をするときには水まわりをきれいにする、不要なモノは処分するのが基本なのですが、加えて、自分の旅立ちを意識した準備もしていかなければなりません。
 
具体的には、今住んでいる家が大きすぎる、小さすぎる場合には住み替えをする。持ち家の場合には建物や土地の図面や測量図を準備しておき、自分に万一のことが起こった時には残された家族がスムーズに各種手続きできるようにしておくことが大切です。家族を大切にする思いは、イザというときに大きなパワーを発揮してくれることがあります。奇跡と呼ばれる幸運は、相手を想う気持ちからも生まれます。
 

自分を磨いて開運しておく

自分磨きをするのも開運する大切なことのひとつです。好きなモノがあるのなら、その道を極めてみてはいかがでしょうか? 好きなモノやコトがあれば、モチベーションが高くなりますので老後も元気でいられます。さまざまな人たちとの出逢いもありますので、必然的にそのコミュニティにも所属するようになります。
 
特に老後に所属する趣味のコミュニティは利害関係が少なく、純粋に楽しむために集まっています。趣味を楽しみながら気持ちを解放する場所が手に入るという訳です。自分の気持ちを正直にあらわすことができるスペースは、心身のバランスを取るために役立ちます。心身のバランスが整っていればネガティブな感情はわきにくくなりますので、良い「氣」を掴みやすくなります。
 
開運すると、さまざまな運気に良い影響を与えてくれます。もちろん例外はありませんので、金運もアップしていきますよ。
 
最後に今すぐにでもできる金運アップの方法として、お金を使うときには感謝の気持ちを抱きながら支払うというのがあります。「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、誰だって自分を大切にしてくれる人の側にいたいと思いますし、また逢いたいと思うもの。これはお金も同じことです。

お金を稼ぐのは簡単ではありません。大変な思いをしながら稼いだお金を感謝の気持ちを持って使うことこそが、更なるお金を引き寄せてくれることを知っておきましょう。


執筆/飯田道子

 

 

All About預金・貯金ガイド。金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。独立系FPとして、セミナーや執筆活動を行う。海外移住、金融や投資(特にカナダ)に詳しく、 バンクーバーへ何度となく出向いて情報を収集。 日本人コミュニティでセミナー等を開催。カナダ発の「センセーションカラーセラピー」を学び、数秘術、マヤ暦なども活用しながら金運アップ方法についてアドバイスをおこなっている。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。